カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

Band,The ザ・バンド/NY,USA 1968

1968年1月、ニューヨークはA&Rスタジオで行われたザ・バンドのファーストアルバム「MUSIC FROM BIG PINK」のレコーディング・セッションから「We Can Talk」がレコーディングされる模様を収録した驚きの音源です。いかにもスタジオからリークしたのだと思わせるような、ちょっと荒めな状態ではありますが、それでもしっかりステレオにて収録されている点はさすが。この頃のザ・バンドはほとんどスタジオ・ライブな状態でセッションを行っており、既に初期のテイクから高い完成度の演奏を披露しています。ところがこのアルバムでプロデュースを担当したジョン・サイモンはアルバムに収めるにふさわしいテイクを生み出すべく、厳しい指示を与えながらセッションを進行させています。中でもテイク5以降のダメ出しは本当にシビア。イントロだけで止めさせるのは当たり前、さらには「演奏がかったるいぞ!」といった具合に厳しくアドバイスする様は正に迫真のドキュメント。ありそうでなかったザ・バンドのレコーディング風景を封じ込めた貴重音源のアイテムです! A&R Studios, New York City, USA 10th January 1968 STEREO SBD (24:57) 1. Take 1 (instrumental) 2. Take 2 (false start) 3. Take 3 4. Take 4 (false start) 5. Take 5 6. Take 6 7. Take 7 (false start) 8. Take 8 9. Take 9 (false start) 10. Take 10 11. Take 11 (false start) 12. Take 12 13. Alternate Master Take  Robbie Robertson - Acoustic and Electric Guitars & Vocals Rick Danko - Bass & Vocals Levon Helm - Drums, Mandolin & Vocals Garth Hudson - Organ & Saxophone Richard Manuel - Piano, Drums & Vocals SOUNDBOARD RECORDING

Band,The ザ・バンド/NY,USA 1968

価格:

1,343円 (税込)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ