カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

Pink Floyd ピンク・フロイド/P.U.L.S.E Upgrade Best Expanded

PINK FLOYD最後のワールドツアー“THE DIVISION BELL TOUR”を象徴し、現役バンドとして最後の作品でもあったライヴアルバム『P.U.L.S.E』。その最大拡大版が登場です。本作は公式作品『P.U.L.S.E』をベースとしつつ、海外のコアマニアが関連するオフィシャル音源を集成し、約35分も拡大化したもの。すべてオフィシャル音源が使用されており、なおかつ1本のライヴアルバムとして聴き通せる3枚組の音楽作品なのです。そもそも公式盤『P.U.L.S.E』はライヴアルバムであると同時に、編集された音楽作品でもありました。幾多のショウから録音を集め、実際のショウとは異なる曲順で再構成。あくまでも「アルバム」としての完成度を目指したものだったのです。しかも、“THE DIVISION BELL TOUR”には『狂気』完全再現セットと通常セットの2種があり、『P.U.L.S.E』はその双方の個性を融合。1つのショウを再現するのではなく、ツアーの集大成を目論んだ。そのコンセプト自体は成功だったものの、「CD2枚組」という枠に押し込めたために、いくつもの曲がカットを余儀なくされたのです。そうしてカットされた曲達は、メディア毎に散らされ、さまざまなバージョンの『P.U.L.S.E』を生み出したのです。本作は、そういった曲達を1つに再集結させたもの。大ボリュームの3枚組によって「CD2枚組」の枠からも開放させ、ショウの流れを取り戻したライヴアルバムなのです。そんな本作に使用されている『P.U.L.S.E』は3種類。メインの「2枚組CD版」に加え、「2本組カセット版」「DVD版」を補完に使用している。それぞれに収録曲が異なっていますので、まずは本作の構成と合わせて状況を整理してみましょう。 ●ディスク1 [×CD/◎Cass/×DVD] Introductory Soundscape [◎CD/◎Cass/×DVD] Astronomy Domine [◎CD/◎Cass/◎DVD] Learning To Fly [◎CD/◎Cass/×DVD] What Do You Want From Me [◎CD/◎Cass/×DVD] A Great Day For Freedom [◎CD/◎Cass/◎DVD] Sorrow [◎CD/◎Cass/◎DVD] Keep Talking [×CD/×Cass/◎DVD] Take It Back [◎CD/◎Cass/◎DVD] Coming Back To Life [◎CD/◎Cass/◎DVD] High Hopes ●ディスク2 [×CD/◎Cass/◎DVD] One Of These Days [◎CD/◎Cass/◎DVD] Shine On You Crazy Diamond THE DARK SIDE OF THE MOON [◎CD/◎Cass/◎DVD] Speak To Me [◎CD/◎Cass/◎DVD] Breathe [◎CD/◎Cass/◎DVD] On The Run [◎CD/◎Cass/◎DVD] Time [◎CD/◎Cass/◎DVD] The Great Gig In The Sky [◎CD/◎Cass/◎DVD] Money [◎CD/◎Cass/◎DVD] Us And Them [◎CD/◎Cass/◎DVD] Any Colour You Like [◎CD/◎Cass/◎DVD] Brain Damage [◎CD/◎Cass/◎DVD] Eclipse ●ディスク3 [◎CD/◎Cass/◎DVD] Wish You Were Here [◎CD/◎Cass/◎DVD] Another Brick In The Wall Part 2 [◎CD/◎Cass/◎DVD] Comfortably Numb [◎CD/◎Cass/×DVD] Hey You [◎CD/◎Cass/◎DVD] Run Like Hell これが「CD/カセット/DVD」ごとの収録曲。本作はカセット版だけだった「Introductory Soundscape」やDVD版オンリーの「Take It Back」、カセット&DVDにはあってもCD版には抜けていた「One Of These Days」も収録し、公式リリースされた曲を網羅しています。しかも、流れも自然。これだけの曲数を1回のショウで演奏したわけではありませんが、マニアの検証で可能な限り自然な流れを実現。例えば、20分を超える開演SE「Introductory Soundscape」を受けるのは「Astronomy Domine」ですし、公式CD版では前半に移動されていた「Hey You」は本来の居場所であるアンコールに置かれている。ある1公演の完全再現ではないものの、“THE DIVISION BELL TOUR”の世界観を崩さず浸りきれるセットに組み上げられているのです。それ以上に感動的なのは、単に並べ直したのとは次元の違う仕上げ。実は、本作を制作したマニアもただ者ではない。先日、『光: PERFECT LIVE!』の拡張盤『DELICATE SOUND OF THUNDER EXPANDED EDITION』が大好評を賜りましたが、本作も同じマニアが制作したもの。繋ぎがシームレスなだけでなく、ミックスの違いやサウンドのニュアンスも綺麗に整えられ、まるで違和感がない。しかも、ただの曲間ではなく細心の編集技は1曲内でも緻密。例えば、追加された「One of These Days」は前半にカセット版(10月16日テイク)が使用され、後半はDVD版(10月20日テイク)を採用するこだわりよう。また、「Coming Back To Life」はCDにも収録されていますが、本作ではDVD版をオーバーラップ(どちらも10月13日テイク)。「Take It Back」から見事な流れを実現しているのです。これらの作業はあくまでも一例。ここまでの手間暇と細心の配慮が3枚組の隅々まで行き届いている。ともすると「公式テイクの組み替え」というコンセプトはお安く思えてしまうものですが、この作業1つ取っても本作の立つ地平はまったく違うとご理解いただけるのではないでしょうか。PINK FLOYDに人生を賭けたマニアがありとあらゆる手段を講じ、労力と情熱の限りをつぎ込んだ音楽作品なのです。オフィシャルの2枚組CDが2時間28分なのに対し、本作は3時間2分44秒。そのすべてが公式テイクであり、オフィシャルと寸分変わらぬ編集技によって絶大な作品感で貫かれている。はるかにボリュームアップし、しかも現場ショウの感覚までまとった究極の『P.U.L.S.E』。これぞライヴ・アクトPINK FLOYD最後にして最大の輝き。 The Best & Expanded Edition. P*U*L*S*E* album as it should have been made Disc 1(78:42) 1. Introductory Soundscape 2. Astronomy Domine (Earls Court 10-15-94) 3. Learning To Fly (Earls Court 10-14-94) 4. What Do You Want From Me (Rome 9-21-94) 5. A Great Day For Freedom (Earls Court 10-19-94) 6. Sorrow (Rome 9-21-94) 7. Keep Talking (Hannover 8-17-94) 8. Take It Back (Earls Court 10-20-94) 9. Coming Back To Life (Earls Court 10-20-94) 10. High Hopes (Earls Court 10-20-94 Disc 2(67:46) 1. One Of These Days (Earls Court, first half 10-16-94, second half 10-20-94) 2. Shine On You Crazy Diamond (Earls Court 10-20-94) The Dark Side Of The Moon 3. Speak To Me (Earls Court 10-20-94) 4. Breathe (Earls Court 10-20-94) 5. On The Run (Earls Court 10-20-94, explosion Earls Court 10-15-94) 6. Time (intro Modena 9-17-94, Earls Court 10-20-94,) 7. Breathe (reprise) (Earls Court 10-20-94) 8. The Great Gig In The Sky (Earls Court 10-20-94) 9. Money (Modena 9-17-94) 10. Us And Them (Earls Court 10-20-94) 11. Any Colour You Like (Earls Court 10-23-94) 12. Brain Damage (Earls Court 10-19-94) 13. Eclipse (Earls Court 10-19-94) Disc 3(36:16) 1. Wish You Were Here (Rome 9-20-94) 2. Another Brick In The Wall Part 2 (Earls Court 10-20-94) 3. Comfortably Numb (Earls Court 10-20-94) 4. Hey You (Earls Court 10-13-94, last verse Earls Court 10-15-94) 5. Run Like Hell (Earls Court 10-15-94)

Pink Floyd ピンク・フロイド/P.U.L.S.E Upgrade Best Expanded

価格:

2,193円 (税込)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ