カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

Europe ヨーロッパ/Sweden 1985

4年ぶりの来日公演までカウントダウン状態に入ったEUROPE。そんな今週にピッタリの傑作ライヴアルバムが登場です。そんな本作に収められているのは「1985年5月16日Torestorp公演」。そのフルショウを伝える貴重な傑作オーディエンス録音です。当時の彼らと言えば、『明日への翼』のリリースから1年ほどが経ち、運命を変える『ファイナル・カウントダウン』の製作に入る直前。1日1公演でメキメキと実力を高めつつ、まだ地元のヒーローに止まっていた時代でした。まずは、当時のスケジュールから初期の活動を振り返り、ショウのポジションを確かめてみましょう。 ●1984年《2月24日『明日への翼』発売》・3月16日-6月20日:スウェーデン#1(13公演)・6月22日+23日:フィンランド(2公演)・9月8日-12月14日:スウェーデン#2(17公演) ●1985年・4月6日-6月5日:スウェーデン#3(43公演)←★ココ★《9月『ファイナル・カウントダウン』製作開始》 これが1984年/1985年のEUROPE。地元時代のデータにはあやふやな点もあるので公演数などは断定できませんが、おおよその概要はイメージしていただけるのではないでしょうか。当時の彼らはまだ母国スウェーデンでの活動に終始しており、国境を跨いでも隣国のフィンランド止まり。アメリカはおろか、まだ中欧諸国でのショウも行ったことがありませんでした。また、上記の日程は圧縮しているので1984年にもツアーをしているように見えますが、実のところ一月に数回程度。その合間にイアン・ホーグランドとミック・ミカエリを獲得し、毎日のように移動とショウを繰り返す“ツアー”を開始したのは1985年に入ってから。本作のTorestorp公演は、そんな「スウェーデン#3」の29公演目にあたるコンサート。まさに飛躍に向けて走り出した時代のライヴなのです。そんなショウを記録した本作は、実にパワフルなオーディエンス録音。とにかく素晴らしいのはオンで力強い芯。距離など感じさせない演奏と歌声がグイグイと突きつけられ、目の前でアンサンブルが爆発する。実のところ、オープニングの「Dance The Night Away」と「Ninja」はあまりのパワーに爆音になってしまうのですが、ここで「ダメか……」と諦めたら早計なのです。実は、続く3曲目の「On The Loose」で一気に改善するからびっくり。会場が突如として澄み渡り、力強い芯はそのままにディテールまでクッキリ。シンセはキラキラと輝き、繊細なメロディが舞い踊る。冒頭部の歪みからプレスCD化はとても望めませんが、「On The Loose」以降はサウンドボードもかくやの極上サウンドがたっぷりと味わえるのです。そんなクオリティで描かれるのが、若さ弾ける北欧のキラ星。セットは『幻想交響詩』と『明日への翼』の濃縮還元……かと思いきや、さにあらず。デビュー作からセレクトされているのは必殺の「Seven Doors Hotel」と「Memories」のみ。残りは『明日への翼』と、まだ製作も始めていない『ファイナル・カウントダウン』から5曲ずつ。つまり、2nd&3rdアルバムという2大名盤から半分ずつが取りだして濃縮還元した美味しすぎるショウなのです。初期ジョン・ノーラム時代のライヴと言えば、オフィシャルの『THE FINAL COUNTDOWN TOUR 1986: LIVE IN SWEDEN』が思い浮かびますが、そこでも聴けなかった名曲もたっぷり。先述した『幻想交響詩』の「Seven Doors Hotel」「Memories」だけでなく、『明日への翼』の「Dreamer」「Scream Of Anger」、『ファイナル・カウントダウン』の「Love Chaser」「Danger On The Track」を披露している。さすがに象徴曲「The Final Countdown」こそないものの、初期3枚のベスト選曲かのようなショウなのです。まさに飛躍寸前といった感じのセットですが、それを演じるパフォーマンスもまさに前夜。すでに現在と同じ黄金の5人が顔を揃え、連日連夜のツアーを経験した事で急激に成長している。ジョーイ・テンペストの歌声にはすでに青臭いところなどなく、パフォーマンスも堂々たるもの。イアン・ホーグランド&ミック・ミカエリを得たアンサンブルも十分にタイトで、スケールもワールドワイド・クラス。とてもスウェーデンのローカルバンドとは思えないパフォーマンスを繰り広げているのです。この半年後には、運命を変える『ファイナル・カウントダウン』の製作に入り、世界を席巻していったEUROPE。黄金の5人が揃ったばかりの苛烈なショウを本生100%のリアル・サウンドで体験できるライヴアルバムです。黄金のラインナップが揃い、世界に向けて羽ばたこうとしていた若きEUROPEの大熱演。 Live at Hjortnas, Torestorp, Sweden 16th May 1985 TRULY AMAZING/PERFECT SOUND (68:51) 1. Intro 2. Dance The Night Away 3. Improvisation 4. Ninja 5. On The Loose 6. Dreamer 7. Love Chaser 8. Seven Doors Hotel 9. Drum Solo (with Beethoven 5th by Keyboard) 10. Open Your Heart 11. Stormwind 12. Rock The Night 13. Scream Of Anger 14. Danger On The Track 15. Memories 16. Bass & Guitar Solo 17. Memories (reprise) Joey Tempest - Lead Vocals John Norum - Guitars, Backing Vocals John Leven - Bass Guitar Mic Michaeli - Keyboards, Backing Vocals Ian Haugland - Drums, Backing Vocals

Europe ヨーロッパ/Sweden 1985

価格:

1,343円 (税込)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ