カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

Colosseum コロシアム/MA,USA 1969

1969年2月22日ボストン・ティー・パーティにおけるステージをオフィシャル級の極上ステレオ・サウンドボード録音で約50分ほぼ完全収録。録音者のリールテープをダイレクトに使用した最高のクオリティーで、ちょうど2作目「バレンタイン組曲」の発表時期で、収録曲も同アルバムからが殆どを占めています。オープニングを飾る、Dick Hecktall-Smithの強烈なサックスソロをフューチャーしたButty's Bluesはアルバムの2倍近い12分に渡って演奏され、ジャージーで豪快なノリに満ちたThe Machine Demands A Sacrificeではハイズマンの圧巻のドラムソロがフューチャー。また組曲「Valentyne Suite」の冒頭を飾る、デイブ・グリーンスレイドのエマーソンばりのオルガンソロをフューチャーした疾走感溢れるJanuary's Searchでは、まさにオルガンロックの極みとも言える凄まじい演奏がここに。続くFebruary's Valentyneではそれまでの狂乱とは対照的なクラシカルでムーディなアレンジが聴かれ、ここに効果的なサックスが被さります。大団円はメドレーで演奏される1st.アルバム収録曲Beware The Ides Of March。「青い影」を連想させるメロディにのってサックス、オルガンが圧巻のソロを聴かせるパートはまさにこの時代のブリィティッシュロックの最良のサンプルを存分に堪能することが出来ます。英国ロックファンにとっては、必携アイテム! 1. Butty's Blues 2. The Machine Demands A Sacrifice incl. drums solo The Valentyne Suite 3. January's Search 4. February's Valentyne 5. Beware The Ides Of March (Live at Boston Tea Party, Boston, Massachusetts, USA 22nd February 1969  STEREO SBD) Dave Greenslade - Organ Piano /James Litherland - Vocals & Guitar /Dick Heckstall-Smith - Saxophone /Tony Reeves - Bass/ Jon Hiseman - Drums

Colosseum コロシアム/MA,USA 1969

価格:

1,630円 (税込)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ