カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

Iron Maiden アイアン・メイデン/Ultimate Studio Works Bruce Dickinson Years

2020年にデビュー40周年・結成45周年を迎えるIRON MAIDEN。そのアニバーサリー・イヤーに相応しい究極コンピレーション・アルバムが誕生です!ポール・ディアノ時代の究極コンピ『THE ULTIMATE COMPILATION 1978-1981』が大人気となっておりますが、本作はそれに続く第二弾。今度は全盛期ブルース・ディッキンソン時代のスタジオ・レアトラックを網羅した4枚組です!ディアノ盤も徹底したリサーチと頂点クオリティ、それに従来のレアトラック集にはあり得なかった「聴いて楽しい」構成が国内外のマニアから大好評。「究極」と呼ばれる超名盤でしたが、そのコンセプトは本作でも不変。単に短くしたエディット・バージョンの類は一切ないにも関わらず、全58トラック・約5時間に渡ってオフィシャルの秘宝スタジオ録音が楽しめる超大作なのです。「そんなにレアトラックがあったっけ?」と思われるかも知れませんが、あるんです。早速、ディスクごとにご紹介していきましょう。 【DISC 1:カバーソング集(17曲)】 まず、登場するのは歴代シングルの目玉でもあったカバー・テイク集。全シングルはもちろん、2012年のDEEP PURPLEトリビュート盤『Re-MACHINED』に提供された「Space Truckin’」も収録しています。カバーは別バージョンよりも新鮮で、先にオリジナルが存在するからこそ演奏やアレンジにも聴き応えがある。それを集成したこのディスクは、まさにメイデン版の『GARAGE INC.』『METAL JUKEBOX』となる1枚なのです。『COVERSLAVE』をご紹介した事もありますが、今回はブルース時代限定なのでディアノやブレイズ時代のテイクは省略。その代わりに「Reach Out」も収録しています。この曲はエイドリアン&ニコのサイド・プロジェクトTHE ENTIRE POPULATION OF HACKNEYの曲で、書いたのはそのメンバーだったデイヴ・コルウェル。厳密にはカバーではなく提供曲になるのですが、MAIDENメンバーのペンではないのでココに収録しました。また、続く「That Girl」「Juanita」も同じプロジェクトのレパートリーで、前者はFMがオリジナルなもののMAIDENとほぼ同時(3週間前)の競合リリース、後者はMARSHALL FURYのオリジナル録音は存在しない。この3曲は、いずれもTHE ENTIRE POPULATION OF HACKNEYメンバーが書いたという「友達曲カバー」でした。 【DISC 2:別バージョン集(ブルース脱退前:14曲)】 そしてディスク2-3こそ、本作の要である「アルバム曲の別バージョン集」。時期できっちりディスク分けしており、ディスク2は1993年にブルースが脱退するまでの別バージョンを14テイク集成しています。ここでもシングル限定トラックを網羅しているのは当然として、「Bring Your Daughter」も映画に提供されたブルースのソロ・バージョンですし、見落とされがちな「Wasting Love (Radio Mix)」や1998年再発盤に収録された長尺版の「The Assassin」も収録。この2つはオリジナルと異なりつつ、なぜか公式盤ではノークレジットだったテイクです。さらにディープなのが「From Here To Eternity (Demo Version)」。米国EPICレコードが『FEAR OF THE DARK』のリリース前に製作したプロモ・カセットに収録されたテイクなのですが、これはMAIDEN単独ではなく所属バンドのコンピ物。そのためにコアなコレクターでもなかなか気づいていないものの、これも流出音源ではなくれっきとした公式テイク。最終版とは違ってサビにコーラスも入っていない段階のものです。本作で唯一のアナログ起こしですが、ピッチも正常なベスト・バージョンで収録しています。また、本作ではこれまでのレアトラック集では見落とされてきたプロモ・クリップからも別バージョンを集成。曲イメージに沿ったSEやライヴ風に歓声をミックスしたバージョン違いも網羅しています。特にカッコイイのは「Churchill's Speech/Aces High (Camp Chaos Version)」。従来からPV版にはチャーチルの演説が付いていましたが、このバージョンはさらに編隊の飛行音もミックスされている(ライヴで使用されるエンジン起動音とも違います)。実のところ、クリップ自体はアニメ調の映像が不評だったのですが、音声は海外マニアから「一番カッコイイAces High」とも言われている。本作は、その至高バージョンをスタジオ・アルバムとして楽しめるわけです。 【DISC 3:別バージョン集(ブルース復帰後:12曲)】 続くディスク3はブルースが復帰してからの「別バージョン集」。ここでもシングル・トラックは当然コンプリート。豪華壮麗な「Orchestral Mix」や逆にオケを絞った「Rock Mix」の数々も完全網羅しています。さらに米国盤『ED HUNTER』だけの隠しトラックだったブルース版「Wrathchild (1999 Re-Recording)」や、プロモCDだけの「The Wicker Man (Radio Version)」も完備。特に「The Wicker Man (Radio Version)」は相の手コーラスが加えられ、マニアから「レアトラックの最高傑作」とも言われる超・必聴テイクです。また、復帰後のクリップからも別バージョンを完全網羅。ツアーのオープニングに使用された「Satellite 15 (World Tour Version)」やセリフ入りの「The Final Frontier (Director's Cut)」もカッコイイものの、意外にも傑作なのが「No More Lies (Promo Clip Mix)」。ライヴ映像のクリップに併せて歓声をミックスしたタイプですが、その完成度が凄い。MCやカウントも加えられ、逆にサビでは観客の合唱に沿ってブルースのヴォーカル・トラックを削除してかけ合いを再現。さらに演奏全体のサウンドもライヴ風に加工されている。現在でもライヴと信じているマニアも多いほど自然なのですが、実はスタジオ演奏なのです(アルバム・トラックとシンクロ再生させると完全に一致します)。しかも、このテイクは今や貴重。DVD化されておらず、時代の遺物エンハンストCDでのみリリース。持ってはいても現在では再生できないというコレクターも多く、さらに動画サイトの公式チャンネルでも見逃されている傑作バージョンです。 【DISC 4:スタジオ・ライヴ(8曲)&アルバム未収録曲集(7曲)】 超大作4枚組のラストを飾るのは「スタジオ・ライヴ」と「アルバム未収録曲」。普通なら「未収録曲」が一番注目されるものの、MAIDENの場合は話が違う。お遊びテイクが多く「MAIDENのレアトラック集は今イチ」という誤解を生む原因となってきました。本作でも「一応、最後に記録として永久保存」という感じなのですが、逆に最高なのが「スタジオ・ライヴ」。これが格好いいのなんの。観客ナシのためにブルースやヤニックですら演奏だけに集中。物凄いテンションでキレッキレの生演奏が楽しめるのです。本作では、そんなスタジオ・ライヴをセッション3種・8曲を収録。1つめは2000年ツアーのためのウォームアップ・リハーサルで、ラジオ放送された他プロモCD『BRAVE NEW WORLD SFX RADIO SPECIAL』に収録されました。2つめは2005年にBBC RADIO 1の“LEGENDS SESSION”に出演した時のもの。『A MATTER OF LIFE AND DEATH』時代のシングルで公式化されたテイクです。3つめは翌2006年にテレビ番組“LIVE FROM ABBEY ROAD”に出演した際のセッション。MAIDENとしては盤化していないものの、番組のコンピDVD『BEST OF SEASON 1』に「Hallowed By Thy Name」が収録されました。厳密にはこの1曲だけが公式トラックなのですが、セッション自体は「Brighter Than A Thousand Suns」と合わせて全2曲。本作ではセッションの完全版で収録しました。そもそもMAIDENはステージ・ライヴが大量な反面、スタジオ・ライヴが極端に少ないバンド。特に「ブルース時代の公式絡み」となるとこの3種しかなく、本作はその全曲を一気に楽しめるわけです。以上、全58トラック・約4時間52分の秘宝集。本来なら公式でアルバム化して欲しい「カバー集」、ベスト盤並に豪華ながら全曲オリジナルとは違った「別バージョン集」、通常ライヴ盤よりもシャープな「スタジオ・ライヴ集」、コレクションを完璧にする「アルバム未収録曲集」………。雰囲気の違うステージ・ライヴや肩すかしなエディット版の類は一切なし。その代わり、徹底的に「スタジオ仕事」を網羅した秘宝大全です。恐らく、未聴のトラック名に心トキめかせていらっしゃる方も多いと思いますが、つまみ食いもさることながら、ぜひディスク1枚ずつを堪能していただきたい。本作は、コンセプトを絞り込んだ構成と各種ソースからバラバラだったサウンドを統一したマスタリングで「作品感」まで追究したスタジオ・アルバムでもあるのです。本作で最新のテイクは2012年発表の「Space Truckin’(録音は2006年)」。それから8年(シングルB面やコンピの需要が激減したせいか)レアトラックは一切なくなってしまいました。もしかしたら、もう二度とMAIDENのレア曲は生まれないのかも知れません。そんな2020年現在で「ブルース時代のスタジオ秘宝」を一大集成した本作は、まさに超・決定盤。UP THE IRONS!! Disc 1: COVER SONGS (70:12) 1. I've Got The Fire [MONTROSE] 2. Cross Eyed Mary [JETHRO TULL] 3. Rainbow’s Gold [BECKETT] 4. King Of Twilight [NEKTAR] 5. Reach Out [THE ENTIRE POPULATION OF HACKNEY] 6. That Girl [FM] 7. Juanita [MARSHALL FURY] 8. Massacre [THIN LIZZY] 9. All In Your Mind [STRAY] 10. Kill Me Ce Coir [GOLDEN EARRING] 11. I’m A Mover [FREE] 12. Communication Breakdown [LED ZEPPELIN] 13. Space Station No.5 [MONTROSE] 14. I Can’t See My Feelings [BUDGIE] 15. Roll Over Vic Vella [CHUCK BERRY] 16. Hocus Pocus [FOCUS] 17. Space Truckin' [DEEP PURPLE] Disc 2: ALTERNATE VERSIONS “1982-1993” (65:33) 1. Churchill's Speech/Aces High (Camp Chaos Version) ★イントロSE付き(必聴!2. Flight Of Icarus (Camp Chaos Version) ★イントロSE付き 3. The Trooper (Camp Chaos Version) ★イントロSE付き 4. 2 Minutes To Midnight (Promo Clip Version) ★前後に効果音付き 5. Stranger In A Strange Land (Promo Clip Mix) ★ライヴ風 6. The Evil That Men Do (Promo Clip Mix) ★ライヴ風 7. The Clairvoyant (Promo Clip Mix) ★ライヴ風 8. Prowler (1988 Re-Recording) ★再録版 9. Charlotte The Harlot (1988 Re-Recording) ★再録版 10. Bring Your Daughter To The Slaughter (Solo Version) ★オリジナル版(必聴!) 11. The Assassin (1998 Long Version) ★エンディングが長い 12. From Here To Eternity (Demo Version) ★コーラスなし(激レア) 13. From Here To Eternity (Triumph Mix) ★わずかに豪華 14. Wasting Love (Radio Mix) ★豪華版 Disc 3: ALTERNATE VERSIONS “SINCE 1999” (76:39) 1. Wrathchild (1999 Re-Recording) ★再録版(必聴!)2. The Wicker Man (Radio Version) ★相の手コーラス入り(必聴!)3. The Nomad (Rock Mix) ★ストリングスが抑えめ 4. Blood Brothers (Rock Mix) ★ストリングスなし 5. Blood Brothers (Orchestral Mix) ★ストリングス増強 6. Dance Of Death (Orchestral Version) ★ストリングス増強 7. Paschendale (Orchestral Version) ★ストリングス増強 8. No More Lies (Promo Clip Mix) ★ライヴ風(必聴!) 9. Rainmaker (Promo Clip Version) ★エディの笑い声入り 10. Journeyman (Electric Version) ★ストリングスなし 11. Satellite 15 (World Tour Version) ★効果音入り 12. The Final Frontier (Director's Cut) ★セリフ/効果音入り Disc 4: STUDIO SESSIONS/NON-ALBUM SONGS (79:58) STUDIO SESSIONS 1. The Wicker Man (Studio Rehearsal 2000) 2. Wrathchild (Studio Rehearsal 2000) 3. The Trooper (Studio Rehearsal 2000) 4. Hallowed Be Thy Name (Radio 1 Legends 2005) 5. Run To The Hills (Radio 1 Legends 2005) 6. The Trooper (Radio 1 Legends 2005) 7. Brighter Than A Thousand Suns (Abbey Road Studio 2006) 8. Hallowed By Thy Name (Abbey Road Studio 2006) NON-ALBUM SONGS 9. Total Eclipse 10. Sheriff Of Huddersfield 11. Black Bart Blues 12. Nodding Donkey Blues 13. Pass The Jam 14. More Tea Vicar 15. Age Of Innocence... How Old? Bruce Dickinson - Vocals Steve Harris - Bass (Except Disc 2:10) Dave Murray - Guitar (Except Disc 2:10) Adrian Smith - Guitar (Except Disc 1:9-15/Disc 2:10-14/Disc 4:12), vocals (Disc 1:5) Janick Gers - Guitar (Except Disc 1:1-8/Disc 2:1-9/Disc 4:9-11) Nicko McBrain - Drums (Except Disc 2:10/Disc 4:9) Clive Burr - Drums (Disc 4:9)

Iron Maiden アイアン・メイデン/Ultimate Studio Works Bruce Dickinson Years

価格:

2,970円 (税込)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ