カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

Derek and the Dominos デレク・アンド・ザ・ドミノス/NY,USA 1970 2 Days & more Remaster

このアウトテイク音源、エリック・クラプトンが自身のキャリア上において最高のバンドだったと自認するデレク・アンド・ザ・ドミノスの本邦初公開となる驚きのテイクを含むライブ音源だったのです。しかもオフィシャルライブ盤の音質に比較しても何ら遜色のない、バリバリのステレオ・サウンドボード、マスタークオリティでした。ドミノスのオフィシャルライブ盤「IN CONCERT」や「LIVE AT THE FILLMORE」は、70年10月23日、24日のフィルモア・イーストでの両レイトショーから製作されたのですが、その大元の両日のコンプリート収録のステレオサウンドボードソースと10月23日のアーリーショーのステレオサウンドボードソースの一部は関係者から流出しており、過去にアンダーグラウンドでリリースされてきました。流出している音源の内容を今一度記しておきましょう。 ★70年10月23日アーリーショー Got To Get Better In A Little While Why Does Love Got To Be So Sad Have You Ever Loved A Woman Presence Of The Lord Little Wing ★70年10月23日レイトショー Got To Get Better In A Little While Key To The Highway Tell The Truth Why Does Love Got To Be So Sad Blues Power Have You Ever Loved A Woman Bottle Of Red Wine Presence Of The Lord Little Wing Let It Rain Crossroads ★70年10月24日レイトショー Got To Get Better In A Little While Tell The Truth Nobody Knows You When You're Down And Out Why Does Love Got To Be So Sad Presence Of The Lord Blues Power Have You Ever Loved A Woman Key To The Highway Bottle Of Red Wine Roll It Over Let It Rain Little Wing オフィシャルライブ盤「IN CONCERT」と「LIVE AT THE FILLMORE」を補完しつつ、オフィシャルバージョンとの聴き比べの楽しみもある企画、その結論が4枚組となりました。つまり「IN CONCERT」は、モービル・フィデリティ・サウンド・ラボの高音質盤をCD化するとともに(ディスク1&2)、そこには収録されず後に「LIVE AT THE FILLMORE」リリース時に差し替えて収録された3曲と拡大版として追加収録された4曲を1枚のCDに収め(ディスク3)、そして今回のアウトテイク集をディスク4に収録した、これ1セットでドミノスのフィルモアが最高音質で手軽に楽しめる企画となったわけです。今回「IN CONCERT」と「LIVE AT THE FILLMORE」の楽曲を検証しましたところ、何とすべてのテイクが半音の20%ピッチが高かったことが判明しました。製作時点の意図的なものだったのか、あるいは不測の事態だったのか、理由は不明ですが、オフィシャルテイクのピッチが高かったという信じられない結果が判明したのです。そのため、この機会にオフィシャルの全テイクを本来演奏されていたピッチに戻し、収録致しました。今回のアウトテイク集の方もピッチが半音の20%高かったため、本来のピッチに修正しています。つまり本盤では、ドミノスがフィルモア・イーストで演奏していた本来のピッチで全編を聴いていただけるのです。さらに、もちろん既にご存知のように、このアウトテイク集は、オフィシャルとダブらないテイクをただ集めてきたという内容ではなく、トラック4のBlues Powerは今までまったく日の目を見ることのなかったテイクだったという衝撃がありました。正真正銘このテイクは初登場、初の発掘になります。そうなると、この1曲からだけでもこの音源をDIMEにアップした人物の素性が気になるわけで、一体誰がこんな音源をアップロードできたのか?恐らくドミノスのフィルモア関連のオリジナルマスターのコピーを入手できた当時のエンジニア、スタッフ関係者ではなかろうかと思われるのです。また、23日のテイクのミックス違いが24日のセットに混入されてきたため、誤解されて長年に渡り24日のテイクだと信じられてきたBottle Of Red Wineの真の24日レイトショーのテイクは、今年になって遂に日の目を見たのですが、この人物は、それを惜しげもなくピックアップしてきています。つまり「彼」は23日のアーリーショーのマスターテープと23日&24日のレイトショーのマスターテープを保有している人物ではないかと考えられるのです。ドミノスのフィルモアライブの既発盤をすべてコレクトしているマニアでも本盤はまた違ったコンセプトで楽しめるものとして無視はできないのではないでしょうか。ましてや一般のクラプトンファン、ロックファンならば、オフィシャルライブ盤の全曲と併せて、オフィシャルとはまた違ったアドリブプレイ、パフォーマンスが聴けるアウトテイクを心から楽しんでいただけることでしょう。今回の「アウトテイク集」は、演奏が聴き劣りするためにオフィシャル盤から没にされたのではないと断言できる凄まじいパフォーマンスが収められています。弾き捲り歌い捲るクラプトン、燃え上がるドミノスがここにもいます。デレク・アンド・ザ・ドミノスの真骨頂を伝えるオフィシャル盤全テイク、そしてそれを補完し、いかにドミノスが優れたバンドだったかをさらに明示してくれる今回のアウトテイク集。マニアも注目させる「ドミノス・フィルモア」の決定版を当店だけが正常ピッチに調整したCDにてリリース致します。(リマスター・メモ)全トラック、半音の20%強高いピッチを修正。アコースティックピアノが入っているので、これで合ってるはずです。史上初めて、当日演奏していた通りの正しいピッチとスピードで聴ける70年フィルモア・ライヴ。 Fillmore East, New York, NY, USA 23rd & 24th October 1970 STEREO SBD * Pitch adjusted IN CONCERT : MOBILE FIDELITY CD * Pitch adjusted Disc 1 (48:16) 1. Why Does Love Got To Be So Sad (24th October, 2nd Show) 2. Got To Get Better In A Little While (23rd October, 2nd Show) 3. Let It Rain (24th October, 2nd Show) 4. Presence Of The Lord (24th October, 2nd Show) Disc 2 (43:17) 1. Tell The Truth (24th October, 2nd Show) 2. Bottle Of Red Wine (23rd October, 2nd Show) 3. Roll It Over October (24th October, 2nd Show) 4. Blues Power October (24th October, 2nd Show) 5. Have You Ever Loved A Woman (24th October, 2nd Show) Disc 3 (74:40) Additional Tracks from "Live at the Fillmore" * Pitch adjusted 1. Why Does Love Got to Be So Sad (23rd October, 2nd Show) 2. Key to the Highway (24th October, 2nd Show) 3. Tell the Truth (23rd October, 2nd Show) 4. Nobody Knows You When You're Down and Out (24th October, 2nd Show) 5. Little Wing (23rd October, 2nd Show) 6. Let It Rain (23rd October, 2nd Show) 7. Crossroads (23rd October, 2nd Show) Disc 4(64:41) Fillmore Outtakes * Pitch adjusted 1. Intro (24th October, 2nd Show) 2. Got To Get Better In A Little While (24th October, 2nd Show) 3. Key To The Highway (23rd October, 2nd Show) 4. Why Does Love Got To Be So Sad (23rd October, 1st Show) 5. Blues Power (23rd October, 1st Show) 6. Have You Ever Loved A Woman (23rd October, 2nd Show) 7. Bottle Of Red Wine (24th October, 2nd Show) 8. Presence Of The Lord (23rd October, 2nd Show) 9. Little Wing (23rd October, 1st Show) STEREO SOUNDBOARD RECORDING Eric Clapton - Guitar, Vocal Bobby Whitlock - Keyboards, Vocals Carl Radle - Bass Jim Gordon - Drums

Derek and the Dominos デレク・アンド・ザ・ドミノス/NY,USA 1970 2 Days & more Remaster

価格:

2,970円 (税込)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ