カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

Alcatrazz アルカトラス/Madrid,Spain 2019

関係者流出の秘蔵オリジナル音源が怒濤の登場。衝撃の4タイトル一挙リリース決定です! 本作は、その第2弾。「2019年10月3日マドリード公演」で関係者が資料用に記録した流出オーディエンス録音です。同時リリースされる4タイトルはすべて先日まで行われていたALCATRAZZ欧州ツアーの記録。MICHAEL SCHENKER FEST(以後、MSF)を含む2019年/2020年の全体像は第1弾『PORTSMOUTH 2019』の解説に譲るとして、ここでは欧州ツアーに絞って各タイトルのポジションを確認しておきましょう。“UK TOUR”・9月19日-10月1日(11公演)・10月2日『PORTSMOUTH 2019』 “EUROPE TOUR”・10月3日:マドリード公演 ←★本作★・10月4日+5日(2公演)・10月6日『BARCELONA 2019』・10月8日+9日(2公演)・10月10日『MANNHEIM 2019』・10月11日+12日(2公演)これが2019年秋の欧州ツアー。「英国編12公演+大陸編9公演」という全21公演で構成され、今回はその中から4本のライヴアルバムが登場。本作のマドリード公演は大陸編の初日であり、『PORTSMOUTH 2019』の翌日にあたるコンサートでした。そんな本作は、今回の4作同時リリースでも目玉の1本。何と言っても、サウンドがベスト! 今回の4連作はどれも関係者によるオーディエンス録音でサウンドもかなり似ているのですが、本作だけは例外。良い方に特出しているのです。3作とも関係者ならではの間近感を感じられるのですが、それでもスネアの鳴り等に空間感覚は感じられる。しかし、本作だけはそのドラム・サウンドもド直近のド密着! あまりのパワフル・サウンドにビビリや歪みを起こしそうになるも寸止めで踏ん張るのが素晴らしい。そのドラムを超えるのが、グラハムのヴォーカル。こちらも不思議なくらいに密着感があり、バンドがド迫力に炸裂しても掻き分けるように歌声が耳元に届く。恐らく4作とも同じ関係者、同じ機材を使用していると思われますが、この日は録音の女神が微笑んでいる。精緻を凝らす日本の達人テーパーと同じくらいに美しく、それでいて関係者ポジションならではの秘匿感も併せ持つ極上品なのです。そして、ショウも素晴らしい。英国ツアーは短めのセットだったために『PORTSMOUTH 2019』も1枚物でしたが、大陸ヨーロッパ編はグッと増量しているのです。ここで、その内容を整理してみましょう。 ●NO PAROLE FROM ROCK'N'ROLL(6曲)・Too Young To Die, Too Drunk To Live/Hiroshima Mon Amour/Jet To Jet/Kree Nakoorie/Island in the Sun・追加曲:General Hospital ●RAINBOW(3曲 ・All Night Long/Since You Been Gone/Lost In Hollywood ●M.S.G.(3曲)・Desert Song/Rock You To The Ground/Assault Attack ●IMPELLITTERI(3曲)・Stand In Line・追加曲:Leviathan/Goodnight And Goodbye ●その他(2曲)・Night Games/We Won't Be Forgotten『BLACKTHORNE』……と、このようになっています。「追加曲」と付してあるのは『PORTSMOUTH 2019』から増加した曲。ALCATRAZZの「General Hospital」も嬉しいですが、それ以上にポイントなのがIMPELLITTERIの「Leviathan」「Goodnight And Goodbye」。3曲に増加した事でRAINBOWやM.S.G.と並ぶボリュームとなり、様式美で貫かれつつもバラエティも豊かになった。しかも、ジョー・スタンプの弾きっぷりも素晴らしい。彼はクリス・インペリテリをコピーすると言うより「初期イングヴェイがIMPELLITTERIの曲を弾いたらどうなるか」という感じ。曲の合間にも自在なオブリを混ぜ込み、ソロもメロディック。パワーメタル寄りな本家IMPELLITTERIよりもネオクラ度の高いALCATRAZZらしい曲に仕上げているのです。その一方、この辺ではグラハムのヴォーカルはちょっと厳しかったりもしますが、それでも日和らずに攻め続ける歌いっぷり。このパワー、本当に71歳でしょうか……。日本公演で全盛を超えるポテンシャルを見せつけた復活ALCATRAZZ。その最新・関係者録音4連作の中でも頭1つ抜けたサウンドの大傑作ライヴアルバムです。曲数・パフォーマンスも含めると、4作すべてが甲乙付けがたかったりするのですが、迷ったならまずは本作(とは言いつつ、やっぱり『MANNHEIM 2019』も凄いし…)。 Live at Shoko Madrid, Madrid, Spain 3rd October 2019 TRULY PERFECT SOUND(from Original Masters) Disc 1(45:18) 1. Band Introduction 2. Too Young to Die, Too Drunk to Live 3. Hiroshima Mon Amour 4. Jet to Jet 5. Kree Nakoorie 6. All Night Long 7. Desert Song 8. Night Games 9. Rock You to the Ground Disc 2(46:43) 1. Stand in Line 2. General Hospital 3. Island in the Sun 4. Since You Been Gone 5. Leviathan 6. Goodnight and Goodbye 7. We Won't Be Forgotten 8. Assault Attack 9. Lost in Hollywood Graham Bonnet - Vocals Joe Stump - Guitar Jimmy Waldo - Keyboards Beth-Ami Heavenstone - Bass Mark Benquechea - Drums

Alcatrazz アルカトラス/Madrid,Spain 2019

価格:

1,649円 (税込)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ