カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

David Bowie デヴィッド・ボウイ/CA,USA 9.13.1997

新たな地平を拓いた『EARTHLING』を引っさげ、世界を巡っていた1997年のボウイ。その新発掘DATマスターによる絶品ライヴアルバムが登場です。その新マスターに収められていたのは「1997年9月13日ロサンゼルス公演」。今は亡き名会場“ユニバーサル・アンフィシアター”で記録されたフル・オーディエンス録音です。このショウは、マニアの間で「ボウイのキャリアでもベストなショウ」と呼ばれる名演中の名演でした。まずは、そんなショウのポジションを当時のスケジュールで確認してみましょう。 《2月3日『EARTHLING』発売》・5月17日-6月5日:ウォームアップ(4公演)・6月7日-8月14日:欧州(46公演)・9月6日-10月23日:北米(29公演)←★ココ★・10月31日-11月7日:南米(5公演) これが1997年のボウイ。夏場にメインのヨーロッパを巡った後、秋口に渡米。本作のロサンゼルス公演は、その「北米」レッグ6公演目にあたるコンサート。“ユニバーサル・アンフィシアター”では2夜連続が行われ、本作はその2公演目です。そんなショウを記録した本作は、まさに絶品のオーディエンス録音。サウンドボードと間違えるような密着サウンドではないのですが、かと言って距離もほとんど感じない。空気感がクリスタル・クリアに透き通っており、逞しい芯が真っ直ぐ手元に飛びこみ、ディテールも鮮やか。“ユニバーサル・アンフィシアター”は屋内会場なのですが、どういうわけか会場反響がほとんど感じられない。音色にはオーディエンスらしい距離感も宿るのですが、ホール鳴りでボケることがない。まるで、最新の野外フェス録音のように力強くもキリッとしたサウンドなのです。特に驚きなのは低音。オーディエンス録音ではスカスカになったり、強すぎて割れたりしやすいのですが、本作はどちらでもない。ダイナミックに力強く、それでも割れずにヴァイヴまで鮮明なのです。実のところ、原音では割れないまでも強すぎてバランスを崩していたのですが、そこは細心のマスタリングで補正。アンサンブル全体のバランスをトータルで整え、原音の持つクリアな音世界を最大限に楽しめるサウンドに仕上げました。そんなサウンドで描かれるショウがまた素晴らしい。もちろん、セットの軸になっているのは新作『EARTHLING』で、全10曲中7曲も大盤振る舞い。そこに美味しいクラシックスがたっぷりと散りばめられている。しかも、『EARTHLING』の新曲にしてもスタジオ・アルバムを超える肉感的なグルーヴが圧倒的。ロック感覚・躍動感もたっぷりに演奏されるのです。また、このツアーはわりとこまめに曲を入れ替える事でもでも知られている。「北米」レッグの代表作と言えば、当店の大傑作サウンドボード・アルバム『BOWIE TO THE RESCUE: PORT CHESTER 1997』『NEW YORK MAN』も浮かびますが、この2作はあくまでも放送用の特別パフォーマンス。本作は通常コンサートであり、両作でも聴けない名曲もたっぷりに約2時間半のフル・スケールを駆け抜ける。特に「Queen Bitch」「White Light/White Heat」「V-2 Schneider」「The Hearts Filthy Lesson」「The Last Thing You Should Do」といった名曲群は2作を合わせても聴けなかったレパートリー。両作ではアコースティックのボーナスだった「Dead Man Walking」も、しっかりとエレクトリックで楽しめます。そして、そのセットを演じるパフォーマンスこそが最高。マニアの言葉を借りるなら「このショウに言うべき事はない。ボウイの長いキャリアでもベストのひとつだ(Not much else needs to be said about this show. One of the best of David’s long career)」。確かに、この言葉に集約される。演奏もエネルギッシュならボウイの歌声も絶好調。50歳にしてなお旺盛な挑戦心がそのままメロディとビートに姿を変えたような熱演がたっぷりと楽しめるのです。マニアも言葉を失う90年代の名演を素晴らしいサウンドで封じ込めたDATマスターの新発掘。その可能性を最大限に引き出すマスタリングで磨き上げた大傑作ライヴアルバムです。“EARTHLING TOUR”でも屈指の代表作となっていくであろう1本。 Universal Amphitheatre, Universal City, Los Angeles, CA, USA 13th September 1997 TRULY AMAZING/PERFECT SOUND Disc 1 (75:16) 1. Intro 2. Quicksand 3. Always Crashing In The Same Car 4. Queen Bitch 5. Drifting/Good Morning Little School Girl/The Jean Genie 6. Panic In Detroit 7. I'm Afraid Of Americans 8. Look Back In Anger 9. Band Introductions 10. Seven Years In Tibet 11. Battle For Britain (The Letter) 12. The Man Who Sold The World 13. Fashion 14. Voyeur Of Utter Destruction (As Beauty) 15. Looking For Satellites 16. Stay Disc 2 (71:38) 1. Under Pressure 2. The Hearts Filthy Lesson 3. Hallo Spaceboy 4. Scary Monsters (And Super Creeps) 5. Little Wonder 6. Band Introductions 7. Dead Man Walking 8. The Last Thing You Should Do 9. V-2 Schneider 10. White Light/White Heat 11. O Superman 12. All The Young Dudes 13. Moonage Daydream David Bowie - Vocals, Guitar Gail Ann Dorsey - Bass, Vocals Mike Garson - Keyboards Reeves Gabrels - Guitar Zachary Alford - Drums, Percussion

David Bowie デヴィッド・ボウイ/CA,USA 9.13.1997

価格:

1,880円 (税込)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ