カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

Van Halen ヴァン・ヘイレン/Netherlands 1995 & more

本作に収められているのは「1995年1月27日アルンヘム公演」のマルチカメラ・プロショットです。ただし、事実として「マルチカメラ・プロショット」に違いないのですが、その言葉からイメージされるものとはちょっと違います。ざっくばらんに言いますと、カメラワークが雑。スイッチングもあるので複数台のカメラが使用されているのは間違いないものの、自在に見どころを追うと言うよりは「なんとなく撮ってる」感じ。フロント3人の表情アップを捉えたカメラはそれなりなものの、メインに使われているのは(ナゼか)遠景。しかも、ステージ全景をかなりの距離から撮っており、まるで2階席のオーディエンス・ショットのような光景なのです(すぐ間近にスポット・ライトがあるようなので、客席撮影ではないようです)。何だかオススメしているのか違うのか分からなくなってきましたが、もちろん本作は必見。いくら遠景カメラがチャチとは言っても、そこに映し出されているのはVAN HALENですし、ズーム・カメラはばっちりプロ仕様なのですから。しかも、狭い狭いクラブ規模というのがまた激レア。普段は巨大アリーナやスタジアムを我が物にしている4人のエネルギーが狭苦しいステージに濃縮され、手を伸ばせば触れられる距離感の観客と熱気を交わしている。さらに本編の解説でも触れたバースデーソング大合唱シーンもプロショット体験できる。その醍醐味がたっぷりと詰まっているのです。そんなライヴは6曲目の「Top of the World」までで終了。残念ながら最後の3曲は放送されませんでした。その代わり(?)本作に収録されているのは、このショウをフィーチュアしたTV特番。お馴染みMTVの名物番組“HEADBANGERS BALL”です。本編のアルンヘム公演の映像も挿入されていますが、本編よりも高画質だったりします。そんなライヴも必見ですが、番組のメインはむしろバックステージでのインタビュー。4人が揃っていかにも仲良さげに爆笑コメントを繰り返していまして、その後の顛末を知る今となってはその仲の良さ自体も心くすぐる。しかもエディの姿もレア。『BALANCE』時代というとアートワークにもある「短髪&ヒゲ」姿でややオッサン臭いイメージですが、本作のエディは短髪ではあっても髭ナシ。その上であの笑顔ですから、まるで高校生のように若々しく見えるのです。全米No.1を一度も譲ることのなかったサミー最後期の『BALANCE』時代。 Live at Luxor Live, Arnhem, Netherlands 27th January 1995 PRO-SHOT (93:22) 1. Intro 2. The Seventh Seal 3. Judgement Day 4. Don't Tell Me (What Love Can Do) 5. Amsterdam 6. "Happy Birthday Eddie" 7. Panama 8. Top of the World 9. Live & Interviewed by MTV Europe for "Headbangers Ball" 10. Interviewed by MTV Europe for "Headbangers Ball" PRO-SHOT COLOUR NTSC Approx.93min.

Van Halen ヴァン・ヘイレン/Netherlands 1995 & more

価格:

1,304円 (税込)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ