カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

Jeff Beck,Stanley Clarke ジェフ・ベック スタンリー・クラーク/Tokyo,Japan 11.30.1978

本作に収められているのは「1978年11月30日:日本武道館」公演。今週は、同じ1978年ジャパンツアーから新発掘の『BUDOKAN 1978 2ND NIGHT』も登場しますので、ここでも当時のスケジュールでショウのポジションを確認しておきましょう。 ・11月20日:茨城県民文化センター・11月22日:石川厚生年金会館・11月23日:倉敷市民会館・11月24日:大阪府立体育館・11月26日『DEFINITIVE NAGOYA 1978』・11月28日『CAT MOVES(福岡)』・11月29日『OSAKA 1978 2ND NIGHT』・11月30日:日本武道館 【本作】 ・12月1日:日本武道館『BUDOKAN 1978 2ND NIGHT』・12月2日:日本武道館『IN SEARCH OF A SUN』※各日とも代表作のみ。以上、全10公演。ソロ初来日となった前回の1975年はジェフの体調不良もあって波乱含みでしたが、3年後の1978年はムードも一新。名手スタンリー・クラークが同行し、規模も一気に拡大。本領を見せつけるジャパンツアーとなりました。そのハイライトは、終盤に配された日本武道館3DAYSであり、本作はその初日。伝説のBBA初来日以来、5年ぶりに日本武道館のステージを踏んだコンサートなのです。そんなショウを記録した本作は、実は同時リリースの『BUDOKAN 1978 2ND NIGHT』と同じ人物によるオーディエンス録音であり、本作もまた極上品なのです。実際、本作から流れ出る芯は極太で、ジェフのギターは弦を引っ掻くようなちょっとしたフレーズまで距離感をほとんど感じさせず、目の前にグイグイと迫ってくる。スネアの音色にはオーディエンス録音の証も刻まれていますし、ヘッドフォンで耳を澄ますとわずかにホール鳴りがあることも分かる。間違いなく客録ではあるのですが、その鳴りでさえ曇りや濁りにならず、ディテールを隠すことなく艶と色気を与えている。そして、その密着ギターに負けていないのがスタンリーのベース。これまたビンビンとしたアタック音も鋭く、豊かなグルーヴを生むうねりも綺麗に描かれている。その力強さは(当時の)ラジオ放送でも聴いているかのような錯覚に襲われるのです。あまりにも近く、力強いためにところどころで過剰入力気味になるのです。序盤の「Freeway Jam」や後半の「Scatterbrain」、そしてドラムソロ……。誤解しないで頂きたいのですが、本作は爆音・轟音にまみれた録音では(決して)ありません。ただ、PAがフルボリュームを吐き出す極わずかな瞬間にビビリが発生し、鳴りが歪む。もちろん、精緻なマスタリングで聴きやすいサウンドに仕上げてはあるものの、奇跡のような『BUDOKAN 1978 2ND NIGHT』が同時に発掘されてしまったために、どうしても一歩及ばなかったのです。しかしながらこの日を代表する録音なのでは間違いない。そして、そのショウがまた素晴らしい。『BUDOKAN 1978 2ND NIGHT』の解説でも触れましたが、1978年のジャパンツアーは尻上がりに調子が上がっていった。日本武道館2日目に完成の域に達したわけですが、この初日も上り調子の勢いに溢れている。BBA以来の日本武道館に思い入れがあったのか、ジェフの弾きっぷりも地方公演よりも丁寧で、緩急を付けたフレージングが絶妙。まだまだ「Superstition」のエンディングに危うさがあるなど完全ではないものの、それもあくまで細部の話。アンサンブルの完成へ向け、最後の仕上げをしていくような練り込みが感じられるのです。スタンリー・クラークとの来日でソロ・ギタリストの本領を見せつけた1978年。その完成の夜を永久保存した『BUDOKAN 1978 2ND NIGHT』こそが必聴ではありますが、本作はその前夜祭アルバムなのです。同じ録音家によって頂点に駆け上がっていった2連続公演を楽しめる新発掘の姉妹作。 Live at Budokan, Tokyo, Japan 30th November 1978 TRULY AMAZING SOUND(from Original Masters) Disc 1 (46:49) 1. Intro 2. Darkness/Earth In Search Of A Sun 3. Star Cycle 4. Freeway Jam 5. Cat Moves 6. Goodbye Pork Pie Hat 7. Stanley Clarke Solo/School Days 8. Journey To Love 9. Lopsy Lu Disc 2 (39:40) 1. Diamond Dust 2. Scatterbrain 3. Drum Solo/Scatterbrain(reprise) 4. Rock 'n' Roll Jelly 5. 'Cause We've Ended As Lovers 6. Blue Wind 7. Superstition Jeff Beck - Guitar Stanley Clarke - Bass Tony Hymas - Keyboards Simon Phillips - Drums

Jeff Beck,Stanley Clarke ジェフ・ベック スタンリー・クラーク/Tokyo,Japan 11.30.1978

価格:

1,880円 (税込)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ