カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

Queen,Adam Lambert クィーン アダム・ランバート/Aichi,Japan 2020

暖冬の列島を熱狂で燃え上がらせたQUEEN+アダム・ランパートの“THE RHAPSODY TOUR”来日公演。その最後の夜をフル体験できる傑作オリジナル録音が登場です。そんな本作に収められているのは「2020年1月30日:ナゴヤドーム」公演。その美麗オーディエンス録音です。関東公演の『SAITAMA SUPER ARENA 2020 1ST NIGHT』『同 2ND NIGHT』に加え、西日本2公演も一気に登場。全公演のライヴアルバムが出揃いました。リリース・ラッシュ真っ盛りでもありますので間違いのないよう、ここでも日程で整理していきましょう。・1月25日『SAITAMA SUPER ARENA 2020 1ST NIGHT』 ・1月26日『SAITAMA SUPER ARENA 2020 2ND NIGHT』・1月28日『OSAKA DOME 2020』・1月30日:ナゴヤドーム ←★本作★ ※注:各日とも代表ライヴアルバムのみ。 以上、全4公演。全盛期が戻ってきたとも言われる大盛況のショウがすべてライヴアルバムとなりました。そんな中で本作の名古屋公演は最後の夜。本番からまだ一週間も経っていない最新レコーディングです。そんな本作は、クオリティも素晴らしい。録音家本人から直接譲られた本作だけのオリジナル・マスターなのですが、この人物がただ者ではない。これまでも幾多の名作を手掛けており、最近ではヒューイ・ルイスやマライア・キャリー、ジャネット・ジャクソン等の最新録音でお馴染み。特にセリーヌ・ディオンやテイラー・スウィフト/チャーリーXCXでは東京ドームにも関わらず素晴らしいサウンドで捉え、「本当にドーム!?」と大好評を賜りました。本作は、そんな名手の最新作でもあるわけです。それだけに、本作のサウンドもドーム離れしている。何と言っても素晴らしいのは透き通ったクリアさとダイレクト感のある力強い芯。ド真ん中のスタンド席から録音されているためにスネアの音色などに客らしさはあるものの、かと言ってそれが遠さにならないから凄い。ステージとマイクの間に遮るものが何もないのがよく分かり、PAの出音がレーザー光線のように真っ直ぐ届く。その芯から立ち上る鳴りも絶品で、芯をリッチに彩りつつ、細やかなディテールを一切隠さない。特に圧倒的なのが高音の伸び。アダムのハイノートがどこまでも気持ちよく伸び、その細かなヴィヴラートの幅も揺れも鮮明。その上で響き渡るスペクタクルが上乗せされ、荘厳ですらあるのです。歌い上げは勿論、さらに素晴らしいのが「Killer Queen」前半のように柔らかな歌唱。そのたっぷりとした響きや役者のように変幻自在な声色の機微だけでなく、その業が会場を支配していくもさえしっかりと分かる。この美しさは、サウンドボードや公式作では決して味わえないもの。絶品オーディエンス録音だからこその美の世界なのです。そんなサウンドで描かれるのは、QUEEN+アダムとしては初のなる名古屋のフルショウ。実のところ、今回の来日では埼玉初日で「I Was Born To Love You」の位置が違うものの、演奏された曲自体はすべて同じ。ここでは少し趣向を変え、歴代の名古屋公演を踏まえた上でセットを整理してみましょう。 前回の名古屋(2005年のQUEEN+ポール)でも演奏した曲・Hammer to Fall/I'm in Love With My Car/I Want It All/Love of My Life/'39/Crazy Little Thing Called Love/I Want to Break Free/Tie Your Mother Down/The Show Must Go On/Radio Ga Ga/Bohemian Rhapsody/ We Will Rock You/We Are the Champions・日本限定曲:Teo Torriatte (Let Us Cling Together)/I Was Born to Love You 名古屋ではQUEEN以来となる曲・1985年以来:Now I'm Here/Seven Seas of Rhye/Keep Yourself Alive/Killer Queen/Somebody to Love/Another One Bites the Dust /Under Pressure/Dragon Attack・1979年以来:Don't Stop Me Now/Bicycle Race・1976年以来:In the Lap of the Gods... Revisited/Doing All Right 名古屋初披露の曲・Who Wants to Live Forever ……と、このようになっています。前回の名古屋講演は2005年のQUEEN+ポール・ロジャース。その前はフレディ存命中最後の“THE WORKS TOUR”でした。大半はQUEEN+ポールの時にも演奏されましたが、今回はメンバーのソロ等は一切なし。ひたすらQUEENの名曲で埋め尽くされ、70年代/80年代以来となる名曲もたっぷり。『A KIND OF MAGIC』の「Who Wants to Live Forever」はポール時代にも演奏しなかったため、今回が名古屋での初演となりました。そんな歓喜をリアルに共感できる臨場感も素晴らしい。本作はスタンド席録音だけあってアリーナの熱狂がさざ波となって演奏を下から炙り、加熱させていくのがよく分かる。アダムがステージを闊歩する度にさざ波が右に左に伝わり、花道に出れば波が寄せては返す。そして、その熱気はスタンド席にも波及しており、間近な喝采は粒が大きく、遠くの喝采は小さな粒……と、ナゴヤドームの空間を立体的に感じ取れるのです。映画『ボヘミアン・ラプソディ』の成功もあって、三度目にして東名阪のスタジアム公演まで実現したQUEEN+アダムの来日公演。再び大全盛を迎えたジャパン・ツアーの最後を締めくくるフルショウを美麗サウンドでフル体験できるライヴアルバムです。記念すべきツアーをコンプリートするのに必須なだけでなく、本作自体が美しくもグロリアスな音楽作品でもある。 Live at Nagoya Dome, Nagoya, Japan 30th January 2020 TRULY PERFECT SOUND(from Original Masters) Disc 1 (64:56) 1. Intro 2. Innuendo 3. Now I'm Here 4. Seven Seas of Rhye 5. Keep Yourself Alive 6. Hammer to Fall 7. Killer Queen 8. Don't Stop Me Now 9. Somebody to Love 10. In the Lap of the Gods... Revisited 11. I'm in Love With My Car 12. Bicycle Race  13. Another One Bites the Dust 14. I Want It All 15. Brian MC 16. Teo Torriatte 17. Love of My Life 18. '39 19. Doing All Right Disc 2 (75:30) 1. Crazy Little Thing Called Love 2. Under Pressure 3. Band Introductions 4. Dragon Attack 5. I Was Born To Love You 6. I Want to Break Free 7. You Take My Breath Away 8. Who Wants to Live Forever 9. Guitar Solo 10. Tie Your Mother Down 11. The Show Must Go On 12. Radio Ga Ga 13. Bohemian Rhapsody 14. Ay Oh 15. We Will Rock You 16. We Are the Champions 17. God Save The Queen

Queen,Adam Lambert クィーン アダム・ランバート/Aichi,Japan 2020

価格:

1,940円 (税込)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ