カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

Nazareth ナザレス/CA,USA 1978

一時期のリリース・ラッシュも落ち着いた感のあるフレズノの衝撃映像シリーズ。その最新作にして、最高傑作となる極上作が登場です。そんな本作の主役は、スコットランドの英雄NAZARETH。その「1978年3月8日フレズノ公演」で撮影されたオーディエンス・ショットです。当時のNAZARETHは第一期オリジナル・ラインナップの最後期であり、『EXPECT NO MERCY』をリリースして4人だけでツアーに邁進していました。まずは、その全景からショウのポジションを確かめてみましょう。1977年・10月13日-11月20日:北米#1(13公演)《11月19日『EXPECT NO MERCY』発売》 ・11月24日-12月15日:欧州(8公演)1978年・1月28日-3月19日:北米#2(25公演)←★ココ★・4月10日-16日:西ドイツ(6公演・4月25日-5月28日:北米#3(9公演)《9月:ザル・クレミンソン加入》これが“EXPECT NO MERCY TOUR”の全体像。7月までは前作『PLAY 'N' THE GAME』に伴うツアーを行っていましたが、その4ヶ月後には『EXPECT NO MERCY』をリリース。ツアー終了後にはザル・クレミンソンを迎えて5人編成へと移行していきました。本作のフレズノ公演は、そんなワールド・ツアーの最大レッグである「北米#2」の21公演目にあたるコンサートでした。そんなショウで撮影された本作は、衝撃作だらけのフレズノ・シリーズでも最高傑作と呼びたい絶景ショット。このシリーズはステージ右側か正面に見すえたアングルが多いのですが、本作は例外。ステージ左側(マニー・チャールトン側)からの斜めアングルで、スタンド席と思われる見下ろしショットです。しかし例外なのは角度だけで、他はシリーズの個性が見事に息づいている……と言いますか、これまで以上に凄い。遮蔽物ゼロの直写は極めて絶景で、初期VHSを遙かに超える8ミリフィルムの画質と相まってまるでプロショットかのよう。これまでの諸作でも8ミリの常識を覆す1カットの長さが特徴でしたが、本作は特に凄い。ほとんど丸1曲をそのまま目撃できてしまうほど長いカットが多用されているのです。そんな映像美に相応しい……いや、凌駕してしまうのが音声。シリーズの例からして極上オーディエンス録音がシンクロされていると思うのですが、そう判断するのは慣例だからに過ぎない。本作だけをいきなり体験したらサウンドボードとしか思えない。実際、芯も極太なら距離感もゼロのド密着ですし、ディテールも超詳細で各楽器のセパレートも絶大。ヘッドフォンをして全力でオーディエンスらしさを捜してみても、曲間シーンで間近な拍手が(チョロッと)出てくるくらい。実は本当にサウンドボードなんじゃないか……聴けば聴くほどにそう思えてくる超絶サウンドです。もう、このクオリティだけで必見なのですが、肝心のショウはもっと凄い。『HAIR OF THE DOG』を厚めにしつつも70年代の各アルバムからバランス良くセレクトされたセットも良いものの、それ以上なのがダン・マッカファーティー。右に付した画面キャプチャーだと小さくて分かりづらいかも知れませんが、実はダンがずっと座って歌っているのです。当時の彼に何があったのかは寡聞にして分からないのですが、座ったままでありながら絞り出されるのはブライアン・ジョンソンとアクセル・ローズを混ぜたようなあの歌声。このギャップが物凄いインパクトなのです。ド迫力でキレの良い声の調子からすると体調が優れないと言うよりは、足に怪我でもしているのかも知れませんが……。「Hair Of The Dog」ではスタッフが何事もないかのようにバグパイプを渡しており、見事なソロを聴かせてくれます。また、この光景はインパクトだけではない。カメラワークは座ったダンをフィーチュアしているために移動が少なく、全景と超ズームを交互に見せる。その安定感が非常に見やすく、返って本作のクオリティアップにも繋がっているのです。衝撃作ぞろいのフレズノ・シリーズではありますが、本作はクオリティ面でもショウ内容でも格別なインパクト。まさに最高傑作レースの先頭に立つ大傑作映像です。「8ミリフィルム」「70年代オーディエンス」といった概念そのものさえ破壊しかねない1枚。 Live at Warnors Theatre, Fresno, CA, USA 8th March 1978 AMAZING SHOT!!!!! (32:48) 1. Telegram 2. Razamanaz 3. I Want To (Do Everything for You) 4. Changin' Times 5. Love Hurts 6. Hair Of The Dog 7. Shapes Of Things 8. Teenage Nervous Breakdown 9. Expect No Mercy Dan McCafferty - vocals Manny Charlton - guitar Pete Agnew - bass Darrell Sweet - drums COLOUR NTSC Approx.33min.

Nazareth ナザレス/CA,USA 1978

価格:

1,630円 (税込)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ