カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

Queen,Adam Lambert クィーン アダム・ランバート/Aichi,Japan 2020 2Shots

QUEEN歴代の名曲群だけでなく、豪奢壮麗なスペクタクル演出も話題を呼び、「究極のエンターテインメント・ショウ」と大絶賛されているQUEEN+アダム・ランパートの“THE RHAPSODY TOUR”。その日本最後の夜を目撃できる傑作映像が登場です。そんな本作が撮影されたのは「2020年1月30日:ナゴヤドーム公演」。そのオーディエンス・ショット2種をセットした2枚組です。現在、最新来日の記録が猛烈な勢いでリリース・ラッシュ。ライヴアルバムがメインではありますが、映像作品も幾つか登場しています。ここでは、映像編に限定してコレクションを整理してみましょう。 ・1月25日:さいたまスーパーアリーナ・1月26日『SAITAMA SUPER ARENA 2020 DAY 2:THE VIDEO』・1月28日『OSAKA 2020:THE VIDEO』・1月30日:ナゴヤドーム ←★本作★ 以上、全4公演のうち初日以外の3公演が映像化。埼玉2日目と大阪、最終日の名古屋公演リリースとなりました。その要因は何と言っても絶景ショット2種をセットした豪華さにある。それでは、それぞれ個別にご紹介していきましょう。 【DISC 1:ショウの全曲を目撃できる絶景ショット】まず登場するのは、ほぼフルショウ全曲を目撃できる絶景ショット。「ほぼ」というところがポイントで、セット全曲なのは間違いないものの、ところどころダイジェストしながら見どころを濃縮している。「なんだダイジェストか」と思われるかも知れませんが、それでも約1時間半もあり、ちょっとした映画レベルのボリューム。もちろん、カットされているのは間延びシーンがメインになるわけで、豪華絢爛のショウを濃縮体験できるのです。その濃縮感が強烈なのも、クオリティが素晴らしいからこそ。ステージ右側(ブライアン側)のアリーナ席から撮影されているのですが、とにかく絶景。視点が高く、1階席の観客の頭上を素通りしてステージを直視。あまりズームを多用するタイプではないものの、むしろそれが必要ない。巨大スクリーンに映し出されるプロ撮影のドアップが各メンバーの見どころをフィーチュアしてくれ、それと同時に壮大なステージな演出も目に飛び込んでくる。オーディエンス・ショットのカメラワークは一発勝負ですし、全編成功とはなかなかいかない。この映像を撮影した人物はそうした冒険を選ばなかったことで表情アップとスペクタクル、さらには見やすさまで1つの画面に押し込むことに成功しているのです。そして、そのクオリティで1時間半目撃するショウの素晴らしいこと……。、光の壁となったスマホの波打つ「In the Lap of the Gods... Revisited」、ロジャーが吠える「I'm in Love With My Car」、ロブ・ハルフォードよろしく鋲ジャンでバイクと戯れる「Bicycle Race」、ブライアンが小惑星に乗って宙を舞うギターソロ、72歳のブライアンと40歳のフレディが共演する「Love of My Life」、『世界に捧ぐ』の巨大ロボットがスクリーンを持ち上げていく「We Will Rock You」、王冠や獅子、天使たちの黄金像がグロリアスな「We Are the Champions」等々など……。コンサート現場で脳裏に焼きついた光景がモニター上に再現されていくのです(ただし、元映像は劇的な開演シーンのみ今ひとつ。そこで、まるでプロショットのような超ズームを多用した別アングルに差し替えてあります)。 【DISC 2:ベスト映像で濃縮したダイジェスト・ショット】ディスク1は1つの視点でショウのほぼ全景を体験できる映像でしたが、代わってのディスク2は「ドアップ」に拘ったコンピレーション。ネットに登場した1曲単位の映像からベスト・クオリティのものを駆使し、約56分間にわたってド迫力に迫る映像集です。ディスク1は全曲の代わりに1曲が完全ではない事も多かったのですが、こちらは14曲分(+α)の1曲1曲をフルで楽しめます。また、ベスト編集とは言っても全曲バラバラなわけではなく、アングルは4種類。ここでその内容を整理しておきましょう。 ・公式ショット:Hammer to Fall(サウンドチェック)・アングルA(6曲):Now I'm Here/Bicycle Race/Crazy Little Thing Called Love/I Was Born To Love You/I Want to Break Free/We Will Rock You ・アングルB(5曲+α):Killer Queen/Doing All Right/Under Pressure/You Take My Breath Away/Who Wants to Live Forever/The Show Must Go On・アングルC(3曲):Radio Ga Ga/Bohemian Rhapsody/We Are the Champions ……と、このようになっています。冒頭は公式チャンネルで公開された「Hammer to Fall」の当日サウンドチェックで、これはもちろん関係者撮影。その他はオーディエンス・ショットです。何と言っても圧倒的なのはドアップ。アングルABCはそれぞれに角度は違うものの、ディスク1よりも近いのか直写で表情ドアップが連発。その代わり、ディスク1のようなスペクタクル感は望めないものの、直写だからこその迫力は絶大なのです。もちろん、本作ではアングル別ではなく、実際のショウの流れに沿って再編集しておりますので、間近視点が次々と移り変わり、まるでマルチカメラのような見応えで約1時間楽しむ事ができるのです。2つの映像作はそれぞれカットがあり、完全映像ではありません。そのため、超傑作の『SAITAMA SUPER ARENA 2020 DAY 2:THE VIDEO』には及ばないのですが、2種トータルで2時間29分27秒のボリュームは実際のフルショウさえも超える。そのすべてが絶景で、豪華絢爛の最新コンサートをたっぷり味わえる傑作映像集。 Live at Nagoya Dome, Nagoya, Japan 30th January 2020 AMAZING SHOT!!! Disc 1(93:37) 1. Innuendo 2. Now I'm Here 3. Seven Seas of Rhye 4. Keep Yourself Alive 5. Hammer to Fall 6. Killer Queen 7. Don't Stop Me Now 8. Somebody to Love 9. In the Lap of the Gods... Revisited 10. I'm in Love With My Car 11. Bicycle Race 12. Another One Bites the Dust 13. I Want It All 14. Brian MC 15. Teo Torriatte 16. Love of My Life 17. '39 18. Doing All Right 19. Crazy Little Thing Called Love 20. Under Pressure 21. Tyler Warren Solo 22. Dragon Attack 23. I Was Born To Love You 24. I Want to Break Free 25. You Take My Breath Away 26. Who Wants to Live Forever 27. Guitar Solo 28. Tie Your Mother Down 29. The Show Must Go On 30. Radio Ga Ga 31. Bohemian Rhapsody 32. Ay‐Oh 33. We Will Rock You 34. We Are the Champions 35. Heroes (Outro) Disc 2(55:50) 1. Hammer to Fall (Soundcheck) 2. Now I'm Here 3. Killer Queen 4. Bicycle Race  5. Doing All Right 6. Crazy Little Thing Called Love 7. Under Pressure 8. I Was Born To Love You 9. I Want to Break Free 10. You Take My Breath Away 11. Who Wants to Live Forever 12. The Show Must Go On 13. Radio Ga Ga 14. Bohemian Rhapsody 15. We Will Rock You 16. We Are the Champions COLOUR NTSC Approx.150min.(TOTAL)

Queen,Adam Lambert クィーン アダム・ランバート/Aichi,Japan 2020 2Shots

価格:

1,552円 (税込)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ