カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 
HOME > CD > Rock

Eric Clapton エリック・クラプトン/London,UK 5.16.2019 Upgrade

MK4録音によるクラプトンのロイヤル・アルバート・ホール連続3公演。本盤は最終日、5月16日公演ですこの日の録音ポジションはフロア席前から20列目のど真ん中という、2日目にも劣らない好ポジションだったそうですが、初日よりやや後方の席だったためか、この日の音をよく検証してみると低音が回っているという症状が見られました。そのため当店はサウンド全体のバランスに影響を及ぼさない範囲でそれを極力緩和致しました。このマスタリングにより、この3日目もリリースするに値するさらなる極上音質となったわけです。さてこの最終日の聴きどころは、また初日、2日目とは異なる「変化」でした。アコースティックセットでは前日のAlbertaに代わり、初日どおりChange The Worldが復活しました(となると、前日のAlbertaにはどんな意味合いがあったのでしょう?)。その他の曲はエレクトリックLaylaを含め、メインセットは2日目と大変わりはありませんでした。観に行った誰もがこのくらいの変化かとタカをくくっていたところ、アンコールが強烈だったのです!クラプトンのコンサートでは、通常アンコールは1曲が常識。年齢のこともあり、メインセットで疲れている中、オーディエンスの要望に応えるには1曲がギリギリということです。従ってオーディエンスの方も79年以降、アンコールは大抵1曲と理解していました。ところがこの日は2曲を演奏したのです!曲は初日と同じプリンスのPurple Rain、そして2曲目は、この日も前日同様オープニングアクトを務めたジミー・ヴォーンを迎えてのBefore You Accuse Me。クラプトンとすれば、最終日を地元ロンドン公演の集大成と考え、ファンにすべてを聴かせたかったのかもしれません。この日のレポートでは、抜きん出て素晴らしいプレイだったのは、I Shot the SheriffとHoly Motherとされていました。なるほど後奏の出来がこの曲の評価を左右するI Shot the Sheriffでは、速弾きも交えながら徐々に盛り上げていくフレーズ構成がさすがです。そしてしっとりと歌い上げるボーカルと心に染み入るようにギターに歌い上げさせる後奏のソロが決め手のHoly Motherでは、クラプトンらしい、優しくも切ないチョーキングでのロングノートプレイが聴かれます。レポートどおり、両曲でのクラプトンのプレイは聴く価値のあるレベルでした。しかしもっと凄かったのは、Little Queen of Spadesを締めくくるエンディングのソロ。この切れ味はクラプトンならでは。そしてアンコールのPurple Rainでのソロ。初日よりもさらに素晴らしかったこのソロを聴くと、もう叶わないのですが、クラプトンにはプリンス存命中のコンサートに飛入りしてもらい、この曲で共演してほしかったなとつくづく思います。どんなに素晴らしい共演が実現したことでしょうか。そんな思いにも囚われる秀逸なパフォーマンスが最後まで展開されたのがこの最終日でした。名テーパーDaspyknowsによるロイヤル・アルバート・ホール連続3公演の極上音源。(リマスターメモ)★低音が回ってるのでなるべく緩和しました。 Live at the Royal Albert Hall, London, UK 16th May 2019 TRULY PERFECT SOUND(REMASTERED) Disc 1 (58:43) 1. Intro. 2. Motherless Children 3. Pretending 4. Key to the Highway 5. I'm Your Hoochie Coochie Man 6. I Shot the Sheriff 7. Driftin' Blues 8. Nobody Knows You When You're Down and Out 9. Tears in Heaven 10. Change the World 11. Running on Faith Disc 2 (56:11) 1. Tearing Us Apart 2. Holy Mother 3. Crossroads 4. Little Queen of Spades 5. Layla 6. Purple Rain 7. Before You Accuse Me (with Jimmie Vaughan) Eric Clapton - guitar, vocals Doyle Bramhall ? - guitar, vocals Chris Stainton - piano, keyboards Paul Carrack - organ, keyboards, vocals Nathan East - bass Sonny Emory - drums Sharon White - backing vocals Katy Kissoon - backing vocal

Eric Clapton エリック・クラプトン/London,UK 5.16.2019 Upgrade

価格:

1,880円 (税込)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ