カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

Linda Ronstadt リンダ・ロンシュタッド/London,UK 1976 Upgrade

『GREATEST HITS』の天文学ヒットもあって一気に絶頂時代へと突入した1976年のリンダ・ロンシュタット。その象徴プロショットが大幅アップグレードして登場です。その象徴映像が撮影されたのは「1976年11月13日ロンドン公演」。名門BBCの名物番組“The Old Grey Whistle Test”に出演した際のマルチカメラ・プロショットです。有名番組だけあって、この映像は古くから定番中の大定番。同じく名物番組“Rockpalast”の『OFFENBACH 1976』と並び、1976年の2大頂点として君臨してきました。本作はそのお馴染み映像でありつつ、クオリティは未体験ゾーンな最高峰(大幅)更新マスター。放送45周年となる“2021年11月5日”に公開されたデジタル再放送バージョンなのです。そのクオリティたるや、まさに超美麗……いや、究極。デジタル放送&デジタル録画だけに、局マスターからDVDまで劣化なしに移し替えられており、髪の毛1本1本の艶やファンデーションで隠している肌の凸凹まで超クッキリ。現場照明や若々しいリンダの姿こそ70年代的ではあるものの、画質自体はつい昨日撮影したと言われても納得するレベル。これまでのベストはBBCの流出マスター(作業用カウンターが表示されるヤツです)でしたが、比較にもならない。一度でもアナログを経てしまうと、こうまで変わってしまうのかと驚くほどです。そんな究極マスター・クオリティで描かれるのはシンガーとしても脂が乗り、一大全盛の風を呼び込むようなリンダ。まずは、当時のスケジュールからショウのポジションを確かめてみましょう。・3月17日+5月14日:北米#1(2公演)・7月1日ー8月8日:北米#2a(7公演)《8月9日『HASTEN DOWN THE WIND』発売》・8月12日ー9月16日:北米#2b(13公演)・11月3日:ユニバーサルシティ公演・11月10日ー13日:英国(3公演) ←★ココ★・11月16日ー24日:欧州(4公演) ←※OFFENBACH 1976・11月29日+30日:北米#3a(2公演)《12月1日『GREATEST HITS』発売》・12月4日ー19日:北米#3b(6公演)これが1976年のリンダ・ロンシュタット。おおよそ北米でのステージでしたが、『GREATEST HITS』の発売直前にはヨーロッパ・ツアーも実施。本作の“The Old Grey Whistle Test”出演は、その冒頭を飾る英国編の3公演目でした。前述したように1976年にはもう1つの頂点映像『OFFENBACH 1976』もあるわけですが、そちらは“11月16日収録”。つまり、わずか「3日前(1つ前)」の姉妹映像もあるのです。最後に、セット内容も整理しておきましょう。風にさらわれた恋(7曲)・Lose Again/That'll Be the Day/Love Has No Pride/Crazy/The Tattler/Lo Siento Mi Vida/Hasten Down the Wind その他(6曲)・ドント・クライ・ナウ:Silver Threads and Golden Needles・悪いあなた:Willin'/It Doesn't Matter Anymore/When Will I Be Loved?・哀しみのプリズナー:Love Is A Rose/Tracks of My Tears ……と、このようになっています。ざっくばらんに言いますと『OFFENBACH 1976』の前半に酷似。『HASTEN DOWN THE WIND』の新曲と、それまでのレパートリーが半分ずつを占める70年代の名曲選です。歴史的な大定番映像だけに内容はご存知と思いますが、マスター・クオリティで観るとまるで違って見える。まるで30歳になったばかりのリンダ本人がモニターの中にいるような超・美麗映像です。ベストな時代のベスト映像のベスト・クオリティ盤。「1976年11月13 The Old Grey Whistle Test」のマルチカメラ・プロショット。古くから定番中の大定番映像ですが、本作はその最高峰(大幅)更新マスター。放送45周年となる“2021年11月5日”に公開されたデジタル再放送バージョンです。そのクオリティはまさに「究極」。髪の毛1本1本の艶やファンデーションで隠している肌の凸凹まで超クッキリ。現場照明や若々しいリンダの姿こそ70年代的ではあるものの、画質自体はつい昨日撮影したと言われてもおかしくない。お馴染みの映像もまるで違って見える必携・必見の絶対作です。 Live at New Victoria Theatre, London, UK 13th November 1976 PRO-SHOT(UPGRADE)★これは凄いです(48:39) 1. OGWT Intro. 2. Bob Harris Introduction 3. Lose Again 4. That'll Be the Day 5. Love Has No Pride 6. Silver Threads and Golden Needles 7. Willin' 8. It Doesn't Matter Anymore 9. When Will I Be Loved 10. Crazy 11. The Tattler 12. Lo Siento Mi Vida 13. Band Introductions 14. Love Is A Rose 15. Hasten Down the Wind 16. Tracks of My Tears Linda Ronstadt - Vocals Waddy Wachtel - Guitar, Vocals Andrew Gold - Guitars, Vocals Kenny Edwards - Bass, Guitar, Banjo, Mandolin, Harmonica, Vocals Dan Dugmore - Guitar, Pedal Steel Guitar Mike Botts - Drums, Percussion Brock Walsh - Keyboards 紹介されてないが PRO-SHOT COLOUR NTSC Approx.49min.

Linda Ronstadt リンダ・ロンシュタッド/London,UK 1976 Upgrade

価格:

1,386円 (税込)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ