カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

Steve Hackett スティーヴ・ハケット/Kanagawa,Japan 7.9.2022 Complete

名作『月影の騎士』『セカンズ・アウト』再現が大好評を呼んでいるスティーヴ・ハケットの最新来日公演。先日の第一報に続き、更なる極上のオリジナル録音が到着。2作同時リリースが決定です!そんな本作に吹き込まれているのは「2022年7月9日:クラブチッタ川崎」公演。その一部始終を真空パックした極上オーディエンス録音です。先日は第一報の『KAWASAKI 2022 1ST NIGHT』が好評を賜り、今週は本作と『KAWASAKI 2022 FINAL NIGHT』が同時リリース。合計3作となるわけですが、それぞれ今回の来日でどんなポジションにあたるのか。スケジュールに当てはめてみましょう。・7月8日『KAWASAKI 2022 1ST NIGHT』・7月9日:クラブチッタ川崎 ←★本作★・7月10日『KAWASAKI 2022 FINAL NIGHT』 以上、全3公演。今回の来日はこれですべてであり、先週/今週の連続リリースでコンプリートです。本作は三部作の中編となるわけですが、サウンド面ではイチオシの最高傑作。当店ではお馴染みの“西日本最強テーパー”氏による久々の最新作なのですが、毎度毎度「まるでサウンドボード」「現場で聴いたよりも良い音」と絶賛される名手の腕前とセンスは、コロナ禍を経た2022年も健在。骨太の芯は距離感なく迫り、ディテールも微細部まで超鮮明。冒頭で生々しい手拍子も入るのでサウンドボードと間違えはしませんが、それもすぐに止み、演奏だけになるとサウンドボードのような気がしてくる。良く伸びる高音から床の振動まで感じる重低音まで綺麗に捉えられているのですが、特に素晴らしいのはヴォーカル。ナッド・シルヴァンの歌声がクッキリ・ハッキリと浮き立ち、ぶ厚いキーボードやコーラスワークが重なり合っても決して混じり合わない。今回の三部作は三者三様に素晴らしい録音ではあるものの、このヴォーカルの鮮やかさは本作だけのもの。特に今回の来日は『月影の騎士』『セカンズ・アウト』がキーワードだけに、ピーター・ガブリエル/フィル・コリンズを彷彿とさせるナッドのヴォーカルの妙味はことさら重要。傑作ぞろいな中で、半歩抜け出して本作を「最高傑作」と推したくなる最大要因なのです。そんなハイエスト・サウンドで描かれるのは「セカンズ・アウトの部分再現+月影の騎士の完全再現」となるフルショウ。ショウの構造は前作『KAWASAKI 2022 1ST NIGHT』の解説でも述べましたが、見逃された方のために今一度整理しておきましょう。第一部(DISC 1)・セカンズ・アウト(A面):Squonk/The Carpet Crawlers/Robbery, Assault & Battery/Afterglow・セカンズ・アウト(B/C面):The Lamb Lies Down On Broadway/The Musical Box/Supper's Ready 第二部(DISC 2)・月影の騎士(全曲) アンコール(DISC 3)・セカンズ・アウト(D面):Dance on a Volcano/Los Endos (incl. Slogans) ……と、このようになっています。ショウは「第一部=月影ぬきのセカンズアウト」「第二部=月影の騎士」の二部構成。来日では「セカンズ・アウト完全再現」も喧伝されましたが、『セカンズ・アウト』にだって『月影の騎士』ナンバーはあるわけで、本当に完全再現しようとしたら何曲か二度ずつ演奏しなくてはならなくなる。今回の第一部は、それを避けた変形再現だったわけです。そして、その代わり?第二部後のアンコールは再び『セカンズ・アウト』仕様。つまり、『月影の騎士』を丸ごと盛り込んだ「拡張版セカンズ・アウト」でもあるわけです。忌々しい新型コロナ・パンデミックも第七波の襲来が囁かれ、盛り上がり始めた来日ラッシュに水が差されかねない事態になってきました。今回のスティーヴ・ハケット来日が洋楽シーン復活の狼煙となるのか、それとも疫病に苛まれる日本の梅雨の晴れ間に過ぎないのか。それはまだ分かりませんが、本作はその象徴として語り継がれていくことでしょう。そう確信できる最高傑作。2022年日本ツアーでは、本音源が最高です。「2022年7月9日クラブチッタ川崎」公演の極上オーディエンス録音。“西日本最強テーパー”氏による久々の最新作で、「まるでサウンドボード」を地で行く凄まじさ。良く伸びる高音から床の振動まで感じる重低音まで綺麗に捉えられ、特にヴォーカルはクッキリ・ハッキリと浮き立ち、ぶ厚いキーボードやコーラスワークが重なり合っても決して混じり合わない。今回の来日ライヴアルバム三部作でも最高傑作となるサウンドで「拡張版セカンズ・アウト」となるフルショウを丸ごと楽しめます。 Live at CLUB CITTA', Kawasaki, Japan 9th July 2022 TRULY PERFECT SOUND(from Original Masters) Disc 1 (61:46) 1. Intro 2. Squonk 3. The Carpet Crawlers 4. Robbery, Assault and Battery 5. Afterglow 6. The Lamb Lies Down on Broadway 7. The Musical Box (closing section) 8. Supper's Ready Disc 2 (67:59) 1. Intro 2. Dancing With the Moonlit Knight 3. I Know What I Like (In Your Wardrobe) 4. Firth of Fifth 5. More Fool Me 6. The Battle of Epping Forest 7. After the Ordeal 8. The Cinema Show 9. Aisle of Plenty 10. Band Introductions Disc 3 (19:18) 1. Dance on a Volcano 2. drum solo 3. Los Endos (incl. Slogans)

Steve Hackett スティーヴ・ハケット/Kanagawa,Japan 7.9.2022 Complete

価格:

2,261円 (税込)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ