カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

Philip H. Anselmo & the Illegals フィル・アンセルモ/Osaka,Japan 2020

ダイムバッグ・ダレル&ヴィニー・ポール亡き後、PANTERAの語り部となる決意を垣間見せたフィル・アンセルモ。19年ぶりにPANTERAナンバーを日本に届けてくれた最新ステージを体験できる極上オリジナル映像が登場です。そんな本作が記録されたのは「2020年1月30日:梅田CLUB QUATTRO」公演。その極上映像です。当初は2019年4月に来日の予定でしたが、メンバーの体調不良で延期。さらにはフィル自身の問題発言などが物議も醸しましたが、無事に“EXTREME THE DOJO”での来日が実現しました。今回は東名阪で1公演ずつの合計3公演だったわけですが、本作の大阪公演はその最終日にあたります。また、本作はライヴアルバムと映像のセットなわけですが、その構成はちょっと変わってもいる。ここでカンタンに整理しておきましょう。ショウは全後半で完全に分かれており、前半は現在のTHE ILLEGALSと製作した『WALK THROUGH EXITS ONLY』『CHOOSING MENTAL ILLNESS AS A VIRTUE』のセット。そして、後半はPANTERAナンバーのみの大盤振る舞いとなっています。そんなPANTERAセットを特等席から目撃できます。とにかく、これがもう絶景の極地。これまた撮影者から直接譲られたオリジナル・マスターなのですが、2階席の最前列なのか、遮蔽物ゼロで1階席の頭上を素通りしてステージを直視。しかも、安定感が素晴らしく、見どころにグイグイと迫るズームも的確この上ない。撮影者自身から提供されていなければ、会場設営のスタッフ・ショットとしか思えない絶景ぶりなのです。そして、その映像をさらに引き上げているのが音声。CDマスターをシンクロさせており、超絶景&超極上サウンドの究極クオリティに引き上げているのです。そして、映像だからこそフィルの変わらぬカリスマティックな姿が鮮烈。その威風堂々としたパフォーマンスは唯一無二。派手に暴れまくるわけでもないのに、観客を指さす姿勢、満足げに頷くタイミング、そして怒号を吐き出す表情……その1つひとつがPANTERA時代を甦らせ、紛れもなく“あのアンセルモ”以外の誰でもない存在感に充ち満ちているのです。かのMETALLICAが「ロックタリカに改名しようか」と嘯き、鋼鉄神ロブ・ハルフォードをして「メタルは死んだ」と言わしめた暗黒の90年代。その最中にあって「俺たちはメタルだ。文句あるか!」と吠えたのはSLAYERとPANTERAだけでした。フィルがPANTERAの曲を歌う事に賛否もあるとは思いますが、ヴィニーもダイムバッグもいない今、彼が歌わなければ誰も継ぐことは出来ないのです。そんな2020年に甦った名曲たちの猛攻。 Live at Umeda Club Quattro, Osaka, Japan 30th January 2020 TRULY PERFECT SOUND(from Original Masters) (57:05) 1. MC Intro 2. We'll Grind That Axe for a Long Time 3. Mouth for War 4. Becoming 5. Yesterday Don't Mean Shit 6. Strength Beyond Strength 7. Goddamn Electric 8. Walk 9. Domination / Hollow 10. (Reprise) Sandblasted Skin 11. A New Level COLOUR NTSC Approx.57min. Philip H. Anselmo - Vocals Steve Taylor - Guitar Mike De Leon - Guitar Derek Engemann - Bass Joey "Blue" Gonzalez - Drums

Philip H. Anselmo & the Illegals フィル・アンセルモ/Osaka,Japan 2020

価格:

1,630円 (税込)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ