カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

Rolling Stones ローリング・ストーンズ/Fukuoka,Japan 1995 2 Days

1995年 の来日公演は東京ドームの後に行われた福岡ドームでの二回のライブで締めくくられました。ところがこの二公演というのはアイテム数が非常に少なく、しかも初日に至っては今までライブ全体のリリースが一切ないという、ストーンズの来日公演とは思えないほど恵まれない状態となっています。ところが今回は福岡二日間をどちらも完全収録したカップリング・リリースという画期的なタイトルの登場が実現です。まず3月22日の初日は過去に「Angie」わずか一曲のみがリリースされただけ、今回が初の完全収録となります。1995年のライブながらこれまでまとまったアイテムが登場しなかっただけあって、今回のオーディエンス録音もレンジ狭めで距離感のあるものです。しかしトレーダー間に広まっていた音源よりもずっと聴きやすく、しかも「Rock And A Hard Place」が不完全というトラブルもありません。それとはまったく違う今回初登場の独自音源にて今までベールに包まれていた福岡初日の全貌が明らかになるのです!初めて完全版が登場して実感するのは、とにかくミックの歌のテンションが高いということです。東京でのレコーディングとライブの日々を終え、初めて訪れた地で気分も新たにステージに上がった結果なのでしょうか。まず「Tumbling Dice」エンディング辺りから火が点き、ストーンズ全体も60年代を偲ばせるような「It’s All Over Now」の荒々しい演奏でミックを支えました。さらに「Rocks Off」のエンディングではいつになくアドリブな歌で盛り上げますが、この辺などは今回同時にリリースされた東京ドーム3月9日と聴き比べるとまるで雰囲気が違うのでびっくりさせられること間違いなし。この序盤だけでもミックの尋常ならざる気合が伝わってきますが、「Satisfaction」ですらこの日の激しさがいつものと比べ物にならないほどのハイ・テンションぶり。演奏が終わるところまで一切力を抜かないミックの壮絶な歌は本当に凄いものでした。彼はこの日、激しい曲になると一層テンションが高くなるようで、それが「Rock And A Hard Place」ではさらなるネクスト・ステージへと向かっているかのようです。とにかくシャウトや煽りが尋常でなく、アルバムからの「VOODOO LOUNGE」ファースト・シングルながらも日本公演後にレギュラー・レパートリーの扱いから外されてしまう(極端に演奏回数が減りました)「Love Is Strong」もこれが完成形といってもいいほどの熱演でした。そして福岡二日間はストーンズ全体からも余裕が感じられる点がいい意味で東京とは違う雰囲気と言えるかもしれません。その中でも傑作なのがキースの「Slipping Away」 のエンディング。いつも通り演奏が終わったところで、チャーリーがもう一度エンディングに向かうドラムのパターンを叩きます。すわ「この日だけのリプライズか?」と勘違いしそうになりますが、バンドはそれに合わせることなく終わっていました。そういえばこの日だけミックが「ツカレハテタ、キース・リチャーズ」と紹介しないというのも意外とレアですよね。1995年の来日公演自体の最終日となった福岡ドーム二日目は高音質な既発タイトルが1995年 当時にリリースされていましたが、もちろん今回はそれと違う独自のオーディエンス録音マスター使用。既発音源はクリアネスに長けた録音状態ではあったものの、キースのギターの音量が低めというバランスが致命傷となっていました。今回の録音ではそのような不自然さはなく、通常のストーンズ・ライブのバランスにて福岡二日目を楽しめるようになりました。その点では今回が初めて真実の姿の伝わる音源といっても過言ではないでしょう。ただし今回の音源はライブ開始 当初から音のエッジが割れ気味で、それが「Satisfaction」の盛り上がりや「Doo Doo Doo Doo Doo」のハミング・パートになると飽和状態となってしまいます。その点は過去の音源の方が聴きやすいと思う方もいられることでしょうが、演奏から伝わってくる迫力は間違いなく今回の録音の圧勝です。それに前日に負けず劣らず、ストーンズはこの日も絶好調。初めての福岡ドーム、アリーナ席以外では空席も目立ったと言われるライブですが、それに腐ることなくむしろ日本最終日らしい名演が繰り広げられたのです。もちろんミックはこの日もテンション高めなのですが、そういう時にありがちな勢い余ったハプニン グが「It’s All Over Now」で起きています。この時のツアーでは頻繁に演奏していた曲ですが、ミックは歌い出しのタイミングを間違えてしまいます。何とも情けない場面ではありますが、それに動じず歌い直す姿が百戦錬磨のパフォーマーたるところではないでしょうか。1989年にはツアー初日の演奏中に停電したゲンの悪さから演奏されなくなった「Shattered」は「VOODOO LOUNGE」 ツアーで無事復活、ツアーが進むにつれて演奏回数が減ってしまったものの、日本公演では東京ドーム二日目以来の登場となります。その演奏は当時からモタっとしたテンポに映ったものですが、やはり今聴いてもモタついた感じは変わりません(苦笑)。しかしそれ以外はこの日もミックやストーンズが疲れを見せることもなく、あむしろグングン突き進むようなライブを展開してみせたのがさすがですそして中盤二曲のアコースティック・パートが復活し、再び「Love In Vain」を演奏してくれたのが忘れられない日でもあります。しかも今回の録音ではこの時の各メンバーが弾いたアコースティック・ギターの音を実に鮮明に捉えており、中でもキースのギターの細やかさまでしっかり伝わってくる様子は本当に鳥肌が立ちます。1995年の来日公演の中では東京日程以上に入手が難しくなっていた福岡公演二日間の全貌が初めて明らかとなる今回のリリース、両日共に素晴らしい演奏をじっくりとお楽しみください! Live at Fukuoka Dome, Fukuoka, Japan 22nd March 1995 Disc 1 (60:07) 1. Introduction 2. Not Fade Away 3. Tumbling Dice 4. You Got Me Rocking 5. It’s All Over Now 6. Rocks Off 7. Sparks Will Fly 8. Satisfaction 9. Beast Of Burden 10. Angie 11. Rock And A Hard Place 12. Love Is Strong 13. I Go Wild Disc 2 (76:14) 1. Miss You 2. Band Introduction 3. Honky Tonk Women 4. Before They Make Me Run 5. Slipping Away 6. Sympathy For The Devil 7. Monkey Man 8. Street Fighting Man 9. Start Me Up 10. It’s Only Rock ‘n Roll 11. Brown Sugar 12. Jumping Jack Flash 13. Outroduction Live at Fukuoka Dome, Fukuoka, Japan 23rd March 1995 Disc 3 (58:04) 1. Introduction 2. Not Fade Away 3. Tumbling Dice 4. You Got Me Rocking 5. It’s All Over Now 6. Shattered 7. Sparks Will Fly 8. Satisfaction 9. Love In Vain 10. Sweet Virginia 11. Doo Doo Doo Doo Doo 12. Love Is Strong 13. I Go Wild Disc 4 (71:29) 1. Miss You 2. Band Introduction 3. Honky Tonk Women 4. Happy 5. The Worst 6. Sympathy For The Devil 7. Monkey Man 8. Street Fighting Man 9. Start Me Up 10. It’s Only Rock ‘n Roll 11. Brown Sugar 12. Jumping Jack Flash 13. Outroduction Mick Jagger – Vocals, Guitar, Harmonica Keith Richards – Guitars, Vocals Ronnie Wood – Guitars Charlie Watts – Drums Darryl Jones – Bass, Backing Vocals Bobby Keys – Tenor Saxophone Chuck Leavell – Keyboards, Backing Vocals Lisa Fischer – Backing Vocals, Percussion Bernard Fowler – Backing Vocals, Percussion The New West Horns : Andy Snitzer – Saxophone Michael Davis – Trombone Kent Smith – Trumpet

Rolling Stones ローリング・ストーンズ/Fukuoka,Japan 1995 2 Days

販売期間:
2018年10月24日00時00分〜
2099年12月31日23時59分
価格:

2,880円 (税込)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ