カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

Rolling Stones ローリング・ストーンズ/NY,USA 10.29.1989

1989年に復活したストーンズは8月の終わりからアメリカ・ツアーを敢行、そのハイライトの一つが今は亡き伝説のシェイ・スタジアムでの6公演でした。しかもそのスケジュールが面白く、同会場でまず二日連続で行ったところで一旦西海岸へ向かい、LAのメモリアル・コロシアムで三回の公演を行ってから再び東海岸に戻ってシェイ・スタジアムで残りのライブを行うというものでした。その中からエリック・クラプトンが飛び入りした10月10日のシェイ初日公演が以前「SHEA STADIUM 1989」というタイトルでリリースされて速攻でSold Outしています。それ以来となる89年シェイ・スタジアムのライブを収録したタイトルのリリースが実現しますが、今回は最終日となった10月29日の公演をトレーダー間にも出回ったことがない独自入手のオーディエンス録音にて収録しています。今回の音源ですが、単純に音像のオンな度合いやクリアネスという点では「SHEA STADIUM 1989」に軍配が上がるでしょう。ところがこちらの音源の音質も非常に魅力的なのです。演奏を程よい距離感とバランスで捉えた音質は正に理想的な録音状態であり、さらには大人しくアナログチックな質感がもたらす耳触りの良さは絶品。オンな音圧の迫力が感じられた反面、時としてざらついた質感を感じさせた「SHEA STADIUM 1989」と比べるとアナログ本来のナチュラルで丸みを帯びたマイルドな音質が病みつきになってしまうかもしれません。聴き心地抜群な音質で聴くシェイ・スタジアム最終日ですが、これが盛り上がりと演奏内容共に絶品です!ストーンズがいつも気合の入った演奏を披露する大都市、ニューヨーク。そこにあるシェイ・スタジアム(ビートルズで有名な会場ですが、ストーンズが使用するのはこの時が最初で最後でした)での最終公演はライブ開始直後から凄まじい盛り上がりぶり。録音者の近辺には女性のファンがいたようですが、ライブ前半では彼女たちによる文字通りの黄色い歓声がちょっと目立ちます。ところが彼女たちの盛り上がり方というのがちょっと面白く、代表曲が立て続けに演奏されることを喜ぶだけでなく、89年アメリカ・ツアーを代表するアコースティック・ナンバー「Play With Fire」も始まると大喜びして歌い出す始末。当時このツアーを観に行った方なども同曲が意外なほど盛り上がりをみせていたと証言していましたが、それが実証されるような場面はこのツアーがリアルタイムな方であればニヤリとさせられてしまうことでしょう。それに同じニューヨークでも75年の「サティスファクション・ガールズ」のしつこい絶叫と比べたら可愛いもの(笑)。さらに言えば序盤で二回も上空を旅客機が通過する音が聴こえます。何とも野外スタジアムらしい場面ですね。そんな最終日ならではの盛り上がりはもちろんですが、それだけに気合の入りまくったミック文字通りの熱唱も素晴らしいものがあります。もうオープニングの「Start Me Up」からしていつも以上の熱唱が凄まじい!終盤の力の入った歌いっぷりなどは流石ニューヨーク、しかも最終日ならでは。しかしオープニングでこれほどの好調ぶりを誇示するミックです、その後もアッパーな調子で歌い続けてくれます。思えばこの時のミックはまだ40代半ば、そして持ち前の節制によってここまで全開な歌を聞かせてくれたのですね。今回付属する当日の映像を見てもミック絶好調な様子は垣間見られますが、その熱唱はあのアトランティック・シティの完成度の高さとはまた違った魅力が溢れています。ただでさえレベルが高いこの日のミックのパフォーマンスですが、終盤でまたアッパーな高みに登り詰めるのが「Sympathy For The Devil」です。いったい何なんでしょうか、このハイパー・シャウト。あの名演東京ドームの「Satisfaction」と並び称されてもおかしくないほどの熱唱、89年にもこんな壮絶な場面があったことを再確認してください。当店が以前リリースしたDVD『DALLAS 1989 2nd NIGHT』がキースの日だとすれば、この日は正にミックの日だと断言いたします!そして意外なほどキースとロニーのギターがオンでしかも生々しく聴こえる点もじっくりと味わってください。アメリカ・ツアー前半によく演奏された「Dead Flowers」でロニーが弾いたソロ、あるいは「Brown Sugar」のキースの音などはどちらも本当に生々しく、それでいて後者からはエイティーズっぽい音質まで感じられるほどです。かくいうキースは「Happy」のイントロをやり直すという楽しいハプニングも登場しますし、「Can’t Be Seen」のアップテンポな演奏は今年復活した演奏と比べてここでも若々しさを痛感させられると思います。 Live at Shea Stadium, New York City, NY. USA 29th October 1989 PERFECT SOUND(from Original Masters) Disc 1 (75:56) 1. Continental Drift 2. Start Me Up 3. Bitch 4. Sad Sad Sad 5. Undercover Of The Night 6. Harlem Shuffle 7. Tumbling Dice 8. Miss You 9. Ruby Tuesday 10. Play With Fire 11. Dead Flowers 12. Rock And A Hard Place 13. Mixed Emotions 14. Honky Tonk Women 15. Midnight Rambler Disc 2 (77:01) 1. You Can't Always Get What You Want 2. Can't Be Seen 3. Happy 4. Paint It Black 5. 2000 Light Years From Home 6. Sympathy For The Devil 7. Gimme Shelter 8. Band Introductions 9. It's Only Rock 'n Roll 10. Brown Sugar 11. Satisfaction 12. Jumping Jack Flash 13. Outro (Carmen)

Rolling Stones ローリング・ストーンズ/NY,USA 10.29.1989

価格:

1,598円 (税込)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ