カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

Queen クィーン/ライヴ・エイド London,UK 1985 Stereo FM & Audience Recordings Matrix

『衝撃キニー・マスターと最高峰サウンドボード、そして両者が奇跡の相性を聴かせてくれるマトリクス……3種の至宝で描かれるCD『DEFINITIVE LIVE AID』。本作はCDの至高のサウンドを、公式プロショットにシンクロさせた映像作品です。そんな本作に収められているプロショットは2種。それぞれご紹介していきましょう。 【前半:最高峰サウンドボードをシンクロさせたプロショット】まず登場するのは、プロ記録の至高を極めたバージョン。お馴染みのマルチカメラ・プロショットに、最高峰FMサウンドボードをシンクロさせたものです。このステージは公式DVDとなっており、QUEENの出演パートはすべて収録されています。しかし、長年LIVE AIDを愛してきたマニアの検証によると、それがベストではない。画質は満点なのですが、問題は音声。マニア達はFM放送の方に軍配を挙げているのです。この映像は、そんなマルチカメラ・プロショットにFM放送をシンクロさせているわけです。同種のコンセプトは『LIVE AID』のDVDも楽しめましたが、本作は改めて制作し直したもの。大きなアップグレードではありませんが、テレビ音声だった冒頭部のコメディアンのシーンもFM音声になっています。その出来映えは、目や耳から鱗がポロポロと落ちる素晴らしさ。本編の解説でも触れましたが、公式DVDは歓声のスペクタクルは感じられるものの、演奏自体は平板でこぢんまりとしていました。しかし、本作ではFM放送の鮮やかなまでのステレオ感で奇跡のパフォーマンスを味わえるのです。さらに素晴らしいのは立体感。ステレオだからこそブライアン・メイのカッティングもシンセとぶつかる事なく綺麗に分離して聞こえ、観客とのかけ合いでもフレディの声に一層ド密着なのです。もちろん、夕方(18:41)からの本編ステージだけでなく、夜(21:48)にフレディとブライアンだけで再登場して演奏した「Is This The World We Created?」も収録しています。 【後半:新登場マトリクス・マスターによる衝撃映像】プロ記録の極みを追及した前半を遙かに、遙かに圧倒する本作の命がコチラ。CDにも収録されたマトリクス・マスターをシンクロさせた超絶バージョンです。これがもう、まったくの別物。あまりにも凄い。凄すぎる!冒頭「Bohemian Rhapsody」で沸き上がる大合唱から背筋ゾクゾク。何度も見返して脳裏に焼きついた映像なのですが、そのスケール感、現場感がまるで違う。画面がフレディのアップになっても大合唱が常に耳を捉え、猛烈な臨場感に鳥肌が止まらない。そして、映像の威力をまざまざと感じさせるのが続く「Radio Ga Ga」。サビで大観衆が手拍子するわけですが、目の前に掲げられた14万4000の掌が打ち合う音が聞こえる! 広大な両手の海がビートに合わせて蠢き、それが当たる瞬間の音がタイムラグなしに鳴る。このスペクタクルは、これまでのいかなる映像・ライヴアルバムでもあり得なかったもの。いかな最高峰FMサウンドボードでも観客の存在感は遠く、仮にオーディエンス音声をシンクロさせたとしてもフレディが遠かったでしょう。マトリクス・マスターだからこそ、大観衆とQUEENの存在感を同時かつ間近に感じられる。そして、そこにアングルも自在なプロショット映像まで加わる事でウェンブリー鍋のすべてが丸ごと脳みそに飛び込んでくるのです。2曲だけで長くなってしまいましたが、その後も衝撃が止まらない。互いの声をぶつけ合う「Day-O」の巨大さ、フレディがテレビカメラと戯れる「Hammer To Fall」で沸き上がるどよめき。キニーのオーディエンス録音でも聴きどころだったシーンの数々が、何倍もスケールアップした光景となって目の前に現れる。そして、再び14万4000の掌がリズム隊と化す「Crazy Little Thing Called Love」。この曲では他の曲よりやや唱和が小さいのですが、それを察した瞬間にフレディが即座にリードを取る。そのタイミングの絶妙なこと。このフレディの天才的なカンの良さも、光景のないオーディエンス録音では伝わりきれなかったですし、観客の息吹が遠い放送プロショットでは分かりませんでした。さらに続く「We Will Rock You」では、冒頭で盛り上がりすぎた観客のリズムが狂いまくるシーンが登場。その真実はすでにオーディエンス録音でも分かっていましたが、その混沌とした手拍子を聴きながらフレディがゆっくりとステージ中央へ歩いて行き、観客を見回すように歌い出すとビシッと揃う……。なんて、なんてカッコイイ! そして迎える奇跡の中の奇跡、「We Are The Champions」。あまりにも広大な大合唱の海と、すべてを掌握するサウンドボードの歌声が混じり合い、溶け合う。その万単位のハーモニーに合わせ、眼前の大群衆が海原となって揺れ動く……。最高峰FMサウンドボードとキニー・オーディエンスの融合が生み出す美の「Is This The World We Created?」で幕を閉じる本作。マトリクスだけでも奇跡の相性でしたが、まさかプロショット映像までも昇華させるとは。映画『ボヘミアン・ラプソディ』の再現シーンも最新CGを駆使してスペクタクルを強化していましたが、本作はそれに匹敵する。しかも、素材のすべてが本物であり「現実」。圧倒的なリアリティで巨額ハリウッド級のスペクタクルを実現させているのです。本作自体が驚愕の映像作品。マスターが秘めていた可能性を限界まで追求したプロショット。 Live at Wembley Stadium,London,UK 13th July 1985[PRO-SHOT][Colour NTSC Approx.53min.] [Stereo FM Broadcast Audio]1. Griff Rhys-Jones & Mel Smith Introduction 2. Bohemian Rhapsody 3. Radio Ga Ga 4. Day-O 5. Hammer To Fall 6. Crazy Little Thing Called Love 7. We Will Rock You 8. We Are The Champions Freddie Mercury & Brian May 9. Is This The World We Created ? [Matrix : Audience Recording & FM Broadcast Recording] 10. Griff Rhys-Jones & Mel Smith Introduction 11. Bohemian Rhapsody 12. Radio Ga Ga 13. Day-O 14. Hammer To Fall 15. Crazy Little Thing Called Love 16. We Will Rock You 17. We Are The Champions Freddie Mercury & Brian May 18. Is This The World We Created ? TOTAL TIME (52:42)

Queen クィーン/ライヴ・エイド London,UK 1985 Stereo FM & Audience Recordings Matrix

価格:

1,630円 (税込)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ