カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

Rolling Stones ローリング・ストーンズ/Belgium 2022 Mluti-Cam New Edition

恒例となっている60周年ツアー“Sixty”のマルチカメラ映像シリーズ。その最新弾がリリース決定です。本作は2本同時リリースの第二弾。「2022年7月11日ブリュッセル公演」のオーディエンス・ショットです。すでに“Sixty”は折り返しを過ぎており、本作のブリュッセル公演も全14公演中の8公演目。当店ではオーディエンス・ショットでツアーをリアルタイム・レポートしており、ここまでの8公演もすべてマルチカメラ映像でリリースされています。まずは、現在進行中のツアーの現状と映像コレクションを振り返ってみましょう。・6月1日『MADRID 2022: MULTICAM』・6月5日『MUNICH 2022: MULTICAM』・6月9日『LIVERPOOL 2022: MULTICAM』《ミックの新型コロナ感染》・6月21日『MILAN 2022: MULTICAM』・6月25日『HYDE PARK 2022 MULTICAM NEW EDITIONM』・7月3日『HYDE PARK 2022 MULTICAM NEW EDITIONM』・7月7日『AMSTERDAM 2022: MULTICAM』・7月11日:ブリュッセル公演 ←★本作★・7月15日:ウィーン公演 >>今ココ<<・7月19日ー8月3日(5公演)これが現時点での“Sixty”。マルチカメラ映像は制作に時間がかかるものですが、もうブリュッセル公演が登場したわけです。また、ハイドパークまでの6公演は2つのビッグ・セット『EUROPE 2022 VOLUME 1: MULTICAM』『同 VOLUME 2』として通常リリースもしております。さて、そんな8公演目をフル体験させてくれる本作は、久々に現場の熱気を感じられるマルチカメラ映像。このところのマルチカメラ・シリーズはクオリティ・アップが著しく、特にツアーが再開された辺りからはプロショットと見紛うスーパー接写の連発でした。本作もド迫力のアップが多用されてはいますが、同時にステージ付近の観客の熱狂が伝わるワイルドな視点も採用されている。ぶっちゃけた話が手ブレのあるアングルなのですが、もちろんマルチカメラ編集ですから見にくかったら採用はされていないはず。しっかりと極上アングルで浸りつつ、グイッとショウが動き出す雰囲気も感じさせてくれるのです。その一方で、完成を急いだ影響が見えてしまうのが曲間。演奏シーンはほぼほぼ問題ないのですが、曲間では映像が足りず、静止画で繋ぐパートが何ヶ所かあります。また、そんな光景以上とも言えるのが音声。本作は1本の極上録音に映像を当てはめているタイプでして、生演奏へ没入感は比類ない。しかも、その芯は極太で距離感がなく、野外会場ではスカスカになりがちなベースもゴリゴリと1音1音が力強い。編集技やアングル1つひとつのクオリティでは最高傑作とはなり得ませんが、開き直って「マルチ映像付きのライヴアルバム」と考えると一気にシリーズ屈指の強力作になるのです。そんな映像美で描かれるのは、正道と変化球を両立したフルショウ。その意味をご説明するためにも、ここでセットを整理しておきましょう。固定曲(11曲)・Tumbling Dice/You Can't Always Get What You Want/Honky Tonk Women/Miss You/Midnight Rambler/Paint It Black/Start Me Up/Gimme Shelter/Jumping Jack Flash/Sympathy For The Devil/(I Can't Get No) Satisfaction 日替わり曲(8曲)・Street Fighting Man/19th Nervous Breakdown/Bitch(★)/Out Of Time/Beast of Burden/Living In A Ghost Town・キース・コーナー:Slipping Away/Connection ※注:上記はウィーン公演(7/15)までのデータで構成。「★」印は2022年の初登場曲。……と、このようになっています。上記は9公演分のデータで「固定曲」「日替わり曲」を分けているわけですが、その中でもほとんどのショウで演奏されている「準固定」とでも言えそうな「Street Fighting Man」「19th Nervous Breakdown」「Out Of Time」「Living In A Ghost Town」が全部揃い、キース・コーナーも一番頻度の高い2曲「Slipping Away」「Connection」をセレクト。その意味では、もっともオーソドックスな「軸」をキッチリ押さえたショウなのです。その一方で、変化球なのが「Bitch」と「Beast of Burden」。後者は初日マドリード以来の復活ですし、前者はブリュッセルがツアー・デビュー。どちらも最近は年に数回演奏するかどうかといった頻度であり、それが2曲並ぶからこそ鉄板揃いなセットに強力なアクセントとなっているわけです。映像面で編集技の進化を見せつける『AMSTERDAM 2022 MULTICAM』と、一貫録音の没入感で酔わせてくれる本作。個性の異なる最新映像2作の同時リリースです。60周年ツアーの8公演目をフル体験できるオーディエンス映像がリリース。進化した編集技もさることながら、極上の通し録音を活用しているからこその没入感が素晴らしいシリーズ最新作です。King Baudouin Stadium, Brussels, Belgium 11th July 2022 AMAZING SHOTS!!!(129:18) 1. Intro/Charlie Watts tribute 2. Street Fighting Man 3. 19th Nervous Breakdown 4. Tumbling Dice 5. Bitch 6. Out Of Time 7. Beast Of Burden (vote song) 8. You Can't Always Get What You Want 9. Living In A Ghost Town 10. Honky Tonk Women 11. Band introductions 12. Slipping Away 13. Connection 14. Miss You 15. Midnight Rambler 16. Paint It Black 17. Start Me Up 18. Gimme Shelter 19. Jumping Jack Flash 20. Sympathy For The Devil 21. Satisfaction COLOUR NTSC Approx.129min.

Rolling Stones ローリング・ストーンズ/Belgium 2022 Mluti-Cam New Edition

価格:

1,386円 (税込)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ