カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

David Bowie デヴィッド・ボウイ/Tokyo,Japan 3.8.2004 Complete Jewel Version

デヴィッド・ボウイ生前最後の来日公演となってしまった“A REALITY Japan Tour”。その現場を目撃できる極上映像がリリース決定です。そんな本作が撮影されたのは「2004年3月8日:日本武道館」公演。その一部始終を真空パックしたオーディエンス・ショットです。ボウイ最後の来日は全3公演。似たタイトルの『BUDOKAN 2004 2ND NIGHT: THE VIDEO』も同時リリースとなりますので、まずはスケジュールに照らしてそれぞれの位置関係を確認してみましょう。・3月8日:日本武道館 ←★本作★・3月9日『BUDOKAN 2004 2ND NIGHT: THE VIDEO』・3月11日:大阪城ホール 以上の全3公演。本作は日本武道館2DAYSの1日目というだけでなく、ジャパン・ツアー自体の初日でもありました。そんな現場を伝える本作は、胸に迫る素晴らしさ。ステージ正面から捉えたオーディエンス・ショットなのですが、2階席(武道館だから1階と呼ぶべきでしょうか)の最前列だったのか、ステージとカメラの間に遮蔽物はゼロ。何物にも邪魔されず、ボウイを直視できるアングルです。さらに素晴らしいのは、カメラワーク。果敢にズームでボウイに迫るのですが、ウェストアップが画面いっぱいに広がるほど攻めても手ブレがほとんどない。よほど手練れの撮影者だったらしく、ステージを歩き回るボウイを綺麗に収めきりつつ、安定感バツグンに見つめ続けられる。正直なところ、あまりにズームが多いためにショウ全体の演出が分かりづらくもあるのですが、それはオフィシャル映像『A REALITY TOUR』に任せれば済むこと。ライヴの意義を考えれば、延々とボウイの姿を追う映像が悪かろうハズがありません。さらに、遮蔽物ゼロの光景に相応しいサウンドも素晴らしい。さすがに極端に鮮明な2CDには及びませんが、真っ直ぐに届く歌声はそのまま胸に突き刺さるよう。歓声もやたら少なく、ボウイの歌声と表情ばかりが脳裏に飛び込んでくる。ズーム多用の画面と相まって、ボウイが自分のために歌いかけてくれるような錯覚にすら陥る。曲間になって沸き上がる大喝采に「あ、そういえば」と、我に返るほど「ボウイと自分」の世界に浸れてしまうのです。そんな映像美で描かれる日本武道館:初日こそが素晴らしい。正直なところ、演奏曲は2日目や大阪よりも少ないのですが、その分、引き締まった演奏は終始タイトで濃縮感満点。その上、この日にしか演奏していない「Never Get Old」「Life On Mars?」「Days」も聴けるのです。オフィシャル映像『A REALITY TOUR』でも聴けない「Days」も嬉しいのですが、やはり一番染みるのは「Life On Mars?」。海外では大合唱となる大名曲ですが、武道館の観客たちは大いにどよくめき、惜しみない喝采を贈るのの、その歌声を噛みしめるように聴き入っている。日本人としては、その静けさの中に大きな感動を感じ取れるのですが、ボウイ自身はウケなかったと思ったのか、翌日からセット落ち。結果として日本最後の「Life On Mars?」となってしまったメモリアルなシーンが目撃できるのです。また、歌わない観客とのすれ違いは面白いシーンも生み出しています。それは「China Girl」。曲の冒頭でボウイがマイクを向けて誘うのですが、観客はボウイの歌声を待つばかりで歌わない。ボウイはバンドに演奏を中止させ、始めからやり直すのです。ボウイとしては“東洋のラヴソング”との想いがあったのかも知れませんが、観客側に中国少女への親近感がなかった。そのすれ違いをサッと感じ取ってやり直す辺りのベテランぶりも面白いシーンです(翌日からは最初から普通に歌い出すようになりました)。観客に唱和を誘う際の「はい、どうぞ」とサインを送る姿、「酷い、最悪だ!」と悪態を付きつつ、その表情は満面の笑顔。音声だけのオーディエンス録音ですとちょっと冷やっとするシーンですが、現場ではその逆に微笑ましいムードだったことがダイレクトに感じられるのです。その「China Girl」も公式映像『A REALITY TOUR』にはない曲でしたが、他にも「Looking For Water」「Quicksand」「Sound And Vision」「A New Career In A New Town」等々、オフィシャルでは味わえない曲をたっぷりと味わえます。 最後のジャパン・ツアーに臨んだ2004年のボウイ。その姿に対面できる傑作映像です。1つの音楽映像として傑作なだけでなく、私たち日本人にとってあまりにもメモリアルな1枚。生前最後の来日公演をフル体験できる映像傑作がリリース。公式映像『A REALITY TOUR』にないレパートリーもたっぷりで、観客が歌わずにやり直しになる「China Girl」も現場体験できます。Live at Budokan, Tokyo, Japan 8th March 2004 AMAZING SHOT!!!(123:44)1. Rebel Rebel 2. New Killer Star 3. Fame 4. Cactus 5. All The Young Dudes 6. China Girl 7. Never Get Old 8. The Loneliest Guy 9. The Man Who Sold The World 10. Hallo Spaceboy 11. Sunday 12. Heathen (The Rays) 13. Band Introduction 14. Under Pressure 15. Life On Mars? 16. Looking For Water 17. Days 18. Sound And Vision 19. Be My Wife 20. A New Career In A New Town 21. Ashes To Ashes 22. I'm Afraid Of Americans 23. Heroes 24. Five Years 25. Suffragette City 26. Ziggy Stardust David Bowie - vocals, guitars Earl Slick - guitar Gerry Leonard - guitar Mark Plati - bass, guitar Gail Ann Dorsey - bass, backing vocals Sterling Campbell - drums Mike Garson - keyboards, piano Catherine Russell - keyboards, percussion, acoustic guitar, backing vocals COLOUR NTSC Approx.124min.

David Bowie デヴィッド・ボウイ/Tokyo,Japan 3.8.2004 Complete Jewel Version

価格:

1,630円 (税込)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ