カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

Beatles ビートルズ/Please Please Me Sessions in Special Stereo

ファースト・アルバム「PLEASE PLEASE ME」の現存するセッション音源を全て解析し、最新技術でボーカルをセンター化した驚異の最新ステレオ・リミックス音源がリリースです!今までリリースされたセッション音源のタイトルをお持ちのマニアの方、そしてこれまでの音源をお持ちでない方も注目のタイトル! ビートルズ最初の二枚のアルバムは演奏とボーカルが左右に分かれた独特のステレオ・バランスであったことがよく知られています。これはレコーディング・セッションが行われた段階で決められていた録音状態であり、2トラック・ステレオ・レコーディングの典型とも呼べる音像だったのです。無論それはそれで初期ビートルズ・サウンドの魅力となっていましたし、この駄文を書いている私にしても、どちらかと言えば好きなステレオ状態です。ただし、一般的には「時代を感じさせる」、あるいは「違和感」を覚える人が多いのも事実であり1987年にそれら二枚のアルバムがモノラルだけでリリースされてしまったという事もその現れでした。中でもファースト・アルバム「PLEASE PLEASE ME」はアルバム本体だけに留まらず、レコーディング・セッションの音源までもが豊富に存在しているのですが、当然ながらそれらもまた分離のはっきりした所謂「泣き別れ」バランスであり、ここで録音段階からの状態であったことが証明されたのです。つまりアルバムだけでなく、セッションまでもがあのステレオ・イメージ。そこに最新技術で徹底的にメスを入れてくれたのがマニアLord Reith制作の「HEY ZUBE!」。既にビートルマニア界では確固たる地位を得ている彼が近年腐心していたのは、さまざまな音源の音像センター化。もっとも、それらはトニー・シェリダン音源をセンター化した成功例もあれば、ハリウッド・ボウルのセンター化が勇み足に終わってしまった「WHY DON’T WE DO IT IN THE BOWL」のような失敗例もありました。そのせいかLord Reithによるセンターミックス化は一時期鳴りを潜め、代わりにリリースした「LIVE AT THE STAR CLUB THE EXECUTIVE VERSION」のようなスター・クラブ音源のレストアに熱中していたようです。ところがここ1、2年の間に音楽編集ソフトのテクノロジーが飛躍的に向上。その恩恵を受け、Lord Reithが「HEY ZUBE!」で敢行してくれた最新作がファースト・アルバムのセッション音源のセンターミックス化。それだけでも世界中のビートルマニアが注目すること間違いなしなのですが、今回の限定プレスCD「PLEASE PLEASE ME SESSIONS IN SPECTRAL STEREO」としてリリースされるディスクの一枚目を聞いてもらえれば、その驚くほどの出来栄えに圧倒されることでしょう。売りのセンターミックスはもちろんなのですが、後からオーバーダビングされた楽器の音が見事に消されており、セッション・テープが現存しない曲でもベーシックなレコーディング段階が体験できる見事な仕上がりなのです。一枚目のオープニングを飾る「Please Please Me」からして、あのトレードマークとも呼べるハーモニカの音が綺麗になくなっている。それがステレオ・バージョンで実現できたことならマニアでも想定内かもしれません。ところがモノラル・バージョンまで綺麗さっぱりなくなっているのです。ジョンが歌詞を間違える、と間違えないで判別が容易な同曲二つのバージョンですが、これらの仕上がりだけでも、今回のLord Reithの仕事ぶりがいかに卓越したものであるかを思い知らされるでしょう。同じようにセッション・テープが残されていない曲でもう一つの見事な仕上がりが「Baby It’s You」。この曲は間奏でジョージ・マーティンがチェレスタをオーバーダビングしていたのですが、これがまた綺麗に消されており、見事にセッション当初の段階が再現されているのです。これによって、一日で録音を終えたアルバムのセッションがよりリアルにドキュメントされることになりました。そして目玉となるセンターミックスの仕上がりが実に素晴らしい。ボーカルが見事に真ん中へと移ってくれているのは当然として、さらに演奏が左右に広がったステレオ感を見事に保っているから聞き応えは十分。もちろん今回もファン・メイドなセンターミックスではあるのですが、その仕上がりは掛け値なしにオフィシャル・レベル。もし本来のステレオ・イメージでセッション音源を聞きたいマニアには既にリリース済の「COMPLETE RECORDING SESSIONS VOLUME 1」をお勧めしますし、それとの聞き比べが非常に楽しめることも保証します。既にそれをお持ちの方などは、ぜひお試しください。基本的なコンセプトはセンターミックスながら、徹底した編集によってビートルズの記念碑的なファースト・アルバムのこれまで以上に内容が充実したドキュメントになっています。そのステレオ音像の見事な仕上がりはこれまで挙げてきた通りですが、ディスクの二枚目の後半にまとめられたモノラル音源のステレオ化がまた驚くほどの仕上がり。中でも「ANTHOLOGY 1」で日の目を見た「Please Please Me」初期テイクのステレオ化などは実に見事。これは是非ともヘッドフォンにて、その衝撃的ですらあるステレオ感をじっくりと味わってください! THE BEATLES - PLEASE PLEASE ME SESSIONS: IN SPECTRAL STEREO(2CD) Disc 1 (52:06) 1. Please Please Me (take unknown) 2. Please Please Me (take unknown) 3. Ask Me Why (take 6) 4. There's A Place (take 1) 5. There's A Place (take 2) 6. There's A Place (take 3 false start) 7. There's A Place (take 4) 8. There's A Place (take 5 false start) 9. There's A Place (take 6) 10. There's A Place (take 7 breakdown) 11. There's A Place (take 8) 12. There's A Place (take 9) 13. There's A Place (take 10) 14. I Saw Her Standing There (take 1) 15. I Saw Her Standing There (take 2) 16. I Saw Her Standing There (take 3 edit piece) 17. I Saw Her Standing There (take 4 edit piece) 18. I Saw Her Standing There (take 5 edit piece) 19. I Saw Her Standing There (take 6 breakdown) 20. I Saw Her Standing There (take 7 false start) 21. I Saw Her Standing There (take 8 false start) 22. I Saw Her Standing There (take 9) 23. Do You Want To Know A Secret (take 7 take 2) 24. Do You Want To Know A Secret (take 8 take 2) 25. A Taste Of Honey (take 6 take 2) 26. A Taste Of Honey (take 7 take 2) 27. There's A Place (take 11 take 2) 28. There's A Place (take 12 take 2 false start) 29. There's A Place (take 13 take 2) 30. I Saw Her Standing There (take 11 take 2 false start) 31. I Saw Her Standing There (take 12 take 2) Disc 2 (44:58) 1. Misery (take1) 2. Misery (take 2 breakdown) 3. Misery (take 3 fasle start) 4. Misery (take 4 breakdown) 5. Misery (take 5 breakdown) 6. Misery (take 6) 7. Misery (take 7) 8. Misery (take 8 false start) 9. Misery (take 9 incomplete) 10. Misery (take 11 reconstruction) 11. Anna (take 3) 12. Boys (take 1) 13. Chains (take 1) 14. Baby It's You (take 3) 15. Twist And Shout (take 1) 16. Misery (take 16 take 2) 17. Baby It's You (take 6 take 2) 18. I Saw Her Standing There (edit of takes 9 and 12) 19. Please Please Me (edit of takes 16-18 take 2) 20. I Saw Her Standing There (edit of takes 2,3,5) 21. Love Me Do (take 18 Andy White vsn) 22. PS I Love You (take 10 Andy White vsn) 23. Please Please Me (take unknown Andy White version) 24. A Taste Of Honey (isolated vocal overdubs takes 6 and 7)

Beatles ビートルズ/Please Please Me Sessions in Special Stereo

価格:

1,940円 (税込)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ