カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

Queen,Adam Lambert クィーン アダム・ランバート/Live Compilation 2009-2020

2009年の出会いから順調に活動を重ねてきたQUEENとアダム・ランバート。そんな12年間に誕生した極上プロショットを集成した超決定盤がDVDで登場です。この12年間、彼ら唯一の公式作品である『LIVE IN JAPAN』を筆答に数多くのプロショットを残してきたわけですが、定番として有名なるのは『ROCK BIG BEN LIVE』や『ROCK IN RIO BRASIL 2015』など、長尺映像ばかり。そうしたコレクションも重要ではありますが、秘宝映像は決してそれだけではない。本作は、そんな長尺作から漏れた極上マルチカメラ・プロショットを一大集成。この12年間を約2時間で駆け抜けるプロショット・コンピレーションなのです。  そんな本作に収録されているのは、8種・31曲+αの超極上プロショット。それでは個別にご紹介していきましょう。 【本格始動前の2009年-2013年(3種)】2009年:AMERICAN IDOL FINALE(1曲)本作の冒頭を飾るのは、QUEEN+アダムの原点となったTV番組“アメリカン・アイドル”。ご存じの通り、アダムはこの番組のシーズン8で全米に知られていったわけですが、その決勝ではブライアン・メイ(まだ黒髪!)とロジャー・テイラーがゲスト参加。アダムともう1人の候補者クリス・アレンのバックを務め、「We Are The Champions」を共演しました。この映像はその決勝パフォーマンスなわけですが、ヴォーカルはクリスとアダムが分け合うデュエット。番組上の勝者はクリスでしたが、外連味の効いた華のある歌いっぷりは明らかにアダムの方が上。実際、この共演でアダムの歌声に感動したブライアンとロジャーがその場でQUEENへの参加を打診。新たなる伝説の幕開けとなったのです。 2011年:MTV EUROPE MUSIC AWARDS(3曲)そうして意気投合したQUEENとアダムが再共演したのは、2011年のMTV授賞式パフォーマンス。QUEEN+アダムは2012年に初のフルショウ&ツアーを行うわけですが、その前に行われた唯一のライヴであり、アダム1人でQUEENのフロントを務める初ステージです。ここでは「The Show Must Go On」「We Will Rock You」「We Are The Champions」の3曲をメドレーで演奏。1985年の“LIVE AID”がQUEEN復活を決定づけたステージだとすれば、この映像はQUEEN+アダムの未来を決定づけた。それほどまでに素晴らしい運命のパフォーマンスを史上最高峰クオリティで目撃できます。 2013年:iHeartRadio Music Festival(6曲+α)彼らの初ツアーは2012年でしたが、それは東欧&ロンドンの6公演だけ。本格的なワールド・ツアーは2014年からでした。その間となる2013年は“iHeartRadio Music Festival”への出演だけでした。1曲単位の演奏とメドレーが混在するために上記では「6曲+α」としましたが、実質的には「9曲」という本作でも最大・最長の映像です。アメリカのインディーロック・バンドFUN.(シンガーのネイト・ルイスはフレディ似の声とも言われています)と共演する「Somebody To Love」「Fat Bottomed Girls」も面白いですが、やはり圧倒的なのはアダム。「Who Wants To Live Forever」の絶唱は必見です。 【初めてのワールド・ツアーに乗り出した2014年(2種)】2014年:iHeartRadio Live(8曲)翌2014年、いよいよ初めて世界に飛び立ったQUEEN+アダム。その直前には再び“iHeartRadio”に出演しました。ここでは前年のようなゲスト参加はありませんが、やはり8曲と長尺でユニットとしてのコンビネーションもこなれてきたパフォーマンスを楽しめます。 2014年:HELENE FISCHER SHOW(2曲)初のワールド・ツアーは大きく3つに分かれ、「2014年6月-9月:北米/アジア/オセアニア」「2014年12月-2015年2月:欧州」「2015年9月:南米」で世界を巡りました。その最中となる2014年のクリスマスに出演したのが“HELENE FISCHER SHOW”。ここでは「I Want It All」の他、番組のパーソナリティであり、ドイツの女性シンガーであるヘレーネ・フィッシャーとデュエットする「Who Wants to Live Forever」も楽しめます。 【完全にユニットとして確立した2017年-2020年(3種)】2017年:THE LATE LATE SHOW WITH JAMES CORDEN(5曲) “TOUR 2014–2015”・“2016 SUMMER FESTIVAL TOUR”を経て、三度目のワールド・ツアーに臨んだ2017年。その直前にも2つのTV番組に出演しました。まずは“THE LATE LATE SHOW WITH JAMES CORDEN”ですが、これが本作最大の結佐映像! 何と言っても面白いのが番組パーソナリティであるジェームズ・コーデンとの共演。彼はシンガーでもあるのですが、普通のデュエットとはワケが違う。アダムとジェームズが煽り合い、「これが出来るか?」と言わんばかりのヴォーカル・バトルを繰り広げる。圧倒的な歌唱力と凄まじいロング・ノートでジェームズを叩きのめすわけですが、その芝居がかったバトルは完全にコント。このフレディ譲りの芸人根性はアダムならでは。いかにポール・ロジャースが歴史的な名シンガーであっても、これは出来ない(やらない)。アダムが10年という長きにわたってQUEENのフロントを務め続けている理由の一端が透ける傑作プロショットです。 2017年:JIMMY KIMMEL LIVE(1曲)もう1つはワールド・ツアー前日に出演した“JIMMY KIMMEL LIVE”。「I Want It All」の1曲だけですが、野外の特設ステージでツアー本番さながらの熱演を繰り広げています。 2020年;FIRE FIGHT AUSTRALIA(5曲)そして、本作の最後に収録されているのは、話題の“LIVE AID再現ステージ”となった“FIRE FIGHT AUSTRALIA”。その貴重な初放送バージョンです。初回放送では「Hammer to Fall」やフレディが登場する「Ay‐Oh」がカットされているためにフルではありませんが、映画『ボヘミアン・ラプソディ』の大成功を受けて35年ぶりに再現された伝説のセットを熱唱するアダムが楽しめます。以上、8種・2時間5分43秒の超極上マルチカメラ・プロショットです。“アメリカン・アイドル”では27歳だったアダムも最後の“FIRE FIGHT AUSTRALIA”では38歳。フレディの人生と照らしてみると、ちょうどQUEENのデビューから『THE WORKS』に至るまでの時間が経ちました。そんな12年間を完全オフィシャル級の超極上プロショットで駆け抜ける1枚です。 QUEEN + ADAM LAMBERT - 2009-2020: LIVE COMPILATION (125:43) American Idol Finale 2009 Live at NOKIA Theatre L.A. LIVE, Los Angeles, California, USA 20th May 2009 1. We Are The Champions (with Kris Allen) MTV Europe Music Awards 2011 Live at Odyssey Arena, Belfast, Northern Ireland 6th November 2011 2. The Show Must Go On 3. We Will Rock You 4. We Are The Champions iHeartRadio Music Festival 2013 Live at MGM Grand Garden Arena, Las Vegas, Nevada, USA 20th September 2013 5. Introduction 6. Bohemian Rhapsody / Another One Bites The Dust / Crazy Little Thing Called Love 7. Who Wants To Live Forever 8. Somebody To Love 9. Fat Bottomed Girls 10. Dragon Attack / We Will Rock You 11. We Are The Champions iHeartRadio Live 2014 Live at iHeartRadio Theater, Burbank, California, USA 16th June 2014 12. We Will Rock You 13. Another One Bites the Dust 14. Crazy Little Thing Called Love 15. Love Kills 16. Fat Bottomed Girls 17. Under Pressure 18. We Are the Champions 19. Don't Stop Me Now Helene Fischer Show Live at Velodrom, Berlin, Germany 25th December 2014 20. Who Wants to Live Forever (with Helene Fischer) 21. I Want It All The Late Late Show with James Corden Live at CBS Television City, Los Angeles, California, USA 2nd February 2017 22. Introduction 23. We Will Rock You 24. Don't Stop Me Now (with James Corden) 25. Crazy Little Thing Called Love (with James Corden) 26. Another One Bites the Dust 27. Somebody To Love (with James Corden) Jimmy Kimmel Live Live at Jimmy Kimmel Live, Hollwywood, California, USA 22nd June 2017 28. I Want It All Fire Fight Australia 2020 (TV Broadcast Version) Live at ANZ Stadium, Sydney, Australia 16th February 2020 29. Bohemian Rhapsody 30. Radio Ga Ga 31. Crazy Little Thing Called Love 32. We Will Rock You 33. We Are the Champions PRO-SHOT COLOUR NTSC Approx.125min.

Queen,Adam Lambert クィーン アダム・ランバート/Live Compilation 2009-2020

価格:

1,630円 (税込)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ