カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

Queen クィーン/Shizuoka,Japan 1975

もはや「伝説」の言葉ですら生ぬるいQUEENの初来日。日本にも彼ら自身にも巨大な影響を残し、その歴史を語るのに欠かせない一種の現象となりました。その現場を素晴らしいサウンドで描ききったライヴアルバムが登場です。そんな本作に収められているのは「1975年4月29日:静岡ヤマハつま恋ホール」公演。掛川市で記録された大名作オーディエンス録音です。このショウは、素晴らしい名演でも知られています。QUEENの来日公演は出来不出来にバラつきが大きいのですが、初来日はメンバーの想像を絶する大歓待に発奮したのか、どの公演もハイテンションな名演ぞろい。とてもベスト・ショウを決められないのですが、その中でも最有力候補と言われてきたショウなのです。まずは、そんな掛川公演のポジションを当時の日程で確かめてみましょう。・4月19日:日本武道館・4月22日『NAGOYA 1975』・4月23日『DEFINITIVE KOBE 1975』・4月25日:福岡市九電記念体育館・4月28日『FATAL ATTRACTION(岡山)』・4月29日:静岡ヤマハつま恋ホール ←【本作】・4月30日:横浜文化体育館・5月1日『AN EXCEPTIONAL LEGACY(日本武道館)』※各公演とも代表作のみ。以上、全8公演。初日と最終日に日本武道館を置きつつ、初来日にも関わらず東名阪以外の各地も大規模に回る本格的なツアー。本作の掛川公演は、関東に戻る道すがらの6公演目でした。そんなショウを記録した本作は、クオリティも絶品。驚異的なのはクリスタル・クリアに透き通る空気感。サウンドボードと間違えるような密着タイプでこそありませんが、ステージからマイクまでの空間が澄み渡り、演奏も歌声もレーザーのように真っ直ぐ突き抜けてくる。さらに鮮度が圧倒的で、ダビング痕がほとんど感じられず、伸びる芯に歪みもなければ、そこからほんのり立ち上るホール鳴りも極端に端正で美しい。例えば、「In The Lap Of The Gods」でたおやかなフレディの歌声とロジャーのシャウトが交差しますが、それも綺麗にセパレート。2人の歌声が重なっても混じりはせず、どちもたっぷりと伸びるのです。しかも、本作は最新リマスタリングの磨き込みも実施。わずかに速いピッチも正確に整えていますが、それ以上なのが鳴り。録音自体の個性としてははやや低音がキツめなタイプだったのですが、低音だけでなく各音域ごとに細かく調整。その結果、単に均整が取れたバランスになっただけでなく、抜けもグッと向上。もちろん、元が希代の名録音ですので別物に変えることなく、元々持っていた可能性を最大限に引き出しました。そんな演奏音だけでも素晴らしいのですが、さらに驚きなのはオーディエンス・ノイズの少なさ。当然、現場には黄色い嬌声がアチコチから飛び交っているのですが、それがステージとマイクの間に入ってこない。「なにやら遠くで騒いでるね」といったバランスで、しかもフレディの歌声が正面から飛び込んでくるのに対し、嬌声は遙か脇を飛んでいく立体感。録音ポジションまでは伝わっていないものの、初来日の熱狂を肌感覚で感じられつつ、演奏にもじっくりと聞き込める。何しろ伝説以上のQUEEN初来日ですから、1公演でも聴けるだけでありがたいのですが、とてもそれどころではない。たとえ、何年の何ツアーであっても名作と呼ばれること間違いナシの名録音なのです。しかし、そんなサウンドで描かれるのは紛れもない1975年。実のところ、序盤は初来日にしては落ち着きがあり、丁寧に演奏している感じもする。しかし、そのムードが一変するのはメンバー紹介を経た「Keep Yourself Alive」から。まるで改めて開演したかのようなテンションで駆け抜け、さらに「Seven Seas Of Rhye」「Stone Cold Crazy」と一気呵成に畳みかけの一気駆け! そして「Liar」。初来日ではどのショウでも盛り上がる曲ですが、この日は本当に凄い。フレディもロジャーも絶好調でぶっ飛ばすヴォーカリゼーションが冴えに冴え、観客との「Liar!」のかけ合いもえらい騒ぎ。実のところ、この3曲の前にテープチェンジがあってサウンドもややワイルド気味になるのですが、それさえも燃え上がる演奏に油を注ぐかのよう。冒頭で「ベスト・ショウの最有力候補」と書きましたが、それはこの後半の猛プッシュのこと。そのまま大団円へ駆け抜けていく尻上がりの大熱演なのです。QUEENの来日公演は山あり谷ありの波があるものですが、初来日は高波のまま押し切ってしまった。それほどまでに若い彼らにとって日本の歓待は衝撃であり、止まりようのない勢いを注ぎ込んだ。そんな伝説以上の初来日でも、屈指の大名演を素晴らしいクリア・サウンドで描ききった希代の名作ライヴアルバム。 Live at Exhibition Hall, Yamaha Resort Tsumagoi, Kakegawa, Japan 29th April 1975 TRULY AMAZING/PERFECT SOUND(UPGRADE) Disc 1 (55:18) 1. Procession 2. Now I'm Here 3. Ogre Battle 4. White Queen 5. Flick Of The Wrist 6. Doing All Right 7. In The Lap Of The Gods 8. Killer Queen 9. The March Of The Black Queen 10. Bring Back That Leroy Brown 11. Son And Daughter 12. Guitar Solo 13. Son And Daughter (reprise) 14. Band Introductions 15. Keep Yourself Alive Disc 2 (38:03) 1. Seven Seas Of Rhye 2. Stone Cold Crazy 3. Liar 4. In The Lap Of The Gods...Revisited 5. Big Spender 6. Modern Times Rock 'n' Roll 7. Jailhouse Rock 8. God Save The Queen

Queen クィーン/Shizuoka,Japan 1975

価格:

1,880円 (税込)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ