カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

Dave Mason,Steve Cropper デイヴ・メイスン スティーヴ・クロッパー/OR,USA 2019

英米のレジェンドがコンビを組んだ話題のデュオ、デイヴ・メイスン&スティーヴ・クロッパー。その最新ライヴアルバムが登場です。そんな本作に収められているのは「2019年9月27日ユージーン公演」。その超・極上オーディエンス録音です。2人が組んでライヴを始めたのは昨年のことですが、メイスンのソロ公演とデュオ公演を並行するカタチでツアーを実施。今年も続行しています。ここでは、その近況を知るためにもメイスンのスケジュールを元にショウのポジションを確認してみましょう。●2019年・2月10日:ON THE BLUE CRUISE(ソロ)◆2月15日-3月3日:デュオ#1(9公演) ・3月7日-10日:ソロ(3公演)◆3月20日+21日:デュオ#2(2公演)・8月10日-9月20日;ソロ(15公演)◆9月27日-29日:デュオ#3(3公演)←★ココ★・10月2日-18日:ソロ(18公演)●2020年・3月1日-4月11日:ソロ(21公演)※注:「・」印がメイスンのソロ公演、「◆」印がデュオ公演。 これが現在までに公表されているメイスンのスケジュールで、すべて北米でのショウ。1日でソロととデュオを両方こなす日やメイスンのソロ・ステージにクロッパーがゲスト参加する日もあるので厳密ではありませんが、おおよその概要はイメージしていただけると思います。これをご覧の通り、メインとなるのはメイスンのソロ公演の方で、その合間に数公演ずつデュオのショウが挟まれるスタイル。話題のデュオではあっても決して公演数は多くなく、本作のユージーン公演は、もっとも最近の「デュオ#3」の初日にあたるコンサートでした。もはや聴けるだけでありがたいデュオ公演ではありますが、本作のサウンドはそんな貴重度の次元で語られてはいけない。まさに極上の逸品なのです。名手御用達の名機「Schoeps mk41s」が使用されているのですが、それにしても美しい。ヘッドフォンで耳を澄ませるとスネアの鳴りに極々わずかなオーディエンスっぽさも感じられるのですが、それは本当に顕微鏡レベルに探しまくってのこと。その客録らしさも音色の域にまで届かず、わずかな残響に「オーディエンス。。。だよね?」と感じる程度のもの。極太の芯が距離感ゼロで耳元に流れ込み、あまりにも細やかなディテールはピッキングのニュアンスや歌声の息づかいまで伝える。さらに驚くのは、艶と安定感。ギターは立ち上がりも鋭く、トーンの甘味はトロけるよう。それが最大級に盛り上がろうと超弱音で囁こうと綺麗に捉えられ、フルショウで微動にだにしない。当然の事ながら「まるでサウンドボード」と呼べるのですが、それだけでは音源に失礼にあたるのではないかと思ってしまうほど。いかに名機「Schoeps mk41s」とは言え、ここまでのサウンドはそうはない。録音家の腕や現場の出音、さらには偶然も重なった奇跡レベルの超・美録音なのです。そのサウンドで描かれるのは、レジェンド2人の多彩なキャリアから散りばめられた名曲のタペストリー。ここでセットを整理してみましょう。 ●デイヴ・メイスン関係(8曲)・ソロ:We Just Disagree/Only You Know and I Know・TRAFFIC:Rock 'n' Roll Stew(★)/The Low Spark of High Heeled Boys/Dear Mr. Fantasy(★)/Feelin' Alright/Can't Find My Way Home(BLIND FAITH)・FLEETWOOD MAC:Black Magic Woman(★) ●スティーヴ・クロッパー関係(8曲)・ウィルソン・ピケット:In the Midnight Hour/634-5789(★)・BOOKER T. & THE MG’s:Green Onions・エディ・フロイド:Knock on Wood・サム&デイヴ:When Something Is Wrong With My Baby/Soul Man ・オーディス・レディング:Try a Little Tenderness/(Sittin' On) The Dock Of The Bay ※注:「★」印は『4REAL ROCK & SOUL REVUE』に未収録の曲。……と、このようになっています。メイスンとクロッパーのレパートリーから半分ずつセレクトされており、その内容も多彩。メイスンはソロやTRAFFIC、クロッパーは共演してきたアーティスト達の名曲をたっぷりと披露している。実のところ、去年のショウは『4REAL ROCK & SOUL REVUE』としてメイスンの公式にサイトでダウンロード販売もされていますが、そこでは聴けない「Rock 'n' Roll Stew」「Black Magic Woman」「Dear Mr. Fantasy」「634-5789」といったナンバーも披露してくれるのです。数々の名演や共演を残してきたデイヴ・メイスン&スティーヴ・クロッパー。その栄光のキャリアを総括するような名曲の数々と滋味深い演奏を、超極上の気品サウンドでたっぷり味わえるライヴアルバムの超傑作です。もはやサウンドボード/オーディエンス、公式/非公式といった区別も意味を成さない音世界。 Live at McDonald Theater, Eugene, OR, USA 27th September 2019 ULTIMATE SOUND Disc 1(37:49) 1. We Just Disagree 2. Rock 'n' Roll Stew 3. In the Midnight Hour 4. Green Onions 5. Knock on Wood 6. When Something Is Wrong With My Baby 7. Black Magic Woman 8. The Low Spark of High Heeled Boys Disc 2 (44:43) 1. Dear Mr. Fantasy 2. Can't Find My Way Home 3. Try a Little Tenderness 4. The Dock of the Bay 5. 634-5789 6. Only You Know and I Know 7. Feelin' Alright 8. Soul Man Dave Mason - Guitar, Vocal Steve Cropper - Guitar, Vocal Alvino Bennett - drums Johnne Sambataro - guitar, Vocal Tony Patler - Keyboards, Vocal Gretchen Rhodes - Vocal

Dave Mason,Steve Cropper デイヴ・メイスン スティーヴ・クロッパー/OR,USA 2019

価格:

1,940円 (税込)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ