カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

Jeff Beck ジェフ・ベック/Tokyo,Japan 12.1.1978

名手スタンリー・クラークと共に来日を果たした1978年のジェフ・ベック。その衝撃の全世界初公開オーディエンス・マスターが新発掘です。その衝撃マスターが記録されたのは「1978年12月1日:日本武道館」公演。1978年の来日録音はジェフ・コレクションでも人気が高く、当店でも数々の名作でアーカイヴ。まずは、当時の日程でコレクションを整理し、ショウのポジションを確かめてみましょう。 ・11月20日:茨城県民文化センター・11月22日:石川厚生年金会館・11月23日:倉敷市民会館・11月24日:大阪府立体育館・11月26日『DEFINITIVE NAGOYA 1978』・11月28日『CAT MOVES(福岡)』・11月29日『OSAKA 1978 2ND NIGHT』・11月30日:日本武道館『BUDOKAN 1978 DAY 1』 ・12月1日:日本武道館 【本作】・12月2日:日本武道館『OUT OF DARKNESS』※各日とも代表作のみ。以上、全10公演。当店では、名古屋以降の6公演をご紹介しており、そのラストは日本武道館3DAYS。本作は、その中日を伝えるライヴアルバムなのです。そして、このショウは1978年でも最高の名演として知られている。スタンリーはツアー冒頭から快調だったものの、ジェフの調子はもうひとつ。特に不調だったというよりは不慣れ。ところどころで凄い演奏を聴かせつつ、ミスも散見するショウでした。そんなジェフが調子を上げてきたのがジャパンツアーの後半。特にハイライトとなる日本武道館に向けて練度も精度も上がっていき、この武道館2日目で1978年型JEFF BECK GROUPの完成形ともなるアンサンブルにたどり着いたのです。そんな記念碑的なショウだったわけですが、内容に対して録音面はなかなか思い通りにもいかなかった。これまでもオーディエンス録音は幾つもあったのですが、どれもクオリティ面で今ひとつ。演奏の素晴らしさは十分に知られつつ、サウンドだけでも圧倒するライヴアルバムには至らなかったのです。本作は、そんな歴史に終始を打つもの。ショウの現場から41年も経ってからの新発掘というだけでも驚きですが、中身も凄まじかった。録音家本人から譲られた本作だけのオリジナル・マスターで、何よりも素晴らしいのはオンな芯と詳細なディテール。サウンドボードと間違えるような密着録音ではないのですが、クリアに透き通った空気感の中を突き抜けてくる芯は細部まで瑞々しく、手応えたっぷり。実のところ、バンド全体では音色に距離感を感じなくもないものの、例外なのはジェフのギター。アンサンブル全体から突き抜け、グイグイと目の前に迫る。先ほど「サウンドボードとは間違えない」とは書きましたが、ことギターに関してはライン録音レベルの密着感なのです。しかも、ショウが進むほどさらに良くなるから凄い。冒頭からハイクオリティぶりが炸裂しているのですが、後半は現場PAが良くなるのかバンド全体でオンな質感が増す。特にスタンリーのベースはアタックのハネ感もうねるグルーヴもヴァイヴのレベルまで詳細。それがジェフのわがままギターと絡み、輪郭までクッキリとした2本線がタペストリーを編み上げていく。単にギターとベースが聞き取りやすいという次元ではなく、互いの呼吸感、次の一手を読み合うような音になる前の気配までもが感じ取れる繊細さなのです。もちろん、本作は全編トータルでも日本武道館2日目のベスト録音なのは間違いありませんが、このギター・サウンドや向上した後半の素晴らしさは、1978年全体で見ても屈指です。そんなサウンドで描かれるのは、“1978年の完成”と誉れ高き大名演。それまでになく激しいギター・プレイが炸裂し、「Star Cycle」「Freeway Jam」と畳みかける序盤から絶好調。ギターリフから始まる「Cat Moves」も後半に向かってドンドン加熱していく。そんなジェフとステージを分け合う名手スタンリーも素晴らしい。えらく饒舌なソロも快調なら続く「School Days」も「Lopsy Lu」も最高の出来。ジャパンツアー中からセット入りした「Journey To Love」では「ラーララー」とスキャットしながらカラフルなフレーズを乱舞させるのです。何をやっても快調なアンサンブルのせいか、ショウのムードも実に良い。「Journey To Love」の後では、ジェフがスタンリーを茶化すようなMCを入れ、スタンリーも「イチニーサンシー・イチニーサンシー」と日本語カウントで「Lopsy Lu」へと突入していく。この快調ぶりは終始揺るがず、「Rock 'n' Roll Jelly」もハイテンションに駆け抜け、「Superstition」の熱演ぶりも圧倒的。これまでの録音でも名演ぶりは垣間見えたものの、本作のくっきりサウンドでは一層切れ味鋭く、鮮やかに感じ取れるのです。人気の高い1978年コレクションでも、名演の誉れ高い日本武道館2日目。その最高峰サウンドを大きく更新する奇跡の新発掘マスターです。「Diamond Dust」「Rock 'n' Roll Jelly」「Blue Wind」の終演後にテープ・チェンジのカットもありますが、いずれも曲間の歓声部であり、熱演を1音たりとも逃していない。ジェフとスタンリーという希代の天才が音を重ね合った名演を最高峰サウンドで永久保存する文化遺産級のライヴアルバム。 Live at Budokan, Tokyo, Japan 1st December 1978 PERFECT SOUND(from Original Masters) Disc 1 (51:55) 1. Darkness/Earth In Search Of A Sun 2. Star Cycle 3. Freeway Jam 4. Goodbye Pork Pie Hat 5. Cat Moves 6. Bass Solo/School Days 7. Journey To Love 8. Lopsy Lu 9. Diamond Dust Disc 2 (34:42) 1. Scatterbrain 2. Drum Solo/Scatterbrain(reprise) 3. Rock 'n' Roll Jelly 4. Cause We've Ended As Lovers 5. Blue Wind 6. Superstition Jeff Beck - Guitar Stanley Clarke - Bass Tony Hymas - Keyboards Simon Phillips - Drums

Jeff Beck ジェフ・ベック/Tokyo,Japan 12.1.1978

価格:

1,880円 (税込)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ