カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

Toto トト/Tokyo,Japan 2019 Upgrade

3年ぶりの来日にして、結成40周年の特別セットで列島を沸かせたTOTO。その超極上オリジナル録音が登場です。そんな本作に収められているのは「2019年2月20日:日本武道館」公演。そのオーディエンス録音です。今週は本作に加えて超傑作『OSAKA 2019(Zion-138)』との2本同時リリース。まずは、日程でショウのポジションを確認しておきましょう。・2月14日:広島文化学園HBGホール・2月16日:金沢歌劇座・2月18日:福岡市民会館・2月20日:日本武道館 【本作】・2月21日:大阪城ホール『OSAKA 2019』・2月23日:岩手県民会館・2月25日:名古屋国際会議場センチュリーホール ・2月27日:仙台サンプラザホール以上、全8公演。前回2016年からオリジナル新作のリリースもない再来日にも関わらず、この盛況ぶり。それどころか、東名阪に限らない幅広さは前回を凌駕しており、根強さを超えて再び絶頂に向けて人気の高まりを見せている驚異の来日公演でした。本作の舞台となった日本武道館は、その中でもハイライトとなるコンサートでした。そんなショウを記録した本作は、まさに「超」を2つも3つも並べたい極上のサウンド。オンで目の前に突きつけられるような芯、繊細を究めたディテール、微塵も揺るがない鉄壁の安定感、距離を感じないダイレクト感、力強くも微塵も濁らないクッキリとした低音、精緻にミックスされたFM放送レベルのバランス。まさに思いつくすべてのポイントで完成度100%。音源の良いところを見つけようとするのではなく、全力でアラを探しても何も見つからないのです。実のところ、このショウはすでに『LIVE AT BUDOKAN 2019』でレポート済みですが、本作はまったくの別録音。あのアルバムも間違いなく傑作録音でしたが、本作は役者がまるで違う。特に、会場音響は異常としか言いようがない。ヘッドフォンで耳を澄ますとほんのりとした会場音響も感じるのですが、それが極々微量のスパイスになってPAの出力音に艶と輝きを与え、曇る直前で寸止めされている。「これが本当にオーディエンス録音!?」と驚きつつ、作為のないナチュラルな美しさは確かに客録だけのもの。いかに録音機材の進化した現代であっても、そうそう出逢えない超絶サウンドなのです。それもそのはず、本作を記録したのは数々の名作・名盤を手がけてきた匠。そのコレクションは枚挙に暇がありませんが、TOTOファンの方には『BUDOKAN 2016』が印象深いでしょう。あの超傑作に限らず、当店の最新東京録音で「これは凄い!」と思われたなら、ほぼこの人物の作品と思って間違いない……それほどの名手コレクションの最新作なのです。そのサウンドで描かれるのは、名曲を生み続けてきた重鎮だからこその40周年ショウ。前述のようにフルアルバムの新作なしに再来日したわけですが、前回2016年ツアーと被るのはたった全20曲中4曲「Hold the Line」「Rosanna」「Georgy Porgy」「Africa」のみ。しかも、それだけ入れ替えても名曲ばかり。ジェフ&マイク・ポーカロ兄弟が遺した「Devil's Tower」やベスト盤『40 TRIPS AROUND THE SUN』の「Alone」といった“新ネタ”も歴代の代表曲に負けていない。いかに素晴らしい曲を書き続けてきたかを証明するようなライヴなのです。そして、そんな40周年セットを演じる演奏も鉄壁。スティーヴ・ルカサー&スティーヴ・ポーカロは衰え知らずの演奏を聴かせ、ジョセフ・ウィリアムズも絶好調(彼が歌う「Lovers In The Night」も絶品です)。今回は残念ながらデヴィッド・ペイチが不参加となってしまいましたが、代役のドミニク・“ゼイヴィアー”・タブリンがまた凄い。基本的にはペイチのフレーズに忠実なのですが、インストの「Jake To The Bone」では個性爆発のインタープレイをたっぷり披露。ジャズもクラシックもお手の物で、ペイチとは異なりながらも歴戦の猛者たちと堂々と渡り合う。さらに初参加のシェム・ヴォン・シュロックも素晴らしい。ベースもさることながらヴォーカリゼーションが圧倒的で、ルカサーが「スーパー・ハイテナー・ヴォイス」と絶賛する歌声で、“女声コーラスのいないTOTO”にも関わらず不足感がまるでないのです。そして、胸を打つのがメンバー紹介。来日の叶わなかったデヴィッド・ペイチについて触れるだけでなく、スティーヴ・ポーカロを紹介する際には「スティーヴの兄弟のことは忘れない。ジェフとマイク・ポーカロにも拍手を送ってくれ!」と話す。曲だけではなく、ここにいないメンバー達との40年を感じさせてくれるのです。レア曲満載のフレッシュなショウで列島を沸かせたTOTO。そのハイライト公演をサウンドボード以上とさえなる極めつけのオーディエンス・サウンドで描ききる文化遺産級の大名盤です。同時リリースの『OSAKA 2019』も超絶なためにツアーNo.1とは断言しかねるものの、逆に言えば両作は全世界レベルでも2トップになるであろう超傑作なのです。 Live at Budokan, Tokyo, Japan 20th February 2019 ULTIMATE SOUND(from Original Masters) Disc 1 (77:14) 1. Intro. 2. Devil's Tower 3. Hold the Line 4. Lovers in the Night 5. Alone 6. I Will Remember 7. English Eyes 8. Jake to the Bone 9. Rosanna 10. Georgy Porgy 11. Human Nature 12. I'll Be Over You 13. No Love 14. Stop Loving You 15. Piano Solo 16. Girl Goodbye Disc 2 (52:53) 1. Band Introductions 2. Lion 3. Dune (Desert Theme) 4. While My Guitar Gently Weeps 5. Make Believe 6. Africa 7. Home of the Brave Shannon Forrest - drums Lenny Castro - percussion Warren Ham - saxophone, backing vocals Shem von Schroeck - bass, backing vocals Dominique "Xavier" Taplin - keyboards, backing vocals

Toto トト/Tokyo,Japan 2019 Upgrade

価格:

1,598円 (税込)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ