カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

Eric Clapton エリック・クラプトン/Tokyo,Japan 4.13 & 20.2019

クラプトンの2019年来日公演で予想だにしなかったダークホース的、お薦めタイトルの登場です!関東名うてのテーパー氏による優良録音マスターをダイレクトに使用した4枚組。その内容は、初日4月13日と最終日20日公演のカップリング・タイトル。予想だにしなかったPretendingのパワフルなオープニングから、マニアを驚かせた「August」期のWanna Make Love to You、そして日本では10年ぶりの演奏となったエレクトリックのLayla、結局この日のみの演奏だったBefore You Accuse Me、ジョン・メイヤーがゲスト参加したラストの大団円Cocaineと最初から最後までファンを大いにエキサイトさせてくれた初日公演は、本当にもう特別過ぎて優良録音だったらまだまだウェルカムとお思いのファンも多いと思いますが、このテイクはまさにそれ。アリーナA4という絶好のポジションで録音された本テイクは、昨今流行りの軽めのデジタル録音とは対極的なガッチリとした音像が魅力の音源で、この音像はクラプトンのライヴにはまさにうってつけ。深く味わい深く、クリーンでいながら程良くマイルド&ウォームなサウンドは、最良の音色でこの日のショウを再現してくれます。ディスク後半には最終日の20日のライヴをこちらも初日と同レベルの見事なサウンドで収録。高度なマイクを使用しているのは間違いなく、太く安定したサウンドで感動の最終公演を追体験させてくれます。こちらは一階スタンド南西フロント席のからの録音ということですが、PAからのサウンドを直に捉えてるせいでしょうか、とにかく音が近く、スタンド席の音の遠さを感じさせない、クリアーで大変良い録音です。良い意味で懐かしさを感じさせてくれる最高レベルの録音で、クラプトンのライヴにはまさにうってつけの音像に聴こえます。初日と同じ機材を使用しているのでセットとしての統一感もあり、人気の初日と記念すべき最終日を見ごとの捉えたお薦めの4枚組です。 Live at Budokan, Tokyo, Japan 13th & 20th April 2019 TRULY PERFECT SOUND(from Original Masters) Live at Budokan, Tokyo, Japan 13th April 2019 Disc 1 (52:38) 1. Intro 2. Pretending 3. Key to the Highway 4. Wanna Make Love to You 5. I'm Your Hoochie Coochie Man 6. I Shot the Sheriff 7. Driftin' Blues 8. Running on Faith 9. Nobody Knows You When You're Down and Out 10. Tears in Heaven Disc 2 (53:34) 1. Layla 2. Badge 3. Wonderful Tonight 4. Crossroads 5. Little Queen of Spades 6. Before You Accuse Me 7. Cocaine (with John Mayer) Live at Budokan, Tokyo, Japan 20th April 2019 Disc 3 (59:50) 1. Intro 2. Pretending 3. Key to the Highway 4. Wanna Make Love to You 5. I'm Your Hoochie Coochie Man 6. I Shot the Sheriff 7. Driftin' Blues 8. Nobody Knows You When You're Down and Out 9. Tears in Heaven 10. Layla 11. Running on Faith Disc 4 (45:33) 1. Badge 2. Wonderful Tonight 3. Crossroads 4. Little Queen of Spades 5. Cocaine 6. High Time We Went

Eric Clapton エリック・クラプトン/Tokyo,Japan 4.13 & 20.2019

価格:

2,448円 (税込)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ