カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

J. Geils Band J・ガイルズ・バンド/Holland 1979 & more

シングル『One Last Kiss』のスマッシュ・ヒットで見えない天井を破りつつ、まだポップ化への舵を切る前だった1979年のJ. GEILS BAND。そのオフィシャル代わりとなる超極上セットが登場です。そんな本作は極上プロショット&サウンドボードの豪華セット。「1979年4月21日+22日エッセン」で撮影されたテレビ番組“ROCKPALAST”をディスク1、その3日後「4月24日アムステルダム」で収録されたKROラジオの名物番組“ROCKTEMPEL”をディスク2に配した2枚組です。どちらもマニアにはお馴染みな定番中の大定番を極上クオリティでセットした決定版なのです。そのクオリティの前に、まずはショウのポジション。“SANCTUARY TOUR”の全体像から振り返ってみましょう。1978年《11月『SANCTUARY』発売》・11月23日-12月31日:北米#1a(10公演)1979年・1月10日-4月9日:北米#1b(40公演)・4月21日-5月3日:欧州(5公演) ←★ココ★・6月10日-7月4日:北米#2(8公演) ・12月15日+16日:デトロイト(2公演) これが1978年/1979年のJ. GEILS BAND。ほぼほぼ北米のみではあるものの、その合間にショーケース的な欧州ミニ・ツアーも実施。実のところ、彼らは1972年あたりからヨーロッパでショウを行っておらず、数年ぶりに挑む欧州制覇の足がかりでもありました。そして本作に収録されているのは、その冒頭3公演にあたるコンサートなのです。そんな刹那を極上マルチカメラ・プロショット&ステレオ・サウンドボードで楽しめるわけですが、クオリティも絶品。まずディスク1の“ROCKPALAST”のプロショット。アナログのエアチェック・マスターではあるのですが、その鮮度が素晴らしい。デジタル大全盛の現代基準で「オフィシャル級」と断言するか迷うものの、当時基準なら間違いなく言える。ダビング痕や経年劣化の見当たらない安定感は絶大で、ノイズやヨレのない映像美。黒ずくめで吠えるピーター・ウルフ、全身レザーで豪快にブロウするマジック・ディック、輝くフライングVをかき鳴らすJ・ガイルズ……恐ろしく格好いい彼らの姿が当時そのままに甦るのです。そして、ステレオ・サウンドボード録音のディスク2も素晴らしい。こちらはごく最近になってマニアが公開した新発掘マスターで、エアチェック・マスターそのものからダイレクトにデジタル化されたもの。その鮮度は絶大で、瑞々しいサウンドは当時のラジオ電波を直接受信しているかのよう。実のところ、番組ミックス自体はラフで一瞬ハウリングも起きたりしますが、サウンド自体はまさしくオフィシャル級。ぶっといダニー・クレインのグルーヴも鮮やかにセパレートしたステファン・ブラッドのドラミングもディスク1の“ROCKPALAST”プロショットを超越しています。そんな極上プロショット&サウンドボードで描かれる熱演こそがカッコイイのなんの! 2つのショウは別公演というだけでなくセットも異なりますので、ここでそれぞれ整理してみましょう。DVD/CDの共通曲・THE MORNING AFTER:Whammer Jammer ・BLOODSHOT:Give It To Me/(Ain't Nothin' But a) House Party・SANCTUARY:I Could Hurt You/Sanctuary/One Last Kiss/Teresa ディスク1のみの曲(ROCKPALAST DVD)・THE J. GEILS BAND:Pack Fair And Square/First I Look At The Purse ・THE MORNING AFTER:Looking For A Love・NIGHTMARES...AND OTHER TALES:Nightmares・SANCTUARY:Just Can't Stop Me/Wild Man・その他:Where Did Our Love Go ディスク2のみの曲(ROCKTEMPEL CD)・THE J. GEILS BAND:Serves You Right To Suffer ・THE MORNING AFTER:Floyd's Hotel・NIGHTMARES...AND OTHER TALES:Detroit Breakdown ……と、このようになっています。“ROCKPALASTプロショット(DISC 1)”は約67分、“ROCKTEMPELサウンドボード(DISC 2)”は約56分と放送時間が異なり、ディスク1の方が曲数ボリュームは上ではある。しかし単に量の大小ではなく、被らない曲もたっぷりとあり、2種合計で17曲・22テイクを楽しめるのです。80年代の幕開けと共に、ポップ化と飛躍の時代を迎えるJ. GEILS BAND。1979年はその直前にありながら、あくまで本来の野性味溢れるR&B色の濃いロックンロールをぶちまけていた刹那でした。そんな彼らを極上クオリティのプロショット&サウンドボード・アルバムで味わえる決定的な2枚組。 Rockpalast: Grugahalle, Essen, Germany 21st & 22nd April 1979 PRO-SHOT Rocktempel: Paradiso, Amsterdam, Holland 24th April 1979 STEREO SBD DVD(66:54) Rockpalast Grugahalle, Essen, Germany 21st & 22nd April 1979 1. Intro 2. Just Can't Stop Me 3. I Could Hurt You 4. Sanctuary 5. One Last Kiss 6. Teresa 7. Nitemares 8. Wild Man 9. Looking For My Love 10. Give It To Me 11. Whammer Jammer 12. (Ain't Nothin' But A) Houseparty 13. Where Did Our Love Go 14. Pack Fair And Square / First I Look At The Purse 15. End Credit PRO-SHOT COLOUR NTSC Approx.67min. CD(55:49) KRO Radio Cocnert for the program "Rocktempel" Paradiso, Amsterdam, Holland 24th April 1979 1. Intro 2. I Can Hurt You Baby 3. Detroit Breakdown 4. Sanctuary 5. One Last Kiss 6. Teresa 7. Give It To Me (part 2) 8. Whammer Jammer 9. (Ain't Nothin' But A) Houseparty 10. I'm Going Down (Floyd's Hotel) 11. Serves You Right To Suffer STEREO SOUNDBOARD RECORDING Peter Wolf - vocals erome Geils - guitar Richard "Magic Dick" Salwitz - mouth harp Daniel Klein - bass Stephen Bladd - drums Seth Justman - keyboards

J. Geils Band J・ガイルズ・バンド/Holland 1979 & more

価格:

1,940円 (税込)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ