カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 
HOME > DVD > Jazz

Al di Meola Project アル・ディ・メオラ/NY,USA 1992 Japanese LD Ver.

ギタリストの中のギタリスト、アル・ディ・メオラ。その忘れられし幻の名作オフィシャル映像が史上最高峰クオリティで登場です。その映像作とは、1992年に公式リリースされた『PALLADIUM 1992』。熱心なコレクターの方なら、以前ご紹介したタイトルをご記憶かも知れませんが、本作はそれとは別物。海外マニアが現存する2つのマスターを組み合わせてDVD化していましたが、本作は最高峰クオリティとして知られるレーザーディスクから一気貫通でDVD化されたもの。艶やかな究極の映像美が終始揺るがぬ決定盤なのです。ご存じの方も忘れてくださって構いません。イチからご説明していきましょうこの映像が撮影されたのは、1992年のニューヨーク。伝統の名会場“パラディウム”でのショウを収録した公式マルチカメラ・プロショットです。当時、“AL DI MEOLA PROJECT”名義の公式作品としてVHS/レーザーディスクでリリースされたのですが、すぐに廃盤。現在に至るまでDVD化されることもなく、26年に渡って眠ってきたオフィシャルの名作なのです。しかも、プレス数が少なかったのか、レーザーディスクでさえミント・クオリティは難しいと言われていた幻中の幻作品。そのため、ギフト盤では2つの極上マスターを駆使して復刻していたのですが、その後にアメリカ盤レーザーディスクのミント盤が発掘(この作品の日本盤レーザーディスクは制作されませんでした)。この度めでたく究極クオリティでの復刻が実現したのです。その映像美は、まさに最高峰。90年代のオフィシャル撮影ですから公式級なのは当たり前ですが、それを残し得たレーザーディスクの精度が素晴らしい。そもそもVHSよりも解像度が高いわけですが、さらにテープでは避けがたい走行ムラや白線ノイズとも無縁。しかも、テープよりも圧倒的に保存力が高い。これは対VHSの話だけではありません。最近では、オフィシャルがアナログ映像を復刻しようとしても、マスター・テープの劣化が進んでいることも珍しくない。結局、大元マスターより当時リリースされたレーザーディスクの方が美しく、そこから公式DVD化するケースもあるのです。もちろん、これは本作と直接関係ない話なのですが、本作の映像美はその一般論を思い起こさせる。プロショット映像も超極上のステレオ・サウンドボード音声もチリ1つなく、アル・ディ・メオラを含むアンサンブルの妙技が細部まで超鮮明に堪能できるのです。そんなクオリティで描かれるショウこそが極めて素晴らしい。一言で言ってしまえば『KISS MY AXE』+『WORLD SINFONIA』。もちろん、アコースティックの『WORLD SINFONIA』とエレクトリックの『KISS MY AXE』ではまるで世界が異なり、本作の軸となっているのは『KISS MY AXE』の方。そもそもバンドが『KISS MY AXE』をベースにしており、アルバムにも参加したバリー・マイルス、レイチェル・Z、トニー・シャー、リッチー・モラレス、ガンビ・オーティスが顔を揃えている。それはセットにしても同じでして、演奏される7曲のうち6曲までが『KISS MY AXE』の収録曲。あの名作の本生版として楽しめるのです。それだけ『KISS MY AXE』カラーが濃厚な中で、唯一異彩を放っているのが中盤に配されたアコースティック・セクションの「Tango Suite」。もちろん『WORLD SINFONIA』のナンバーですが、これがたかが1曲ではありつつ、されど1曲。実はこれが約16分にも及ぶ熱演でして、『WORLD SINFONIA』でもパートナーを務めたクリス・キャリントンとの妙技がたっぷりと味わえるのです。1991年にアコースティックの『WORLD SINFONIA』とエレキの『KISS MY AXE』を立て続けに発表したアル・ディ・メオラ。その名盤2作の世界をステージに持ち込んだオフィシャルの映像傑作です。16年の刻が過ぎ、今や公式再発も望めない映像ではありますが、その芳醇な音楽世界を史上最高峰のレーザーディスクから精緻にDVD化した1枚。 Live at the Palladium, New York, USA 1992 PRO-SHOT Taken from the original US laser disc(PA-92-497) 1. Intro 2. Studio 3. Kiss My Axe 4. One Night Last June 5. Phantom 6. Tango Suite 7. The Embrace 8. Southbound Traveler Al Di Meola (Guitars) Barry Miles (Keyboards) Richie Morales (Drums) Rachel Z (Keyboards) Gumbi Ortiz (Congas, Percussion) Tony Scherr (Bass) Chris Carrington (Guitar) PRO-SHOT COLOUR NTSC Approx.56min.

Al di Meola Project アル・ディ・メオラ/NY,USA 1992 Japanese LD Ver.

価格:

1,552円 (税込)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ