カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

Sheryl Crow シェリル・クロウ/London,UK 1996 Japanese Laser Disc Edition

『TUESDAY NIGHT MUSIC CLUB』『SHERYL CROW』で天文学的成功を収め、時代の寵児となっていた1996年のシェリル・クロウ。当時の恋人であったエリック・クラプトンも登場する廃盤オフィシャル映像がリリース決定です。そんな本作の正体は『LIVE FROM LONDON』。「1996年11月19日シェパーズ・ブッシュ・エンパイア公演」で撮影されたマルチカメラ・プロショットです。当時は2ndアルバム『SHERYL CROW』に伴うワールドツアーの真っ最中で、大規模なジャパンツアーが実現した事でも思い出深い。まずは、当時のスケジュールを振り返り、ショウのポジションを確かめてみましょう。 1996年・9月12日-24日:北米#1a(4公演)《9月24日『SHERYL CROW』発売》・10月1日-25日:北米#1b(9公演)・10月31日-11月29日:欧州#1(21公演)←★ココ★・12月1日-16日:北米#2(6公演)●1997年・1月27日-4月12日:北米#3(55公演)・5月4日-29日:豪州/アジア(17公演) ・6月13日-7月13日:欧州#2(24公演)・7月17日-12月1日:北米#4(61公演)・12月4日-12日:英国(8公演)・12月16日-19日:北米#5(3公演)これが『SHERYL CROW』時代のワールドツアー。1996年の上半期にもショウはありましたが、毎日ステージと移動を繰り返す“ツアー”はアルバム発売を目前にした9月からでした。もちろん主戦場は北米なわけですが、欧州ツアーも二度ほど行われており、本作のロンドン公演は前半。「欧州#1」の16公演目にあたるコンサートでした。伝統会場“シェパーズ・ブッシュ・エンパイア”で行われたショウは公式に撮影されて『LIVE FROM LONDON』として作品化。全盛期のステージを楽しめる映像作として広く愛されました。2005年には公式DVD化も果たしたわけですが、現在はそれも廃盤となっています。本作は、そんな公式DVDのコピーではない。1997年のオリジナル・リリースで世界最高峰と呼ばれ、日本語字幕も完備された日本盤レーザーディスクから精緻に復刻したものです。ただし、DVD版と大きく内容が異なるわけでもなく、「そういえばDVDに買い直してない」といった方か「もうデッキがないけど、LD版を確認したい」というマニア向けかも知れません。ともあれ、完全オフィシャル級の映像美で描かれるのは、今をときめく全盛のシェリル。何しろ、当時の彼女は34歳で女声シンガーとして脂が乗った一番美味しい時期。しかも、セットは全世界を魅了していた『TUESDAY NIGHT MUSIC CLUB』『SHERYL CROW』の濃縮還元なのです。ここでセットを整理し、その“濃さ”を実感していただきましょう。TUESDAY NIGHT MUSIC CLUB(5曲)・Leaving Las Vegas/Run, Baby, Run/Can't Cry Anymore/ Strong Enough/ All I Wanna Do SHERYL CROW(9曲)・Hard to Make a Stand/Everyday Is a Winding Road/A Change Would Do You Good/If It Makes You Happy/Sweet Rosalyn/Redemption Day/Maybe Angels/Superstar/Ordinary Morning(★)SONGS IN THE KEY OF X(1曲) ・On The Outside ※注:「★」印ではエリック・クラプトンがゲスト参加。……と、このようになっています。『TUESDAY NIGHT MUSIC CLUB』は必殺の5曲に絞り込み、『SHERYL CROW』からは全13曲中9曲を大盤振る舞い。当然「Everyday Is a Winding Road」や「If It Makes You Happy」も取り上げているわけですが、同時に「Superstar」「Ordinary Morning」といった当時ならではの激レア曲も披露してくれます。「On The Outside」のみアルバム未収録ですが、これは大ヒット・ドラマ『X-ファイル』に提供されたサントラ曲です。そして、その「Ordinary Morning」こそが本作最大の見どころ。ここでは当時シェリルと交際してたエリック・クラプトンがゲスト参加。主役はあくまでシェリルでスポットライトは少なめなのですが、その演奏の存在感は絶大。あの甘みのある独特なトーンが胸の奥深くに染み渡り、魂を掻き立てる。シェリルの熱いヴォーカリゼーションと語り合うような呼吸感も素晴らしく、その後に燃え上がるソロも本気モード。単なる客寄せ共演とは次元の違う、正真正銘のハイライトです。音楽シーンの最先端に立ち、90年代という時代そのものの象徴となっていたシェリル・クロウ。そんな大全盛の熱演だけでなく、センスと感情の両面でパートナーだったエリック・クラプトンとの共演も楽しめる。シェリルの全映像でも屈指の大名作を日本盤レーザーディスクから復刻した1枚です。 Live at Shepherd's Bush Empire, London, UK 18th November 1996 PRO-SHOT 1. Intro 2. Hard To Make A Stand 3. Everyday Is A Winding Road 4. Leaving Las Vegas 5. A Change Would Do You Good 6. Run, Baby, Run 7. If It Makes You Happy 8. Sweet Rosalyn 9. Redemption Day 10. Can't Cry Anymore 11. Strong Enough 12. Maybe Angels 13. All I Wanna Do 14. Superstar 15. Ordinary Morning (with Eric Clapton) 16. On The Outside 17. End Credit PRO-SHOT COLOUR NTSC Approx.89min.

Sheryl Crow シェリル・クロウ/London,UK 1996 Japanese Laser Disc Edition

価格:

1,386円 (税込)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ