カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

Paul McCartney ポール・マッカートニー/NY,USA 2018 & more

ニューアルバムが素晴らしい出来栄えというだけでなく、何と米英両方でチャートのナンバー・ワンに輝くという大ヒットを記録したポール・マッカートニー。そのリリースにかける意気込みからして一位獲得に相応しく、アルバムのリリース前から名物番組「CARPOOL KARAOKE」に出演するなど精力的なプロモーション活動も行っています。その一環としてアルバムのリリース後、今度は新たなライブ・ツアー「FRESHEN UP」のプロモーションを兼ねて9月7日にニューヨークのグランド・セントラル駅の中にあるホールでスペシャル・ギグを敢行、なおかつその模様がYouTubeにてHQ画質にて配信されました。アルバムのタイトルが「EGYPT STATION」であったことから「駅」でのスペシャル・ギグが企画されたとのことですが、結果として世界中のファンが注目するポールの最新ライブ映像が最高の画質で観られるという夢のような状況が実現したのです。日曜に「FRESHEN UP」ツアーがケベック・シティーから開幕した今、この駅でのギグはツアー本編のショート・バージョン、あるいは予告編的セットリストであったことが解り、なおかつこの映像の価値が高まるというもの。駅のギグで披露されて世界中のマニアをアッと言わせた新レパートリーで初期ビートルズ・ナンバー「From Me To You」が今回のツアーの目玉であることは間違いなく、それが早くも最高画質かつ最高音質で観られるのだから、これはリリースしない訳にはいかない。それだけではありません「FRESHEN UP」ツアー本編と違い、ここでは「From Me〜」と「Love Me Do」という初期ビートルズの黄金シングル・ナンバーが立て続けに演奏されるというキラーな展開が最高。ギグでこんな選曲を前にされたらマニア狂喜間違いなし。この点だけでもマニアには間違いなく魅力的なギグですが、さらに駅でのスペシャルなステージらしい趣向が凝らされているのも魅力的。昨年の東京ドームでの記憶も新しいウイングスの「Letting Go」ではキーボードのサンプリングではなく、1976年ツアーのハウイー・ケイシーよろしく生のホーン・セクションが加わっており、それこそウイングス絶頂期を思い起こさせるようなバージョンで演奏されています。おまけに曲の後半になるとブレイクして演奏がホーンだけになるというスペシャル・アレンジのステージ映えも素晴らしい。マニアからすれば正直言って食傷的な感が否めない「My Valentine」はいつものように妻ナンシーに捧げられていますが、スタジアムでのショーと違って実際に彼女の姿が映し出されるのが素敵。しかしそれ以上に特筆すべきは同曲のアレンジが一新されたこと。ポールはピアノを弾かず、メガホンで歌い(昔のラジオのような音色の演出)エイブまでアコギを弾くギター寄りのアコースティック・バージョンに生まれ変わったのです。今度はポールがアコギ一本で歌う「Blackbird」になると位置を変え、オーディエンスに囲まれる形で歌うというアットホームな演出も駅でのギグならでは。また今のところツアー本編では演奏されていませんが、我々には2015年武道館での演奏が忘れられない「Dance Tonight」では久々にエイブのダンスが復活。そして「Let It Be」ではポールが同曲のオルゴールを鳴らしてから演奏を開始するなど、スペシャル・ギグならではの趣向を凝らした演奏が随所にちりばめられている。これらのすべてが最高の画質かつ音質で楽しめるのです。ボーナスにはこれまでに何度も出演してきたジミー・ファロンのテレビ番組で新曲を披露した場面や、彼の番組らしくコメディの絡みの場面も収録。今回はポールとジミーがエレベーターの前に現れるという「どっきり」で一般人を驚かせるというもの。それだけでも非常に面白いものですが、挙句の果てにはポールが何と「Drive My Car」をアコギで演奏するというレアな場面まで登場(これはフルでやってほしかった)。そして最後には話題となった1999年以来となるキャバーン・クラブでのギグのレポートも収録。間違いなく2018年のポール・ライブ映像を代表するであろう駅でのスペシャル・ギグを大画面でも安心して観られる最高の画質にて収録。ギグの後半にホワイト・アルバムの曲が集中するところなどは来る50周年リリースを期待させるに十分ですし、何より来日の予行演習としても、初心者からマニアまでこれほど最適な映像はありません。今回のツアーにおけるキラーチューン「From Me To You」を始めとして、観れば来日公演への期待が膨らむばかり! Live at Vanderbilt Hall, Grand Central Station, New York City, New York, USA 7th September 2018 (114:37) 1. Pre-Show 2. A Hard Day's Night 3. Hi, Hi, Hi 4. Can't Buy Me Love 5. Letting Go 6. I've Got a Feeling 7. Come on to Me 8. My Valentine 9. Nineteen Hundred and Eighty Five 10. From Me to You 11. Love Me Do 12. FourFiveSeconds 13. Blackbird 14. Dance Tonight 15. Who Cares 16. I Saw Her Standing There 17. Fuh You 18. Back in the U.S.S.R. 19. Ob-La-Di, Ob-La-Da 20. Birthday 21. Lady Madonna 22. Let It Be 23. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 24. Helter Skelter 25. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End BONUS: 26. Come On To Me Live at the Tonight Show Starring Jimmy Fallon, New York City, New York, USA 6th September 2018 27. Surprise Fans in 30 Rock Elevators 28. The Cavern Club Reports PRO-SHOT COLOUR NTSC Approx.115min.

Paul McCartney ポール・マッカートニー/NY,USA 2018 & more

価格:

1,580円 (税込)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ