カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

Pink Floyd ピンク・フロイド/Netherlands 1970

1970年「Atom Heart Mother」リリース後に行われた11月から12月にかけてのヨーロッパ・ツアー2日目、11月7日のオランダはロッテルダム公演を高音質オーディエンス録音で2時間22分に渡って完全収録。既発盤「Remergence」とのジェネレーションの差は明らかで、既発に比べヒスの少ない鮮度抜群の高音質で、この時期の創造性に満ちた生々しい演奏を堪能することができます。高域から迫力のある低域までしっかりとして定位で録音されており、しかも曲間の チューニングもノンカット。マニア間でも論じられているとおり、この日のフロイドの演奏は抜群で、勢いのあるAstronomy Domine、ギルモアのロングソロとリックのムーディなオルガンサウンドの絡みが最高の13分近いロングテイクのFat Old Sun、Cymbaline中間でも二人のリード楽器が抜群のコンビネーションで素晴らしい音のドラマを構築していきます。4人だけAtom Heart Motherも最後まで緊張感の切れることの無い見事な演奏でが聴けます。堂々たる演奏が楽しめるThe Embryoの後には2分20秒のチューニングが録音されています(既発はディスク2冒頭)。優しいムードいっぱいに歌うギルモアのボーカルのGreen Is The Colourに続く10分近い熱演のCareful With That Axe, Eugeneでは一変、サイケな演奏とロジャーのヒステリックなボーカル・パフォーマンスが雰囲気を盛り立てます。Eugene 7:28で突如音量が大きくなる部分があります。Set The Controls For The Heart Of The Sunでは9分台にリックのオルガンソロパートで、ロジャーが通常とは違うノートとリズムで切り込み、それに合わせてギルモアが強烈なギターエフェクトサ ウンドを被せるという、一風変わった展開を聞くことができます。圧巻は19分近い演奏のA Saucerful Of Secretsで、サイケデリック・ミュージックの極みといった前半から狂乱の中間パート、そして劇的なコンクリュージョンと、ここまで緊張感が持続し、音の全てが有機的に結合している演奏も珍しいと思う最高の演奏が堪能できます。ラストはBluesを最高音質で収録。この時期のフロイドのステージの凄ま じさをリアルな音像で体感できる最高の一枚。 Grote Zaal, De Doelen, Rotterdam, Netherlands 7th November 1970 TRULY AMAZING SOUND Disc 1 1. Introduction 2. Astronomy Domine 3. Fat Old Sun 4. Cymbaline 5. Atom Heart Mother 6. The Embryo Disc 2 1. Green Is The Colour 2. Careful With That Axe, Eugene 3. Set The Controls For The Heart Of The Sun 4. A Saucerful Of Secrets 5. Blues

Pink Floyd ピンク・フロイド/Netherlands 1970

価格:

1,880円 (税込)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ