カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

Metallica メタリカ/Brazil 2013

彼らの最後の来日が実現した2013年。その記憶も甦る極上プロショットがリリース決定です。そんな本作が撮影されたのは「2013年9月19日リオ・デ・ジャネイロ公演」。世界の巨大フェス“ROCK IN RIO”に出演した際のマルチカメラ・プロショットです。2013年のMETALLICAはディスコグラフィに残る作品リリースこそなかったものの、特別な活動が目白押し。『KILL EM’ ALL』完全再現となった“ORION MUSIC + MORE”を主催し、映画『METALLICA: THROUGH THE NEVER』が全米公開。さらには、史上初となる南極ライヴ“FREEZE 'EM ALL”も実現しました。まずはそんなスケジュールを振り返り、ショウのポジションを確かめてみましょう。・2月23日-3月4日:豪州(5公演)・4月19日-27日:UAE/南アフリカ(4公演)・6月8日+9日:ORION MUSIC +MORE出演・7月6日:ROSKILDE FESTIVAL出演・7月19日:サンディエゴ公演・8月10日-25日:アジア(8公演)・9月19日:ROCK IN RIO出演 ←★本作★ ・9月21日-24日:北米(3公演) 《9月27日:映画『THROUGH THE NEVER』全米公開》・12月8日:FREEZE 'EM ALL(南極公演)これが2013年のMETALLICA。(現時点で)彼ら最後の来日公演は、8月の「アジア」レッグだったわけですが、本作の“ROCK IN RIO”はその直後でした。そんなショウを記録した本作は……今さら言うまでもなく「超・極上」。世界に名だたる“ROCK IN RIO”のマルチカメラ・プロショットですから、完全オフィシャル級で当たり前。実際のオフィシャル作品と比べると、ミックスに生放送らしい生々しさもありますが、それも欠点ではなく個性の次元。超巨大スクリーンの異様なスペクタクルも、“ROCK IN RIO”特有の広大な群衆の海を舐めまわすカメラワークも、完全無欠。文句の付けようもない鉄壁の映像です。その映像美で描かれるのは、日本公演の記憶も甦るフルショウ。ここで“サマーソニック2013”のセットリストと比較しながら整理してみましょう。 80年代(11曲)・KILL 'EM ALL:Hit The Lights/Seek & Destroy・RIDE THE LIGHTNING:For Whom The Bell Tolls/Creeping Death・MASTER OF PUPPETS:Master Of Puppets/Welcome Home (Sanitarium)/Battery ・...AND JUSTICE FOR ALL:Harvester Of Sorrow/...And Justice For All/One/Blackened 90年代以降(7曲)・BLACK ALBUM:Holier Than Thou/Wherever I May Roam(★)/Sad But True/Nothing Else Matters/Enter Sandman・RELOAD:The Memory Remains ・DEATH MAGNETIC:The Day That Never Comes ※注:「★」印は“サマーソニック2013”では演奏しなかった曲。……と、このようになっています。普通の場合「★」印がレアな注目曲となるのですが、今回の見方は逆。「★」印があるのは「Wherever I May Roam」だけ……つまり、それ以外の全曲が日本公演で演奏された曲なのです。最後の来日となった“サマーソニック2013”には東京(千葉)・大阪の2公演があり、セットも異なっていました。本作はその中間のようなショウであり、大阪だけだった「Harvester Of Sorrow」「...And Justice For All」「The Memory Remains」も、東京だけだった「Holier Than Thou(これはレア)」「The Day That Never Comes」も楽しめるのです。さらに記憶回路を刺激してくれるのがオープニング。「The Ecstasy Of Gold」をブチ破って「Hit The Lights」が炸裂し、「Master Of Puppets」「Holier Than Thou」と雪崩れ込んでいく冒頭の流れは、まさしく“サマーソニック東京”と完全一致。本当にあのショウの映像なんじゃないかと錯覚を起こすほどです。7年もの長きにわたって来日が実現していないMETALLICA。デビュー以降、これほどのブランクが空いたのは初めての事です。史上最大の乾きに苛まれている今だからこそ、猛烈に染みる超極上のマルチカメラ・プロショット。 Live at Cidade do Rock, Rio de Janeiro, Brazil 19th September 2013 PRO-SHOT (135:18) 1. The Ecstasy Of Gold 2. Hit The Lights 3. Master Of Puppets 4. Holier Than Thou 5. Harvester Of Sorrow 6. Guitar Solo 7. The Day That Never Comes 8. The Memory Remains 9. Wherever I May Roam 10. Bass Solo 11. Welcome Home (Sanitarium) 12. Sad But True 13. ...And Justice For All 14. One 15. For Whom The Bell Tolls 16. Blackened 17. Guitar Solo 18. Nothing Else Matters 19. Enter Sandman 20. Creeping Death 21. Battery 22. Seek & Destroy James Hetfield - Guitar, Vocal Lars Ulrich - Drums Kirk Hammett - Guitar Robert Trujillo - Bass PRO-SHOT COLOUR NTSC Approx.135min.

Metallica メタリカ/Brazil 2013

価格:

1,630円 (税込)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ