カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

Queen クィーン/Hyogo,Japan 1975 Upgrade

もはや伝説の域を超え、日本洋楽史の神話ともなっているQUEENの初来日。その現場を伝える名録音が史上最高峰を更新するクオリティで復刻です。そんな本作に刻まれているのは「1975年4月23日:神戸国際会館」公演。このショウは古くからいくつかの録音が知られてきましたが、その中でもベストとして知られる大傑作オーディエンス録音を最新・細心マスタリングで磨き上げたした決定盤です。1975年の初来訪は、日本にとってもQUEEN自身にとっても大きなインパクトとなった歴史的な出来事。それだけに当店では可能な限りのアーカイヴを実施してきました。近年でも発掘は続いており、昨年も誰も聴いた事のなかった名古屋公演の新発掘『NAGOYA 1975』の衝撃を巻き起こしました。まずは、そんな記念碑ツアーの日程でコレクションの整理をしてみましょう。 ・4月19日:日本武道館・4月22日:愛知県体育館 『NAGOYA 1975』・4月23日:神戸国際会館 【本作】・4月25日:福岡市九電記念体育館・4月28日:岡山県体育館 『FATAL ATTRACTION』・4月29日:静岡ヤマハつま恋ホール ・4月30日:横浜文化体育館・5月1日:日本武道館 『AN EXCEPTIONAL LEGACY』『KILLING ME SOFTLY』 以上、全8公演。本作の神戸公演は、衝撃作『NAGOYA 1975』の翌日にあたるコンサートでした。そんなショウを記録した本作は、実に素晴らしいヴィンテージ・オーディエンス。古くから知られておりますが、本作の土台となっているのは最高峰と絶賛された『DRESSED TO KILL』のマスター。現代基準では「まるでサウンドボード」と呼ぶわけにもいきませんが、43年前ですからそれも当然。轟音の類では(決して!)なく、大狂乱の中から演奏を探すタイプでも(まったく!!)ない。手応えたっぷりの歌声は力強く手元まで届き、オーディエンスの弱みになりがちな重低音のベースラインも1音1音までクッキリ。そして、それだけ逞しくても音が割れることなく、ド迫力と機微をしっかりと伝えてくれる。むしろ、録音自体が限られている1975年の記録にしては破格となる名録音なのです。まさにベストな『DRESSED TO KILL』マスターではありますが、本作はさらに細心リマスタリングでブラッシュ・アップ。さらに鮮やかなサウンドを実現しました。もちろん、無意味な音圧稼ぎではなく、高音から低音までバランスを細かく精査して調整。膨らみすぎていた低音を(迫力を損なわないように)整え、団子気味だったアンサンブルを解きほぐし。特に高音のヌケが見違えるように向上し、若々しいヴォーカル&コーラスは美し伸び、ピアノは転がるタッチまで鮮明。ブライアンのギターも乱舞するような鮮やかさです。さらに本作は別音源も活用して完璧を目指しました。例えば「Seven Seas Of Rhye」の30秒台でほんの僅かに欠けた音落ちシーン。『DRESSED TO KILL』ではマスターの真実そのままでしたが、本作では別のアナログ・ブートレッグから補填してシームレスに改善。開演前シーンも追加し、可能な限り初来日の現場を再現しています。また、この録音は手拍子がやや大きい事でも知られていましたが、その点も改善。もちろん、初来日のリアリティは損なっていませんが、耳に突き刺さる打音のピークを丁寧に緩和し、よりQUEENの生演奏に集中できるバランスに仕上げました。そのサウンドで描かれる“伝説の初神戸”の素晴らしい事……。目眩く初期の名曲が矢継ぎ早に繰り広げられる“SHEER HEART ATTACK TOUR”の旨みたっぷりで、『LIVE AT THE RAINBOW '74』『A NIGHT AT THE ODEON』でも聴けない「Doing All Right」まで披露。かつて“1975年では唯一”と言われた「Father To Son」も美味しく(現在では翌日の『NAGOYA 1975』でも聴けますが、これほどのサウンドで楽しめるのはやはりレアです)、濃厚な70年代カラーにむせ返るよう。そして、それ以上なのが初来日ならではの現場感。逞しい演奏音に押し切られるレベルではあるものの、70年代ならではの黄色い歓声が凄い事はほんのりと分かる。しかも、単なるアイドル・コンサートとも違う。一挙手一投足に投げかけられるだけでなく、メロディにさえ沿うように波打ち、会場中に広がる。夢中になっていながらちゃんと聴いているのが分かる。自分達の目と耳でカリスマを探し当てていた洋楽女子の熱狂がリアルなのです。その象徴となるのが「Father To Son」。曲の途中で警備員と思しき男声で「おいで!!」と怒号が飛ぶ。熱狂ぶりだけでなく、そんな現場の息吹までクリアに聴き取れる絶品録音でもあるのです。残念ながら録音は「Liar」までで終了し、本編セット最終の「In The Lap Of The Gods....revisited」以降は未収録。不完全なのは致し方ないところですが、それでも貴重極まる初来日の現場を約75分に渡って味わえる。どんなバンドであっても初来日は日本人にとって特別ですが、ことQUEENに関しては彼ら自身にも特別中の特別です。そんな神戸の一夜のベスト録音にして、さらに最高峰を更新する1枚。 Live at Kobe Kokusai Kaikan, Kobe, Japan 23rd April 1975 TRULY AMAZING SOUND(UPGRADE) (75:14) 1. Procession ★0:00 - 0:14 アナログ補填 2. Now I'm Here 3. Ogre Battle 4. Father To Son 5. White Queen 6. Flick Of The Wrist 7. Doing All Right 8. In The Lap Of The Gods 9. Killer Queen 10. The March Of The Black Queen 11. Bring Back That Leroy Brown 12. Son And Daughter 13. Guitar Solo 14. Band Introductions 15. Keep Yourself Alive 16. Seven Seas Of Rhye ★0:37 音落ちが有るので、アナログ一瞬補填。17. Stone Cold Crazy 18. Liar

Queen クィーン/Hyogo,Japan 1975 Upgrade

価格:

1,580円 (税込)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ