カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

Paul McCartney ポール・マッカートニー/Tokyo,Japan 11.5.2018 Special Seat Ver.

両国ギグから「伏兵」と呼ぶに相応しい音源の登場です。この日の関しては、もはやイヤモニ録音の常識を破った傑作「RYOGOKU KOKUGIKAN 2018: ORIGINAL IN-EAR MONITOR RECORDING」に席巻された感がありますが、それでもなおスモールギグの臨場感は捨てがたい…とオーディエンス録音にもチェックを入れるマニアがいるのは当然のこと。両国ギグのオーディエンス音源に関しても「RYOGOKU KOKUGIKAN 2018」が決定版と化した感がありました。それの登場以前リリースされていた「RYOGOKU 2018」も魅力的な音質であり、ある意味マニアは贅沢悩みを抱えてしまったのだと言えるかもしれません。音源的には出尽くしたといっても過言ではない両国ギグですが、この期に及んで登場させる伏兵的な音源がまた実に魅力的なオーディエンス録音なのです。本音源は国技館の2階正面ロイヤルボックス(皇室が相撲鑑賞時に使われるエリア)、いわゆるVIPゾーンの真後ろから敢行されたもの。その点においては異色な録音ポジションから生み出された音源だとも呼べるでしょう。よって単純比較では音像の近さは「RYOGOKU KOKUGIKAN 2018」が勝るのですが、それでも本音源から感じられる音像の近さも十分に迫力があり、なおかつ豊かな音の広がりが素晴らしい。先のCDとは違った意味で、国技館という小さな会場ならではのタイトな音響の感触を見事に捉えてくれた。例えば「I've Got a Feeling」終盤のジャム・パートを聞けば、実に快い独特の味わいを実感できるでしょう。全体の音質は非常にマイルドなものであり、これがまた大きな魅力。聞いていてアナログ的な質感を覚える国技館ギグのオーディエンス録音という点に関しては、これが一番かもしれません。とにかくマイルドな音質なので、あの「Live and Let Die」における爆発音までマイルド(笑)。その感触は是非ともヘッドフォンにて味わっていただきたいポイントです。スピーカーからはもちろんですが、ヘッドフォンを通せば広がりのある臨場感はもちろん、丸びを帯びた音質に聞き惚れてしまうことかと。ここまで触れてきたことからも解るかと思いますが、本音源がもっと早いタイミングで提供されていたとしたら、それこそリリースも可能なレベルであった。その点は不運だと言わざるを得ない。また右側で時折盛り上がるオーディエンスの声が近くはないものの、声が通って聞こえるのがマイナスに映ります。しか〜しこの聞き心地の良さは掛け値なしに素晴らしい。それでいて「Helter Skelter」のようなハードなナンバーでも迫力十分ながら、あくまで耳に優しい聞き心地。あの一夜から早一か月、臨場感系の国技館ギグを求めるマニアには自信を持って本タイトルをおすすめします。やっぱりポールにはマイルドでアナログチックなサウンドが似合う★衝撃の超高音質・初登場音源!(リマスター・メモ)既発盤より優る点は、ステレオ感が強い。低音が強い印象ですが、これだけ低音がでてるのに、ベースラインが崩れずに聞こえるのも珍しい事からも、録音は素晴らしいと思います。 Live at Ryogoku Kokugikan, Tokyo, Japan 5th November 2018 ULTIMATE SOUND(from Original Masters) Disc 1 (79:57) 1. Intro ★イントロを最長で収録。(21分間)2. A Hard Day's Night 3. Hi, Hi, Hi 4. All My Loving 5. Letting Go 6. Come On to Me7. Let Me Roll It 8. I've Got a Feeling 9. My Valentine 10. Nineteen Hundred and Eighty-Five 11. I've Just Seen A Face 12. In Spite of All the Danger 13. From Me to You 14. Love Me Do 15. Blackbird Disc 2 (75:33) 1. Queenie Eye 2. Lady Madonna 3. Fuh You 4. Being for the Benefit of Mr Kite! 5. Something 6. Ob-La-Di, Ob-La-Da 7. Band on the Run 8. Back in the USSR 9. Let It Be 10. Live and Let Die 11. Hey Jude 12. I Saw Her Standing There 13. Sgt Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 14. Helter Skelter 15. Golden Slumbers 16. Carry That Weight 17. The End

Paul McCartney ポール・マッカートニー/Tokyo,Japan 11.5.2018 Special Seat Ver.

価格:

1,880円 (税込)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ