カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

Queen,Adam Lambert クィーン アダム・ランバート/Saitama,Japan 1.26.2020

映画『ボヘミアン・ラプソディ』に端を発した空前のブームの中で実現したQUEEN+アダム・ランバート待望の来日公演。その現場を目撃できる極上の絶景映像が早くも登場です!とにかくびっくり。極上クオリティ&超・絶景にしてフルショウの一気収録。本作に収められているのは“さいたまスーパーアリーナ2日目”なのですが、終わったばかりのショウをこれほどの映像を体験できようとは……。しかも、超・貴重。実のところ、この映像はショウの終了直後にネット公開されたのですが、それから1日も経たないうちに削除されたもの。現在、超クオリティが噂を呼び、「どこかに再アップされてないか」「誰か保存していないのか」とコレクターを騒然とさせている。本作は、そんな「最新の秘宝」をDVD化したものなのです。 【最速にして驚愕クオリティのフル映像】あまりのクオリティに「極上」「貴重」とまくし立ててしまいましたが、基本から押さえ直しましょう。本作は今この瞬間も日本を揺るがしている“THE RHAPSODY TOUR”初のフル映像。「2020年1月26日:さいたまスーパーアリーナ公演」の極上オーディエンス・ショットです。ライヴアルバム『SAITAMA SUPER ARENA 2020』を筆答に、第一報タイトルが多数リリース。間違いのないよう、ここでも日程でポジションを押さえておきましょう。・1月25日:さいたまスーパーアリーナ ・1月26日:さいたまスーパーアリーナ ←★本作★・1月28日:京セラドーム大阪 ・1月30日:ナゴヤドーム この更新が行われている今この瞬間も大阪公演が実施中。つまり、わずか2日前の最新ショウの映像なのです。その早さも驚きですが、内容が超絶。まず、一気貫通。近年では終了直後から映像が出回るのが当たり前になってきましたが、そのほとんどは曲単位。それらを組み合わせてなんとかフルに出来るかどうか……という感じです。ところが本作は違う。開演を告げる「Innuendo」が始まる前から、「God Save the Queen」の後で『世界に捧ぐ』のロボットが睨みを効かす終演シーンまで一気撮影。ツギハギも一瞬の欠けもなく、2時間17分に及ぶフルショウを完全体験できてしまうのです。完全映像だけでも驚きですが、さらにド肝を抜くのが絶景ぶり。実のところ、メンバーのドアップが大量なので判別しづらいものの、花道のすぐ右側(ブライアン側)でかなり前方。思いっきり引くとステージの全景がかろうじて収まるくらいの距離感なのですが、そこから最新デジタル機材の性能を見せつけるようなズームが大量に映し出される。正面ステージでもアダムやブライアンが大写しですし、花道まで出てきた際にはバストアップが画面からハミ出す。前方席の影もほとんど入らず、巨大スクリーンの映像演出から各メンバーの表情アップまで自由自在。しかも、そのアップで捉えたアダムの姿はプロショットのように画になるアングルときたもんだ……。 【目で観てこそ真価が分かる超エンターテインメント・ショウ】そんなとんでもない絶景で描かれるのが、当代きっての超エンターテインメント・ショウ。セットや演奏については他タイトルの解説に譲るとして、やはりQUEENは目で観ると違う。オペラ劇場のような壮麗なセットが姿を現すオープニング、その黄金の世界が崩れ落ちる「“In the Lap of the Gods... Revisited」、ホログラムのようにフレディが浮かび上がる「Love of My Life」、再び黄金の館が再構築されていく「The Show Must Go On」等々……。もちろん、ステージセットだけではありません。アダムのエンターテイナーぶりはさらに磨きがかかっている。壮大なメロディを動きに変えたアクションで歌い上げ、パントマイムのような表現力を見せつける。次々と早替えしていく衣装は時にはジョージ・マイケルのように凛々しく、時にボーイ・ジョージのように妖艶。さらに「Bicycle Race」ではJUDAS PRIESTよろしくレザー&スタッド姿でバイクに跨がる。決してインストがメインのバンドではなく、さして曲間で待たせるわけでもないのに曲のイメージに沿って七変化する。その一方で、昔ながらの光景もスケールアップ。中盤4曲「Teo Torriatte (Let Us Cling Together)」「Love of My Life」「'39」「Doing All Right」はブライアンのアコースティック・セットなわけですが、お馴染みの日本語「コンバンワ、オゲンキデスカ!」「一緒ニ歌ッテクダサイ!」も懐かしさが滲み、その背後には広大なスマホの光の海。そんなブライアンの姿はまるでホタルに囲まれているようでもあり、幻想的なムードの中で胸を掻きむしる大合唱が広がる……。そしてスクリーンに登場したフレディは、まるで本当にそこにいるかのようにブライアンのギターとシンクロしている。ここまで美しいアコースティック・セットはこれまで見た事がありません。デジタル・テクノロジーとアナログな人力。磨き抜かれたプロフェッショナリズムと素朴な音楽の魔力。そのすべてが奇跡のような光景で描かれていくのです。何という美しさ、何という絶景。まだまだツアーも半ばだと言うのに、こんな映像が出てきてしまうとは。記録も出始めたばかりではありますが、これ以上の映像はもう出てこないんじゃないか……いえ、QUEENに限らず、2020年にはもう本作以上の映像には出逢えないんじゃないか。そんな先走った想いで頭がいっぱいになる映像作品です。今この瞬間もマニアが血眼になって探している噂の秘宝にして、単なる「最新公演のオーディエンス・ショット」という次元を遙かに超越した超極上映像。 Live at Saitama Super Arena, Saitama, Japan 26th January 2020 AMAZING SHOT!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 1. Intro 2. Innuendo 3. Now I'm Here 4. Seven Seas of Rhye 5. Keep Yourself Alive 6. Hammer to Fall 7. Killer Queen 8. Don't Stop Me Now 9. Somebody to Love 10. In the Lap of the Gods... Revisited 11. I'm in Love With My Car 12. Bicycle Race 13. Another One Bites the Dust 14. I Want It All 15. Brian MC 16. Teo Torriatte 17. Love of My Life 18. '39 19. Doing All Right 20. Crazy Little Thing Called Love 21. Under Pressure 22. Dragon Attack 23. I Was Born To Love You 24. I Want to Break Free 25. You Take My Breath Away 26. Who Wants to Live Forever 27. Guitar Solo 28. Tie Your Mother Down 29. The Show Must Go On 30. Radio Ga Ga 31. Bohemian Rhapsody 32. Ay‐Oh 33. We Will Rock You 34. We Are the Champions 35. God Save the Queen COLOUR NTSC Approx.137min.

Queen,Adam Lambert クィーン アダム・ランバート/Saitama,Japan 1.26.2020

価格:

1,386円 (税込)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ