カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

John Mayer ジョン・メイヤー/Tokyo,Japan 4.11.2019

つい先日、盛況のうちに終了したジョン・メイヤー5年ぶりの来日公演。その最新オリジナル録音が2タイトル同時リリース決定です。今回の来日公演は、日本武道館での2日間連続のみ。本作は、その最終日「4月11日」公演を完全収録した極上オーディエンス録音です。同時リリースの『BUDOKAN 2019 1ST NIGHT』と本作で今回の来日公演をコンプリートできるわけですが、それだけではありません。実は『1ST NIGHT』と本作は同じ録音家による姉妹作。同一会場というだけでなく、録音者も機材も同一という完全コレクションなのです。『1ST NIGHT』も極上録音なのですが、本作もまた負けず劣らずの大傑作。同一環境なだけにサウンドも酷似しており、クリアさも端正な鳴りも絶品。さらに驚く事にオーディエンス・ノイズの少なさまで共通している。曲間になると盛大に喝采が沸き起こるのですが、それがやけに遠い。間近席から聞こえるのは控えめな拍手くらいで、声援は広大なうねりを起こしても演奏音や歌声よりも遙か遙か遠くに感じられるのです。『1ST NIGHT』と本作はサウンドだけでなく、周囲が騒がない特等席ムードまで統一感たっぷりで、2本で丸2日間を通して楽しめるのです。もちろんポジションまで同じではないので、質感は厳密に同じではありません。まだ『1ST NIGHT』を体験されていない皆さまに比較するのも難しいですが、あえて言うなら本作は鳴りが深い。恐らくはポジションが少し遠いのでしょうが、ホール鳴りを厚めに拾っています。とは言え、ボケボケ・ボワボワでは(決して!)ない。微差というだけでなく、その鳴りのド真ん中を貫くアタックは本作の方が力強い。つまり、ドラムの打音やギターのピッキング、歌い出しといった音の立ち上がりが鋭く、それがビビッドに手元へ飛び込むためにダイレクト感が損なわれない。多少ホール鳴りが深めでも曇って聞こえないのです。しかも、そのホール鳴りが美しい。優しいメロディが一層暖かく、ギター・トーンの甘みも一層まろやか。それでいて細やかなピッキングのニュアンスまで繊細なのです。酷似しているムードやサウンドとは対照的に、ショウは『1ST NIGHT』とまったく違う。同一会場の2日連続ということもあってか、セットは大幅に変更。全24曲中16曲を入れ替える大盤振る舞いなのです。『1ST NIGHT』の解説と比較する意味でも、ここでセットの内容を整理してみましょう。 ●『ROOM FOR SQUARES(3曲)』・Why Georgia・アコースティック:Your Body Is a Wonderland、Neon ●『HEAVIER THINGS(なし)』●『CONTINUUM(5曲)』・両日共通:Belief、Slow Dancing in a Burning Room、Gravity ・I Don't Trust Myself (With Loving You)、Waiting on the World to Change ●『WHERE THE LIGHT IS(1曲)』・アコースティック:In Your Atmosphere ●『BATTLE STUDIES(1曲)』・Who Says●『BORN AND RAISED(3曲)』・両日共通:Something Like Olivia ・The Age of Worry、If I Ever Get Around to Living ●『PARADISE VALLEY(2曲)』・Waitin' on the Day、Dear Marie ●『THE SEARCH FOR EVERYTHING(6曲)』・両日共通:Moving On and Getting Over、In the Blood ・Love on the Weekend、Changing、Rosie、You're Gonna Live Forever in Me ●新曲・その他(3曲)・両日共通:New Light、I Guess I Just Feel Like・アコースティック::Buckets of Rain(ボブ・ディランのカバー) ……と、このようになっています。『1ST NIGHT』は全作から満遍なくセレクトしていましたが、こちらは微妙に偏りが強い。『HEAVIER THINGS』からのチョイスがない反面、最新作『THE SEARCH FOR EVERYTHING』からは6曲と増量。しかも『1ST NIGHT』との入れ替えも多く、2本合わせるとアルバム全12曲中8曲が楽しめるのです。これだけでもフレッシュですが、さらに新鮮なのが新曲。昨年発表された「New Light」と最新シングル「I Guess I Just Feel Like」も披露している。『THE SEARCH FOR EVERYTHING』ナンバーと合わせ、前回の来日以降のナンバーが大盤振る舞いされるライヴアルバムなのです。もちろん、新曲だけではない。他のアルバムからも『1ST NIGHT』と被らないように組まれつつ、巧みに代表曲を織り交ぜているバランス感覚が見事。特に貴重なのは中盤のアコースティック・コーナーで演奏される「Buckets of Rain」。ボブ・ディランのカバーですが、ジョンがこの曲を演奏したのは、片手で数えられるほど。そんな貴重なパフォーマンスを極上の美録音で楽しめるのです。キャリアをトータルで描いている『BUDOKAN 2019 1ST NIGHT』に対し、日本初披露の曲もたっぷりに最新形をフィーチュアした本作。色合いのまったく違うショウを統一感たっぷりの極上サウンドで味わえる姉妹作です。実際にご覧になったショウの想い出としてお求めになる方も多いとは思いますが、2本合わせる事で更に名曲が山盛り。合計40曲(48テイク)分の生演奏が楽しめる2連作でもあるのです。「良い音・良い曲・良い演奏」の三要素を高い次元で取りそろえた姉妹作。 Live at Budokan, Tokyo, Japan 11th April 2019 TRULY PERFECT/ULTIMATE SOUND(from Original Masters) Disc 1 (76:20) 1. Intro. 2. Belief 3. Moving On and Getting Over 4. I Don't Trust Myself (With Loving You) 5. Who Says 6. Waitin' on the Day 7. Love on the Weekend 8. Something Like Olivia 9. Changing 10. Why Georgia 11. New Light 12. Intro. 13. In Your Atmosphere 14. Buckets of Rain 15. Your Body Is a Wonderland Disc 2 (79:50) 1. Neon 2. I Guess I Just Feel Like 3. Rosie 4. In the Blood 5. Slow Dancing in a Burning Room 6. The Age of Worry 7. If I Ever Get Around to Living 8. Waiting on the World to Change 9. Band Introductions 10. Dear Marie 11. You're Gonna Live Forever in Me 12. Gravity John Mayer - guitar, vocal Pino Palladino - bass David Ryan Harris - guitar Isiah Sharkey - guitar Aaron Sterling - drums Aaron draper - percussion Jamie Muhoberac - keyboards Carlos Ricketts - vocal Tiffany palmer - vocal

John Mayer ジョン・メイヤー/Tokyo,Japan 4.11.2019

価格:

1,598円 (税込)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ