カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

Paul McCartney ポール・マッカートニー/CA,USA 7.10.2019

現在のポール・マッカートニーの凄いところ、それはライブを続けるほどに調子を上げて行くことではないでしょうか。この事実をはっきりと伝えてくれるのが今週の最新ツアー・リリース。今回は7月10日のサンノゼ公演。そう、これは千秋楽LAの一つ前のショー。そんな最新アメリカ・ツアーの終盤を今回も最速でお届けいたします。そのリリースに際して最初に特筆すべきは、何と言ってもその音質。さすがに今回のツアーにおいてワールド・ベストなオーディエンス・アルバムの地位を確立した「GREEN BAY 2019」のような「まるでサウンドボード・チックな録音状態」とはちょっと違う。しかし今回のオーディエンス録音の独特な味わいの聞きやすさといったら。前に迫り来るような音像でなくともクリアネスは十分、それでいて奥行きのある落ち着いた質感はスピーカーから鳴らそうが、ヘッドフォンを通そうが、どちらでも思わずじっくりと聞き込みたくなるマイルドなもの。音像バランス的には今回のサンノゼとイメージが近く、その一方でクリアーな透明感すら伝わってきた「LEXINGTON 2019」に対し、こちらは正にしっとり落ち着いた耳に優しい音。いい意味でのアナログ感がポールのサウンドにとても合います。もう一つの特筆すべき点は、とにかくポールが絶好調ということ。オープニングから勢いに溢れた熱唱の連続で爽快。喉の不調から「Band On The Run」まさかの省略となったレキシントンと聞き比べてみると面白いのでは。そのコンディション違いがはっきり表れているのです。やはり今のポールはツアーを続けた方がどんどん声の調子が良くなるみたいですね。ただし、ポールは序盤で飛ばしすぎてしまったのでしょう、ピアノに移った「Let 'Em In」から「Nineteen Hundred and Eighty-Five」まで、たまに声が苦しそうな場面が見受けられます。ところが、です。これがまた今のポールの面白いところなのですが、ともすると歌うのがさらに苦しくなってもおかしくない「Maybe I'm Amazed」から見事に調子を取り戻してみせるからビックリ。以降はショー前半と同じように絶好調のまま最後まで歌い切ってくれて頼もしい限り。それだけではありません。ツアーが終盤を迎え、ポールがリラックスしてステージに挑んでいる様子もリアルに伝わってくるのです。おなじみファンのメッセージボードを読み上げる場面では「サンノゼまでの道のりを覚えて(ライブをやりに)来てくれてありがとう」というメッセージボードを読み上げると会場がどっと沸き上がってとても楽しい。そしてアンコールでは女性ファン二人がステージに呼ばれてポールの周りで踊ったのですが、その内の一人はセイウチのコスプレ(=「I Am The Walrus」を意識)を着ていたという。この場面に関してはYouTube上の動画にて是非ご覧ください。そうした場面からもツアー終盤ならではのポールの余裕と自信が伺われますし、何より飽きの来ない今回の音源の音質でポールの勢いをじっくりと聞き込まずにはいられないでしょう。 Live at SAP Center, San Jose, CA, USA 10th July 2019 TRULY PERFECT SOUND Disc 1(75:34) 1. Intro 2. A Hard Day's Night 3. Junior's Farm 4. All My Loving 5. Letting Go 6. Who Cares 7. Got to Get You Into My Life 8. Come On to Me 9. Let Me Roll It 10. I've Got a Feeling 11. Let 'Em In 12. My Valentine 13. Nineteen Hundred and Eighty-Five 14. Maybe I'm Amazed 15. I've Just Seen a Face 16. In Spite of All the Danger 17. From Me to You Disc 2(73:32) 1. MC 2. Dance Tonight 3. Love Me Do 4. Blackbird 5. Here Today 6. Queenie Eye 7. Lady Madonna 8. Eleanor Rigby 9. Fuh You 10. Being for the Benefit of Mr. Kite! 11. Something 12. Ob-La-Di, Ob-La-Da 13. Band on the Run 14. Back in the U.S.S.R. 15. Let It Be 16. Live and Let Die 17. Hey Jude Disc 3(27:09) 1. Audience 2. Birthday 3. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 4. Helter Skelter 5. Golden Slumbers 6. Carry That Weight 7. The End

Paul McCartney ポール・マッカートニー/CA,USA 7.10.2019

価格:

2,193円 (税込)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ