カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 
HOME > CD > Rock

David Bowie デヴィッド・ボウイ/London,UK 2000 SBD Complete

『BOWIE AT THE BEEB』で公式化もされた伝説ステレオ・サウンドボードの完全版マスターが発掘。2CDで登場です。その伝説サウンドボードが記録されたのは「2000年6月27日ロンドン」。BBCラジオ・シアターで番組用に収録された特別公演です。このショウは“MINI TOUR”の一幕としても知られています。その名の通り、通常のコンサート・ツアーとは趣の違う特別な時期であり、その記録は当店でもご紹介してきました。まずは“MINI TOUR”の概要からショウのポジションをイメージしてみましょう。 ・6月16日『ROSELAND BALLROOM 2000 1ST NIGHT』《6月17日:ニューヨーク公演(中止)》・6月19日:ニューヨーク公演(振替)・6月25日『GLASTONSTONBURY FESTIVAL 2000』・6月27日:BBC RADIO THEATRE ←★本作★ 【大定番サウンドボードの完全版マスター】 以上、全4公演。メインは30年ぶりの出演となったグラストンベリー・フェスティバルであり、当店の『GLASTONSTONBURY FESTIVAL 2000(Wardour-184)』が大好評となっただけでなく、その後に公式盤『GLASTONBURY 2000』も登場しました。その前後に限定のショウを3回実施されており、本作はその最後のコンサートでした。このショウは放送を前提としており、約1時間のTV放送プロショットや公式のコンピレーション『BOWIE AT THE BEEB』としてもお馴染みです。ただし、それらはすべて不完全版であり、当日の全景はオーディエンス録音に頼らざるを得ない状態が長らく続いてきました。しかし、近年になって完全版のステレオ・サウンドボード音源が発掘。本作はその最高峰となるマスターを独自入手した研究家から提供された究極盤なのです。そのサウンドは、まさに鉄壁。何しろ、名門BBCによる収録ですし、実際に公式盤にも収録されたわけで収録は完全オフィシャル級。コア・コレクター間にはピッチのズレたバージョンも一部で出回っていますが、本作はオークションに出品されたマスター現物からデジタル化されており、ピッチも完璧なら鳴りも艶やか。当店がご紹介する極上サウンドボードは後に公式された際にも負けていない物が多数あるのですが、本作もその1つ。それこそ、このまま公式されてもおかしくないクオリティなのです。 【セットもパフォーマンスも特別すぎるショウ】 そのクオリティで描かれるのは、貴重にして特別すぎるショウ。そもそも“MINI TOUR”自体が4公演しかなかったわけですが、本作はその中でも格別。まず第一に、大量のレア曲。10年以上を経て復活した「Starman」「Wild Is The Wind」「Absolute Beginners」辺りはグラストンベリーでも演奏していましたが、他にもあのショウでも聴けない名曲がたっぷり。当時ならではの「Seven」「Survive」や「Always Crashing In The Same Car」「Cracked Actor」「The Jean Genie」といったクラシックスを披露。さらに極めつけなのが60年代シングルの「The London Boys」「I Dig Everything」や映画『コードネームはファルコン』に提供された「This Is Not America」。どれも“MINI TOUR”でのみ数回演奏された激レア曲なのです。「This Is Not America」はTV放送や『BOWIE AT THE BEEB』でも聴けましたが、「The London Boys」「I Dig Everything」は未収録だった。そんな激レア曲をオフィシャル級サウンドボードで楽しめるのです。二つ目は、特別なショウのムード。実は、このショウはボウイ史上最悪コンディションとしても知られている。冒頭から調子が良くない事はうかがえますが、後半になると悪化。「Ziggy Stardust」では声が出ずにやり直し、それでも何とか歌いきったものの、続く「All The Young Dudes」も中断。ボウイが休む間、バンドはインストで「The Jean Genie」を演奏するのです。その後、ボウイがステージに戻ってきて「All The Young Dudes」をやり直し、満身創痍でショウを完遂する。これらの曲はさすがに厳しすぎたのか、TV放送でも『BOWIE AT THE BEEB』でもカットされてきたわけです。三つ目もそれに関係していますが、曲間MCもたっぷりと聴ける。『BOWIE AT THE BEEB』は曲が少ないだけでなく曲間の語りも大幅にカットされていましたが、そこでは各曲のストーリーをユーモアたっぷりに語り、調子の悪さを言い訳するボウイがいる。これまでもオーディエンス録音では確かめられたシーンではありますが、本作はそんなボウイの言葉も、死力を振り絞るような歌声も耳元ダイレクトなサウンドボードで体験できるわけです。先ほど「このまま公式化されてもおかしくない」と書きましたが、やはり難しいでしょう。当時「ライヴの終了後に泣き崩れた」という説も噂されたやり直しショウの完全版がオフィシャル作品化されるとは考えにくい。しかし、絶不調もボウイ史の1ページ。音楽先品として優れているわけではなくても、彼の魅力を知り尽くしたマニアには人間臭さもたまらないのです。そんな特別な時期の特別なショウをド密着ステレオ・サウンドボードで味わえる完全版。 BBC Radio Theatre, Broadcasting House, Portland Place, London, UK 27th June 2000 STEREO SBD(COMPLETE!!!!) Disc 1 (77:43) 01. Mike Garson Introduction 02. Wild Is The Wind 03. Ashes To Ashes 04. Seven 05. This Is Not America 06. Absolute Beginners 07. Always Crashing In The Same Car 08. Survive 09. The London Boys 10. I Dig Everything 11. Little Wonder 12. The Man Who Sold The World 13. Fame Disc 2 (64:04) 01. Introduction 02. Stay 03. Hallo Spaceboy 04. Cracked Actor 05. Band Introductions 06. I'm Afraid Of Americans 07. Band Introductions by Gail Ann Dorsey 08. Ziggy Stardust [Breakdown] 09. Ziggy Stardust 10. All The Young Dudes [Breakdown] 11. The Jean Genie [Band Only] 12. All The Young Dudes 13. Starman 14. “Heroes” 15. Let's Dance David Bowie: Vocals Earl Slick: Guitar Emm Gryner: Clarinet / Keyboards / Vocals Gail Ann Dorsey: Bass / Clarinet / Guitar / Vocals Holly Palmer: Percussion / Vocals Mark Plati: Bass / Guitar / Musical Director Mike Garson: Keyboards / Piano Sterling Campbell: Drums STEREO SOUNDBOARD RECORDING

David Bowie デヴィッド・ボウイ/London,UK 2000 SBD Complete

価格:

1,940円 (税込)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ