カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

Various Artists Paul McCartney,Pink Floyd,Elton John,Bon Jovi,U2,a-ha,Brian Wilson /Live 8 Japanese Broadcast Edition Jewel Version

「LIVE AID 2」とも呼ばれた21世紀伝説のチャリティー・イベント、“LIVE 8”。その日本放送プロショットがリリース決定です。この音楽イベントが実現したのは、2005年7月のこと。スコットランドで開催されるG8サミットに合わせ、アフリカの貧困撲滅を訴えるために“LIVE AID”のボブ・ゲルドフが提唱しました。G8の4日前となる「2005年7月2日」に世界10都市で同時開催(エディンバラだけはG8当日の“7月6日”開催)され、1000人を超えるミュージシャンが参加。世界182のテレビ局と2000のラジオ局でも放送され、21世紀最大級の音楽イベントとなりました。もちろん、その模様は日本でも放送。本作は、録画マニアが記録していた日本放送から約2時間ほど抜粋収録したものです。長年に渡って日本の音楽番組を記録してきたマニアだけに、そのクオリティは極上。まさしく「オフィシャル級」と呼ぶに相応しいプロショットなのですが、編集も素晴らしい。抜粋というと残念に思われるかも知れませんが、何しろ、1000人以上のミュージシャンが参加した超巨大イベントだけに、完全体を観るのはかなりの所行……というより、ほぼ不可能。本作は、当店でも人気の高い19組のバンド/アーティストを厳選しており、美味しいところの濃縮還元なのです。そのラインナップは……ロンドン会場(6組・19曲)ポール・マッカートニー(5曲+U2と共演1曲)、U2(3曲)、エルトン・ジョン(1曲)、スティング(3曲)、THE WHO(2曲)、PINK FLOYD(4曲)ベルリン会場(3組・3曲)ブライアン・ウィルソン、a-ha、ROXY MUSIC(各1曲)フィラデルフィア会場(1組・2曲)BON JOVI(2曲)……と、このようになっています。まさに当店専用セレクションになっているわけですが、単なるつまみ食いではなく、1曲1曲は完全演奏。しっかりと音楽作品として楽しめる仕上がりになっています。そんな豪華ラインナップのライヴ演奏の素晴らしい事。つい昨日のようにも思えるのですが、実は13年前。出演陣も若々しく、そここに時代感が滲む。ジョン・ボン・ジョヴィの隣にはリッチー・サンボラが立ち、ROXY MUSICも健在なら、ポールと故ジョージ・マイケルがデュエットする……。そして、極めつけはもちろん再結成PINK FLOYD。リチャード・ライトのいない現在では二度と不可能な“あの4人”がステージを分け合う奇跡の光景。本作には演奏された4曲をすべて極上クオリティで目撃できる。これだけでも胸いっぱいの1枚です。しかし、本作はそれだけではなく、日本放送の旨みもたっぷり。要所要所で日本語字幕や日本語の同時翻訳も収録されているのです。例えば、ブライアン・ウィルソンの紹介テロップには「昨年、アルバム「Smile」をリリース」と出ますし、THE WHOには「昨年7月、結成40周年にして初来日を果たした」。現在となっては当たり前な事実が事件だった頃の感覚が脳裏に蘇るのです。さらには音楽と直接関係ない字幕も見逃せない。PINK FLOYDのシーンでは「G8。1つの部屋に8人の男が800万人を救える。ベルルスコーニ、ブレア、ブッシュ、小泉……」と懐かしい首脳陣の名を上げていきますが、その中でただ独り現在も絶大な権力を握っているウラジーミル・プーチンの不気味さ。また「今後の出演アーティスト情報は、携帯サイトからご確認いただけます」に続いて表示される「携帯メニュー→TV→○○テレビ→CS→LIVE8」表示も猛烈に時代感。わずか13年前とは言え、スマートフォンが革命を起こす前の地球が画面の中にあるのです。それ以上に“LIVE 8”の存在感を漂わせるのは、女声の同時翻訳。通常、音楽放送は日本語字幕が一般的ですが、本作ではポールやボノのMCに翻訳音声が被る。「これはチャリティではありません。正義を私たちは求めているんです(ボノ)」「そしてG8の首脳陣、これを聞き逃すことはできない。このメッセージのために行動してくれた皆さん、愛しています(ポール)」など、まるで大統領の演説を訳すようにヒーロー達の言葉が日本語でも語られる。これこそ、“LIVE 8”の大きさ。決して音楽ファンにだけ向けていたわけではなく、万人に向けていた。「Hey Jude」の大合唱の中で突然、日本語で「一人ひとりの言葉が大事だ。覚えておいてくれ!」と言われるのも異様ではあるものの、それと同時に巨大イベントに心震わせていたリアルタイムも鮮やかに甦るのです。史実を振り返ると、パースシャーサミットは「アフリカ諸国に対する開発支援」を主題として開催されつつ、期間中のロンドン同時爆破事件で「テロとの戦い」にかき消さそうにもなりました。しかし、それでもアフリカ支援に250億ドルもの増額を勝ち取った。「音楽は世界を変えられるか」は現在も答えの出ない命題ですが、決して無力ではない。そう信じるバンド、ミュージシャン達が生んだ21世紀最大級の音楽祭。近いようで遠くなりつつある“2005年”を極上クオリティのプロショットで振り返る映像作品なのです。Hyde Park, London, UK 2nd July 2005 Siegessaule, Berlin, Germany 2nd July 2005 Benjamin Franklin Parkway, Philadelphia, USA 2nd July 2005 (123:11) Paul McCartney & U2 1. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band U2 2. Beautiful Day / Blackbird 3. Vertigo 4. One Elton John 5. Saturdaynight's Alright For Fighting Bon Jovi 6. Livin' On A Prayer 7. It's My Life Brian Wilson 8. Good Vibrations A-Ha 9. Take On Me Roxy Music 10. Jealous Guy Sting 11. Message In A Bottle 12. Driven To Tears 13. Every Breath You Take The Who 14. Who Are You 15. Won't Get Fooled Again Pink Floyd 16. Speak To Me / Breathe 17. Money 18. Wish You Were Here 19. Comfortably Numb Paul McCartney 20. Get Back 21. Drive My Car (with George Michael) 22. Helter Skelter 23. The Long And Winding Road 24. Hey Jude PRO-SHOT COLOUR NTSC Approx.123min.

Various Artists Paul McCartney,Pink Floyd,Elton John,Bon Jovi,U2,a-ha,Brian Wilson /Live 8 Japanese Broadcast Edition Jewel Version

価格:

1,630円 (税込)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ