カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 
HOME > CD > Rock

David Bowie デビッド・ボウイ/Tokyo,Japan 1978 3Source Matrix

ボウイの生涯で最も多くの来日公演を行った会場と言えば日本武道館。その“日本の聖地”に初めて立った歴史的な夜を体験できる極上ライヴアルバムが登場です。ボウイの初武道館となったのは「1978年12月11日」。5年ぶりに実現した2度目の来日公演でのことでした。普段であれば1978年の来日日程から始めるところですが、今回は少々趣向を変え、ボウイの日本武道館ヒストリーから振り返ってみましょう。1978年(1公演)・12月11日:日本武道館 ←★本作★ 1983年(4公演)・10月20日:日本武道館・10月21日『MOONLIGHT SHADOW(の一部)』・10月22日『THIRD NIGHT AT BUDOKAN』 ・10月24日『DEFINITIVE BUDOKAN 1983 FINAL NIGHT』1996年(2公演)・6月4日+5日『OUTSIDE OF BUDOKAN 1996』2004年(2公演)・3月8日『BUDOKAN 2004 1ST NIGHT』・3月9日『BUDOKAN 2004 2ND NIGHT』 これが「ボウイ at 日本武道館」の全9公演。彼の生涯で六度のジャパンツアーがあり、そのうち1973年(初来日)と1990年(東京ドームのみ)以外で日本武道館公演が実現。2位の「東京・大阪厚生年金会館(共に3回ずつ)」に大差を付けての1位会場でした。公演数はさておいても日本の象徴会場だけあり、当店でも数々の名作でアーカイヴ。1983年初日以外はライヴアルバムで体験できるわけです。ともあれ、本作に収められているのは、そんな日本武道館の初見参。古くからオーディエンスの名録音で知られ、名作『BEAUTY』や新名盤『BUDOKAN 1978』、『LIVE AT BUDOKAN 1978』などが人気を博してきました。本作もまたオーディエンス・アルバムには違いないのですが、それらの既発群とは一線を画すもの。海外マニアが制作したもので、3種のオーディエンス録音をマトリクスさせた特別バージョンなのです。3種ソースの中で軸となっているのは、当店の伝統マスター『BEAUTY』(ちなみに現在では『BEAUTY AND THE BEAST』の一部としてお楽しみ頂けます)。そこに、他2種をシンクロさせているようです。実際、そのサウンドからは手間暇をかけた甲斐が十分に感じられる。『BEAUTY』以外の2種がどの音源か確定しないので細かい分析はできないものの、現実に流れ出るサウンドが極上なのは間違いない。透き通った空気感のド真ん中を力強い芯が距離感もなく貫き、それでいて鳴りも艶やかで厚みも十分。特に凄いのは、ベース。ゴリッゴリのアタック音がくっきりとしつつ、感触が極めて艶っぽい。それでいて決して重低音が飛び出しているわけではないので、鳴りがボワボワすることなくラインもくっきりしているのです。ベースの件はあくまでも一例であり、その鮮やかさは全楽器から感じられる。特に驚きなのが厚みを宿らせながらディテールが鮮明な事で、無音部が深いために輪郭が鮮やかで他楽器と喧嘩せず、見事な三次元アンサンブルを描き出している。これこそ、非常に高度なマトリクスの証と言ってもいい。単に下手っぴな編集で音ズレを起こしてる駄作は論外として、編集巧者でもマトリクスは難しいもの。どんな音源でも合わせれば向上するというものではなく、音源の相性が良くないと返って悪くなる。ソース1本1本の個性をしっかりと見抜き、相性が際立つように調整しながら互いの欠点を補っていく。そんなマトリクスの極意を見事に成し遂げているのです。そんなデラックス・サウンドで描かれるのは、ベルリン時代に実現した唯一の武道館公演。1978年の来日と言えばNHKホールのTV放送プロショットも有名ですので、比較しながらセットを整理しておきましょう。グラム時代(8曲)・ジギー・スターダスト:Five Years/Soul Love/Star/Hang On to Yourself/Ziggy Stardust/Suffragette City・アラジン・セイン:The Jean Genie(★) アメリカ時代(5曲)・ダイアモンドの犬:Rebel Rebel(★)・ヤング・アメリカンズ:Fame(★)・ステイション・トゥ・ステイション:Station to Station/Stay(★)/TVC 15 ベルリン時代(10曲)・ロウ:Warszawa/What in the World(★)/Be My Wife(★)/Breaking Glass(★)/ Art Decade(★)・英雄夢語り:"Heroes"/Blackout(★)/Sense of Doubt(★)/Beauty and the Beast・その他:Alabama Song(★)※注:「★」印は翌日(11月12日)のNHKホール公演プロショットでは聴けない曲。 ……と、このようになっています。有名TVプロショットは放送枠に沿った60分のダイジェストでしたが、本作は完全フルショウ。使用されたソースそれぞれがフルスケールの長尺録音であり、さらに3種マトリクスのために一切の欠けなしのシームレス完全収録が実現しています。各種既発で有名なショウだけに内容は省略しますが、マトリクスのゴージャス・サウンドだと違って感じる。指向性など、実際の現場に立つリアリティでは単体オーディエンス録音には及ばないものの、「歴史的なショウを良い音で楽しむ」という意味では本作の価値は絶大。「1978年12月11日:日本武道館」の極上オーディエンス録音。海外マニアが制作したマトリクス・マスターで、Masterportレーベルの名作『BEAUTY』を軸に、さらに2種の録音をシンクロさせた業物。透き通った空気感のド真ん中を力強い芯が距離感もなく貫き、それでいて鳴りも艶やかで厚みも十分。ソース1本1本の個性をしっかりと見抜き、相性が際立つように調整しながら互いの欠点を補っていく。そんなマトリクスの極意を見事に成し遂げているマニア渾身の傑作ライヴアルバムです。Budokan, Tokyo, Japan 11th December 1978 TRULY PERFECT SOUND Disc 1 (48:06) 1. Warszawa 2. Heroes 3. What In The World 4. Be My Wife 5. Jean Genie 6. Blackout 7. Sense Of Doubt 8. Breaking Glass 9. Fame 10. Beauty and the Beast Disc 2 (66:39) 1. Band introductions 2. Five Years 3. Soul Love 4. Star 5. Hang On To Yourself 6. Ziggy Stardust 7. Suffragette City 8. Moon Of Alabama 9. Art Decade 10. Station To Station 11. TVC15 12. Stay 13. Rebel Rebel

David Bowie デビッド・ボウイ/Tokyo,Japan 1978 3Source Matrix

価格:

1,940円 (税込)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ